トレーダーズ・グレイル

トレードの世界を探求するプロトレーダー増田蔵人の気まぐれ更新ブログ 本当に勝てる投資家になるためのブログ

トレードに関する物事

セイラー博士、おめでとう

だいぶ間があいてしまったんですが、今年のノーベル経済学賞は
行動経済学者のリチャード・セイラー博士
が受賞したようですね。

著書にも書いたようにノーベル経済学賞は
実はノーベル賞ではない
上に
主張が真っ向から対立する2人に賞を与えるような、かなりいいかげんな賞
で、遺族に
ノーベルは墓の下で激怒してるだろう
なんて言われちゃってるぐらいのアレな賞なんですが、まあ、それはさておき、とりあえず
セイラー博士、おめでとうございます。

私、投資の聖杯: ~投資常識の嘘~ 本気で勝てるトレーダーになりたい人のためのバイブルにセイラー博士の引用を載せたかどうか忘れましたが・・・ってなんで忘れてるかって、あの本は、書くときに大量の引用をピックアップして、あとからその中から文脈にあいそうなものを選んで掲載したので、最終的に採用したかどうか分からなくなってるわけなんですが、とにかく、あの本を書く上で、かなり、セイラー博士の本は参照しています。

そもそも、投資の聖杯を執筆しはじめた頃は、今ほど行動経済学はポピュラーではありませんでしたし、なによりも、行動経済学の創始者である、ダニエル・カーネマン自身が書いた本がまだ存在していなかったので、文献が少なかったわけです。

私が行動経済学を勉強し始めたのは、たしか20代だと思うんですが、その頃は「行動ファイナンス」の呼び名が普通でしたけど、うちの父は、実は某国公立大学の経済学部の教授だったんです、結構、経済学でそれなりのエライ人です。
その父に、「行動経済学を勉強してる」と言ったら、「そんなものは聞いたことがない」と言われたという(笑)、まあ、今では信じられない話ですが、最初は、そのぐらいマイナーだった、ということです。
そんなところからはじまってますから、ぶっちゃけて言えば、最初は「勉強するのも大変だった」んですよ。

本の中でも触れたように、行動経済学は、特に日本では「行動経済学の専門家を自称する人にさえ、間違いが目立つ」と言われるぐらいですから、なるべく、カーネマン以外の文献に頼らず、カーネマンの残した言葉を頼りにしていたのですが、さすがに限界があります。

そこで、次の手段で、カーネマン自身が「この人は大丈夫」的なお墨付きを与えた人の本だけを参考にしたのですが、その中で、セイラー博士の本には大いに助けられました。
セイラー博士の本は、正確であるだけではなく、なによりも「行動経済学を知らないど素人にも分かるように、非常に平易な言葉でとっつきやすく書かれている」ことが素晴らしいです。

セイラー博士の本がなかったら、「投資の聖杯」は完成していなかったでしょうから、感謝に堪えません。

セイラー教授の行動経済学入門
リチャード・セイラー
ダイヤモンド社
2007-10-27



実践 行動経済学
リチャード・セイラー
日経BP社
2009-07-09


予測と可能性の違い

先日、普通免許の更新に行ってきました。

私は、著書にも書いたように、よく
トレードは予測のゲームではない。
可能性に賭けるゲームである。
ということを言います。

まあ、文で書くと言語表現の問題に過ぎないので、文章的には曖昧なところなんですけど。
よく本を読んでみると、「可能性」のことを「予測」と表現しているような著者の方もいらっしゃいますし、言葉の使い方は結構曖昧なんで、それ故に、「なぜ、その違いがトレードにとって、そんなに重要なのか」ということが伝わりにくい部分でもあるんですけど、本質的には、大きな認識の違いの問題なんですよね。

さて、免許の更新時には、講習が義務づけられています。
その講習で、よく、こういうことを言いますよね。
「だろう」運転をしてはいけない、「かもしれない」運転をしよう。

「だろう」というのは、要するに決めつけです。
「ここから人は飛び出してこないだろう」「このぐらいのスピードなら大丈夫だろう」「相手がよけてくれるだろう」などという「だろう」です。
車の運転において「状況を決めつける」ことは危険だということです。

