トレーダーズ・グレイル

トレードの世界を探求するプロトレーダー増田蔵人の気まぐれ更新ブログ 本当に勝てる投資家になるためのブログ

トレードに関する物事

テクニカルアナリストって・・・

先日、ラジオNIKKEIを聞いていたら、とあるテクニカルアナリストの人が
テクニカルの見方が自己流になってるんじゃないか
という話をしてたんですよね。

えっ? コイツなに言ってんの?
と思いました。

この人は
自己流はあかん
ということを言ってたんですが、言い換えると
テクニカルの見方に正解がある、正しい見方がある
と思ってるということなわけです。

この人は、アナリストが自分たちの権威付けのために作った
国際テクニカルアナリストなんちゃら協会
とかいう、あの
本当に心の底から、本物のテクニカルトレーダーにとっては、どうでもいい組織
のライセンスみたいなアレを持ってる人なので、そーいう考えになるんでしょう。
日本アナリスト協会とかなんとかいうのも、本当にどうでもいいですが。

本気でギャンブルで稼いでいるギャンブラーが、「国際ギャンブル予想協会」なんてものに権威を感じるでしょうか(笑)


著書で何度も書いてますが、私はテクニカルトレーダーですが、テクニカル分析なんてものは役立たずです。
実践的なテクニカルトレーダーは、みなさん、テクニカルは役に立たない、とはっきり書いています。

しかし、役立つのです。
それは売買の心理的トリガとして最強だからであり、そのテクニカルの解釈というのは
テクニカル分析は数学ではない、テクニカル分析はアートだ
と米国でよく言われるように、完全に主観的、感覚的な判断になります。
あくまでも主観的なもので、機械的な判断ができるものではないから「役立たず」ということになるわけです。
つまり、そもそも
全てのテクニカル分析は自己流でしかない
わけです

だから、「コイツ何言ってんだ?」となるわけです。

そのくせ、この人、よくテクニカルに対して「と私は思うんですけどね」「と私は解釈するんですけど」「私はこう見るんですけど」ということを言うんです。
この物言いって、「私という個人はこう解釈する」ということで、要するに「私の自己流です」っていうことを言ってるわけですよ。
言ってることが、やたら矛盾してるじゃないですか、と思うんですが、たぶんライセンスとか持ってるので、「私の自己流は間違った自己流ではなく正しい」とか思ってるんでしょうね。


メディアにたくさん出てくる、テクニカルアナリストなんて肩書きの人間が、こんなレベルなんですから、彼らの話すことに騙される初心者はまいりますよね。
そういうのの積み重ねが、初心者が投資に参加したとき、なかなか勝てる投資家になれない大きな原因のひとつだと思いますので、著書にも書いたように、こういった人々は、もっと自分の与える影響と責任をちゃんと捉えるべきだと思います。





アレはなんでしょうね?

そういえば、ずーっと前から思ってることがあるんですけど、何かっていうと、私は、よく、RadikoでラジオNIKKEIを聞いていたりするんですが、他にもダイワのオンライン中継とかですね、いくつか、投資関係のオンラインビデオなんかがあるわけですが、それらを見ていていつも思うのは
なんで投資解説者ってのは、こんなに喋りが偉そうなんだ?
と(笑)
むろん、中にはそうじゃない方もいますけれど、ほとんど、大半が
やけに偉そう
ですよね(笑)

というか、まあ、私の本を読んでいただいた方は分かると思うんですが、私は彼らに対して常に批判的ですが、その要因のひとつが、この「偉そうな態度」に起因しているわけですよ。

その偉そうさ、ってのがですね、内容の問題じゃないんです
喋ってる内容はいくら謙虚でも、なんだか喋りが偉そう
っていう印象があるのが凄いと思うんです。

その偉そうなニュアンスというのが、こう、分かりやすく要約すると
ふふん、俺はお前らより物知ってんだぜ、教えてやってんだぜ
的なニュアンスなんですよね。
なんかね、たぶん、本人はそんな気はないんでしょうが、そういう無意識の驕りみたいなのが見えるんです。

こう感じるのは、単に私個人の感覚的なものか? とも、むろん思ったこともあるんですが、我が家はほとんど、一日中ラジオがかかっているのですけど、他の番組で、どんなキャスターやゲストが出てきても、そんな風に感じたことは一切ないので、やはり、投資系の人だけが特別なんだと思います。