「かもしれない」というのは、要するに、意識的に「起きるかも知れないことを(最大限に)考える」ということです。
「車のカゲから人が出てくるかもしれない」「急に対抗車線のバイクが中央に出てくるかもしれない」「横を歩いている子供が飛び出してくるかもしれない」などという「かもしれない」です。
車の運転においては、「可能な限り、考えつく状況を列挙しておく」のが安全だということですね。

お分かりだと思いますが、トレードで「予測」するというのは、いわばこの「だろう運転」なのです。
一方で「可能性に賭ける」というのは「かもしれない運転」なのです。
前者は、決めつけです。
言い換えると、それ以外の可能性を無意識に排除しようとしている、ということなんです。
後者は逆に、可能性を最大限に列挙して念頭におく、ということです。
このように、言葉では違いがイマイチ曖昧でも、本質的には全く正反対のことを言っているわけなのです。

今、「可能性を無意識に排除しようとしている」と言いましたが、まさにトレードにおける「予測」とはそういうことです。
基本的に、買うだけ、もしくは買いが主体のトレーダーなら、基本「上がって欲しい」というか「上がる予想を希望する」バイアスが最初からかかっているわけです。
その基盤から出発する予測というのは、要するに「出来るだけ、上がると思えるものを見つけ出す」という傾向になります。
言い換えると、逆、すなわち「下がる」方向の要素は、無意識に無視しようとするわけです。
これが予測の恐ろしいところです。

そんなこと言っても、「かもしれない」はあくまでも「かもしれない」に過ぎないじゃないか、「上がるかもしれない」「下がるかもしれない」も半々だろう? と言われそうですが、たとえば、道の中央で対向車が止まっていて右にウインカーを出していたら、これは普通に考えて「左に曲がる」よりは、「右折する可能性が高い」ということですよね?
この「可能性が高いと思われる」ところに賭けるのが、トレードなのです。
むろん、トレードの可能性は、右折ほどはっきりしていませんが、それでも「優位」だと思える場面はあります。
それが「相場勘」だったり「テクニカルにおけるブレイクだったりレジスタンスでの反発だったり」するわけです。


「だろう運転」が危険なのは、決めつけていた状況と違うことが起きたとき、対処できなくなるからですね。
同じく、「だろう」運転トレードをすると、思っていたのと違う状況になったとき、うまく動けません。
損切りを躊躇したり、延々我慢してから最悪のときに切ったりする、売りから買いスタンスに転じるべきなのに、売りスタンスに固執しちゃったりする、などなど
トレードの失敗は、こういう「だろう」運転トレードから来ます。

ところが、ここで問題なのは、人間というのは基本「だろう運転」をする生き物だということです。
なぜなら、人間には標準で「安心したい」という機能などが備わっているからです。
安心したいという欲求を満たすには「こうなるだろう」「こうはならないだろう」などと決めつけておけばいいのです、そうすれば「安心」なのです。
まあ、他にも色々ありますが、要は、意識的に心がけて動かない限りは、人間は自動的に「だろう運転」になるように出来ているということです。
この話、たとえは違いますが、私が投資の聖杯で述べている、人間は標準で備わった機能のままでは基本負けるように出来ているので、行動経済学が示したような物事を理解し、意識的にコントロールできるようにならなければならない、ということと同じことを言ってます。

トレードの安全のためにも「かもしれない」運転トレードをお勧めします。

トレーダーのリスクとリワード

先日、とあるトレード本(米国の本)を読んでいたら、仕掛け位置に対して、損切りを-1としたら、利益確定を2として注文を出す、という話があり、そこに「リスク・リワードレシオは1:2になる」と書いてありました。

リスク・リワードレシオというのは、要するにそのトレードに期待される、損と利益の比率です。

これに対して、翻訳者の人がまえがきに「仕掛け位置からの距離が違えば、そこに到達する確率は同じではないので、これを1:2と言うのはおかしい」と書き、ご丁寧にも「価格が上下に動く確率を半々(50%)とすれば、本当のレシオは」と計算までしていました。

私は、翻訳者というものは、著者の主張や思想、内容がどうであれ、それをできるだけ正確にそのまま翻訳するのが正しいと思っていますから、評論家ではなく、翻訳者が独自の判断で著者の主張を間違いと指摘するのは、そもそも、いかがなものか、と思うんですが
ま、それはともかく、この指摘を見ても、訳文を見ても、この翻訳者はトレードをしてないんだろうなぁ、と感じました。

確かに、この訳者の理屈は正しいのです。
理論的には正しいのですが
トレーダー的な理論では間違いなのです

なぜなら、そもそも、トレーダーというのは
己の能力によって、マーケットから稼ぐことができる
と信じている生き物だからです。
この最大の大前提を置いた上で、トレードを行うのですから、価格の動く方向性を見極められると信じているのです。
トレーダーが仕掛けるときは、当てずっぽうに、価格がどっちに行くかも分からずに仕掛けるなんてことはあり得ません。
価格が自分にとってプラスの方向に動く可能性が高いと見極めて仕掛ける、少なくとも、トレーダー自身はそう信じているからこそ仕掛けるのです。
トレードの本である以上、それは「自分の能力で価格の行方が見極められる(ある程度利益が上がる程度には)」と信じている前提から物事が始まるわけですから、価格が上下に行く可能性が50%だなんていう前提は全く無意味なわけです。
そんな前提を置く人間は、要するに「効率的市場仮説主義者」であって、自己裁量でトレードをするなんてことしません。
買仕掛けなら買仕掛けで、上がる可能性が高いと踏んだ上で仕掛けるわけですから、要は上がる可能性は50%ではなく70%や80%、90%だとトレーダーは思っているわけで、その場合のリスク・リワードレシオは、1:2どころか、確信の度合いによっては1:4にも1:5にもなるのです。

頭の硬い確率論者から「んなの無茶苦茶で非論理的じゃん」と言われても、そうなんですから仕方ありません。
最初から、トレーダーというのは、「マーケットから自己の能力でお金を稼ぐことが可能である」という決して証明できない前提が「正しい」と信じている上に存在している、偏った存在なのです。
純粋な論理性だけのリスク・リワードレシオを硬く信じる人間は、そもそもトレードをやりません。
なぜならそうした純粋に数学的に正しいだけの論理性を信じる人間は、価格の上下移動も必ず50%であると信じますし、それだとリスク・リワードレシオは、必ずコスト分マイナスになるので、絶対にトレードでは勝てないからです。
成り立ちからして数学的には証明不可能で非論理的な存在が「トレーダーというもの」なんですから、そこにある理屈が数学的に無茶苦茶だって仕方ない、というか、それでいいんです、そういうものです。

チャート分析なんか、結局は何の根拠もない主観的な思い込みで、魔術や幽霊を信じることと、そう変わりませんもの。

トレーダーの一部は、数字の理屈をこねくりまわすが好きですが、いくら彼らの言う理屈が正しく見えようとも、「トレーダーの能力によって、トレードで継続的に利益を上げ続けることが可能である」という根本を数学的に証明していなければ、その理論は単に、証明もされていない「トレーダーは必ず勝てる」という曖昧な確信を前提とし、その前提を証明するためだけに都合良く作り出された偏った理論に過ぎません。
極端に言えば、宇宙人存在派の人たちが、宇宙人が存在する証拠をいかにも論理的に、いくらでも挙げてくるのと同じです。
けれど、「トレーダー否定派」の人の本を読めば、全く同じように「数字をこねくりまわして、トレーダーが儲けられることを否定する理論がわんさか出てくる」のです。

あのマンデルブロでさえ、マーケットは解き明かせなかったのです。
当たり前の話なんですが、もしも「その手の数学的理屈をこねくりまわす投資本」が言うように、純粋な数学的理論だけで本当に確率的優位性が作り出せるのであれば、これだけ天才的な人材を集めてスーパーコンピューターを駆使している会社が、いまだに無限の利益を得ていないとは考えられません。
むろん、そうなれば、無限の利益を生み出されて、とっくに金融マーケットは崩壊しているはずです。
そこを考えれば、一見数学的に正しいような理屈をこねくりまわしていても、実は単に「トレーダーは稼げる派」に都合の良い偏った論理を振り回しているだけだと気づくでしょう。
トレードの本において、数字で理論武装している本があまり信用おけないのは、こういう理由です。