ずーっと著書やブログに書いてますけど、ああいう人(メディア芸人)の大半は実践家ではないし、全然、トレードを頑張ってやっている個人の人たち(たとえ今は負けていても)よりも「下」なんですけど、どうも、本人達はそう思ってないようです。
まあ、これは何度も書いているように、投資の初心者が、その手のメディア芸人をありがたがって、お伺いをたてたりしまくるので、増長しちゃってる部分が大きいと思います。
素人が、自分らよりも「上」とみなしてアプローチして持ち上げるから、それで無意識に「自分らはエライんだ」みたいに感じて、結果、ああなるんだと思いますね。


あのね、私ね、実はJリーグが出来た頃のサッカー選手が大嫌いだったんですよ。
今じゃないですよ、Jリーグが、できたてのころ。
なぜかっていうと、もうね、明らかに、あいつら、異常に調子に乗ってたんですよ、それが気持ち悪かった、不愉快だったんです。
大阪弁でいうと
いちびり
です。この微妙なニュアンス、関西人にしか伝わらないと思うんですが
めっちゃいちびってた
んですよね。

えーっと、まあ、大阪弁の「いちびり」は「調子乗り」みたいな意味ですが、絶妙な不愉快さというか、そーいうのを含んだ微妙なニュアンスなんですね。うざいとか、そんな感じを含んだ。

でもね、そうなるのは当然で、理解できるんです。
物心ついた頃からJリーグのある、若い世代の人には分からないかもしれませんけどね、昔は、プロスポーツっていったら、野球、相撲オンリーだったんです。
それ以前のサッカーってのは、一般人には「サッカー?? え? プロとかあるの?」ぐらいの認識だったんで、それこそプロスポーツとしては、まだバレーやテニスのほうが一般人には知名度が高いぐらい、ものすごいマイナーだったんですよ。
たぶん、選手は常に無意識にしろ「辛い思い」をしてたと思うんです。
それが、一夜明けたら、こぞってマスコミが取り上げ、追いかけ回してインタビューしまくって、さんざん持ち上げるようになったわけです。
箸にも棒にもかからない選手が、一夜明けたらスーパースター
なんですから、そら、どんな謙虚な人間だって
いちびらないほうがおかしい
と思うんです、あの状況じゃ、しょうがないです。

何を延々言ってるのかというと、お分かりかと思いますが、要するに、彼らが「いちびり」になったのは、周囲の状況がそうさせているわけで、投資の世界で解説者を増長させている原因も、基本、同じだと思います。


でもね、投資のラジオやビデオってのは、投資で稼ぎたい人が見ているわけですから。
我々にとって、純粋な優劣ってのは、要は「実践的に稼いでいるかどうか」の一点なんですよ。
今時、知識なんかをアドバンテージだと思っているのは、それこそ
馬鹿の証拠
以外の何物でもないです。
このネット全盛期の現在では、知識量がアドバンテージならば、検索したら何でも出てくる
インターネットさんが一番エライ
ことになっちゃいますからね。
情報量の蓄積でいったら、インターネットにはかないませんから。

小学校しか卒業してなくて、GDPの意味も知らないような人でも、実践で稼いでる人のほうが、ずーっとエライんですよ。
知識なんかひとっつも無くたって、そんなことは関係ないんです。
ところが、著書にも書いてるように、この世界は情報があれば勝てる、的な誤解が蔓延してしまっているので、知識があるほうがエライ、みたいな風潮が出来ちゃってるんですよね。
別にさ、F-1ドライバーが、中卒だろうが、MIT卒業だろうが、そんなこと、ドライバーのすごさには関係ないじゃないですか。
それと同じことなんですよ。

この風潮だけは、私は、とにかく早くなんとかしたい、と感じます。
最も、林輝太郎氏が何十年も前から、同じことを嘆いていて、それから何十年も経ってお亡くなりになっても、変化ないんですから、そう簡単には変わらない根深い問題だとは思います。
投資の世界の作りを見ると、たぶん、永遠に変わらないんだろうなぁ、と、暗い気分と共に思ったりもしますね。