自己実現

先日、ラジオnikkeiのとある番組を聴いていたら、何かの雑誌の編集長だかデスクだかが、書籍を紹介するコーナーで、その内容に関して「自己実現」という話をしていたんですね。

その本や内容のことはどうでもいいのですが、その人が、こういうことを言ってたんです。
”投機は違う”けれど、投資は自己実現の手段である

ここで「投機」と「投資」が同義か、それとも別物か、という議論は避けますが、少なくともこの人は違う意味で言ってます。

この人が「投機」というのは、要するに即物的で単なる金儲け的な意味合いのことです。
「投機は違う」というのは、単なる欲望による金儲けだから、「自己を高めるものではない」ということを言っていたわけです。
それに対して「投資」は企業の財務を調べたり、色々な物事を調べ勉強するから、「自分を高めるのに役立つ」ということを言っているわけです。

早い話が「投資」が上で「投機」が下ということです。
こういう「投機は金儲け主義だから駄目」「投資は企業や財務や社会のことなんかを学ぶからエライ」的な認識というのは、自分で投資で稼いでいない頭でっかちのインテリに典型的な物言いなんですけれど、私に言わせれば、何おためごかし言ってんだ、って感じです。

投資だなんだかんだ言ったところで、オマエラの目的だって金儲けだろ? って。

投資してる人の本心だって、ほとんど全員が「金儲けしたい」で、もしも一攫千金で1億儲かるなら、手段なんか投機でもなんでもいい、というのが、ほぼ全員の本心でしょう。
別に企業や社会や金融のことを学ぶ目的で投資やってるわけじゃないですよね。
「投資はエライ」とかなんとか言ったって、楽して儲かる手段があったら、誰もそんなもん勉強しませんよね?

要は、投資は「楽して金儲ける」ことだという誤った認識があるから「うしろめたい」んですよ、その「うしろめたさ」を誤魔化すために、「投資は経済や社会や企業や金融を勉強するからエライ」みたいな論理を彼らは作り上げるわけです。


ま、そこのとこに怒ったんじゃなく、「投機は自己実現ではない」という物言いに怒ったんですが、正直、久々に投資ラジオで、ものすごくムカつきました。
ふざけんなボケ、と。

この人の言い分とは全く正反対に、著書に書きましたけれど、欧米のトップトレーダーというのは、インタビュー記事でしばしば、トレードをする最大の動機として
自己実現
を上げているんですよ?
彼らのやっていることは、この人の言うところの「投機」です。

要するに、私は努力すればこれだけのことが出来る、自分はやれば出来る人間なのだ、なんだって可能なのだ、などということを、世の中と、特になによりも、己自身に対して証明したいという強い欲求が、トレードを必死で頑張る原動力になっている
というわけです。

この人が分かっていないのは、この人が言う「投機」で儲けられるようになるためには、それはもう、血のにじむような努力が必要で、必死の努力で練習を積み重ねて技術を高めていくことが必要だ、ということで、それは技術的な物事であるから、単なる知識学習であるファンダメンタルズ学習よりもずっとハードルが高い、ということです。

そもそも、目的が「金儲け」である以上、学習量や学習過程に「自己実現感」を感じていたらおかしいわけで、投資成績が「稼げていて」はじめて、自己実現感を感じるわけですよね?
言い換えれば、手段が投資であれ投機であれ、努力の結果が稼げているなら、自己実現感を感じるわけで、投資はよくて投機はよくない、なんてのは支離滅裂です。

もしも、知識や情報を大量に得ることでカシコクなった気分、自分が高みに上った気分で満足しているならば、それは本来の「手段」だったものが「目的」にすり替わっているわけで、そういうのは「自己実現」ではありません、
そういうのは
「自己満足」
というんです。

スポーツであれ楽器であれ料理であれ造形であれなんであれ、努力によって技能を高める作業を繰り返した後に、あるレベルに到達したときの感動というのは、世の中で
最も自己実現感を満たしてくれる物事
のひとつです。

すなわち「投機」は、ある種の人々にとっては、自己実現のための非常に有効な手段のひとつなのです。

そんなことも分かってない人がデスクだか編集長だかをやってる雑誌は、ちょっとろくなもんじゃなさそうだな、と感じました。





続・スランプとの戦い

前回、私はストレスがたまりすぎるとぶっ壊れる、という話をしましたが・・・え、そこまで言ってませんか?(笑)

はい、ストレスがたまると、とたんにスランプになる、という話をしましたけれど、これっていうのは、要するに
不調の原因に自覚的である
ということですよね?

これは長年の経験から思い至った結論なわけですけれど、このように、自覚があれば、まだ対処もできるのですが、多くの場合、不調の原因というのは、自覚的ではないと思うのです。

トレードの不調の多くはメンタルなものだと思うのですが、そもそも、人間は意識レベルでは問題を自覚しておらず、無意識(潜在意識)のレベルで何らか問題がある、ということが多いわけです。

投資の聖杯では、結局、トレーダーの投資行動を決定づけるのは、無意識レベルの認識だと述べましたけど、無意識レベルの物事によって投資行動が左右される、それでおかしな行動が増えて失敗する、というわけですね。

まず、自分のメンタルの問題を自分で自覚していないのですから、それがトレードの不調と結びつくはずはありません。

特に初心者は、トレードの成績に対して即物的な考えかたをしがちです、つまり情報が足りてないから負けるのだとか、勝てる方法論がないから負けるのだとか、そっちにばかり原因を求めてしまいます。
トレードの成績は、精神面が左右する比重が想像する以上に高い、それもものすごく高い、ということを理解していませんので、トレードに直結する物事以外を原因として想定しないのです。
たとえばの話「毎日のゴミ出しが面倒くさい」なんて事と、トレードがスランプなのが関係あるなんて思えない、それ以前に考えもしないわけですけど、案外、それが深いところで繋がっていたりするわけです
それがトレードというものです。

不調の原因に対して自覚的でないと、おそらくトレードというのは長年の間、一定の成績を出すことはできない思います。

ということで、自分の不調の原因を探る、というのは、非常に重要な作業だと思います。
むしろ、トレーダーには必須の作業、と言ってもいいかと思います。

じゃあ、どうしたらいいのか、と言われれば、馬鹿みたいな答えですけど
ひたすら考えるしかない
と思います(笑)

ん~、なんでこんなにスランプなんだろうなぁ、なんでこんな不調なんだろうなぁ、特に技術は以前と変わってないのになぁ、むしろ練習して上手になってきてると思うんだけどなぁ、相場もトレンドが出てていい感じなのになぁ、なんでなんだろうなぁ
と、もう、ひたすら悩むしかないんじゃないかと思います。
そのうち、思い当たる原因に行き着くんじゃないかと、というか、行き着いたらラッキーです(笑)

そうそううまく、行き着くとは思いませんが、あとは経験的なもので、いずれ補われるでしょう。
ストレスでも、最初は自覚自体がないかもしれないし、スランプとは結びつかないかもしれませんが、繰り返しスランプを経験すると、だんだん、そのときの自分の置かれている状況とスランプが結びついてきます。
次第に結びついてきて「ああ、そうか、俺は日常のストレスが多いとスランプになるんだ」なんて、菩提樹の下で悟りを開いたブッダよろしく(笑) 悟りを得る時がくるでしょう。

まあ、それで原因が分かったからって、だからどうできるのか、というのは、また別の問題で、そこが難しいところなんですけどねー。








オーナー紹介 増田蔵人
フリーで造型、PC関係等の仕事を多岐に渡り担当、関連雑誌等のライター。本名で著書が十数冊ある。
投資歴は30年。近年ライターとしての仕事が激減したため、プロトレーダーとして生計をたてるに至る。
2015年、ライター生活の集大成、トレーダー啓蒙書『投資の聖杯 ~投資常識の嘘~ 本気で勝てるトレーダーになりたい人のためのバイブル』を電子書籍でリリース。
最新コメント
ツナギ売買の入門と実践 [増田蔵人 著]


  • ライブドアブログ