FXの歴史

先日、コメント頂いた返事に、「FX歴は短いです」的なことを書いたんですが。
ふと、それを書いてから思ったのは
よく考えたら、FXが普及したのが最近だから、みんなそうじゃね? と。

機関投資家とすごい資産家以外で、FX歴がベテランの人って、そもそもいないよなぁ、と(昔は大資金がないと出来なかったから)。
そうすると、いかにも「すんごいベテランです」みたいなツラして投資ラジオなんかで喋ってる人も、うさんくさい、ということになりますが。


それで、気になったのでちょっと調べ直してみたんですが

・1998年にひまわり証券がサービスを開始

・2000年代に入り、ネットの普及と共に知名度だけは上がる

・2005年に金融庁の法整備(登録義務化等)

・2009年、信託保全の義務化

・2010年、レバレッジが最大50倍までと規制

・2011年、レバレッジが最大25倍までと変更

という流れになってました。
まず、ひまわり証券のサービスですが、入金額が最低300万円、電話注文のみで10万通貨単位だったことから、ほとんど一般には普及しません。

2000年代も名前だけは広まりましたが、まだまだ「怪しい業者が多い」という時代で、特に
スリッページ詐欺
が言われたのがこの時代です。
ちなみに、現在は良心的になっているとはいえ、実際にスリッページ詐欺が行われていないという保証は今も普通にありません。

2010年の規制までは、FXは一攫千金狙いで、かなりギャンブル的な存在だったのも事実です。
FXで破産しまくった人が多かったのも、この時代でしょう。

各社が扱い出して、通貨単位が1000通貨単位などに小さくなって少額から投資できる制度を各社が導入してから、ですよね、普及したのは。
個人的な所感としては、本当に一般の人が気楽に手を出すような時代になったのは、やはり2011年の規制以降だと感じます。
それ以前は、やはりこう、なんというか「マニアだけのもの」的な印象はあったと思います。


とすると、長くても7年ぐらい、もちょっとオマケしても9年とかそんなぐらいですから、まあ、やっぱりFXの普及は「最近」ですね。

ま、「最近」という定義が曖昧でして、私ぐらい中年になると、十数年ぐらいは全部「最近」という感覚になっちゃうんですよね。
でも、若い頃の「数年」というのはすごく長いですからね、中学3年間とか高校3年間とか、ずーっと続くかと思うぐらい長かったですもんねー。
そういう意味で、世代によって、どのぐらいが「最近」かの感覚はずいぶん違うとは思うんです。
が、これまで書いてるように、投資なんてのは5年やって半人前とか10年で一人前とか言われるぐらいですから、そんな基準からすれば投資の世界では10年は最近だろうと。




また補足の補足というか

前回、ちょっと書きましたけど、I氏の話ですが、彼に限らず、相場にはありとあらゆる先生が登場してきます。

で、必ず、詐欺だとか、そうでないとか、ネット時代の今では、安直にいろんな話が流されるんですけども、私自身は、他人教材をちゃんと見たこともないし、検証したこともないので、個々に断言はできません。

けど、たぶん、猜疑心の強い初心者の方は、そのへんが気になることが多いと思うんです。

なので、そのへんの話をもうちょっと突っ込んで書こうと思います。


その手の話に関してのネットの情報というのは
アフリエイト目的などが常に多い
ということですね。
アフリエイトというのは、その商材、商品を宣伝することで、一定のアクセスや購入などがあれば、紹介者に一定の報酬が支払われる、という仕組みです。
実はGoogleの検索エンジンは、なるべくそういうサイトを検索結果の上位に表示しないように工夫されているのですが、自動判別なもので、そのへんの限界もあり、アフリエイトサイトも巧妙化しているので、最近はよく、アフリエイト目的のサイトが上位に表示されますね。
このへんは、いわば「イタチごっこ」とも言え、商売する側はGoogleの検索上位に表示されることで圧倒的に有利ですから、工夫を凝らしてきますし、対するgoogleも頑張って自動判定のレベルを向上される、という戦いです。

とにかく、アフリエイトサイトは、当然、そんな目的ですから、悪く書くはずはありません。
その手のサイトの情報は、まず信用できませんが、素人に、本当に真面目なサイトか、それとも商売目当てなのか、を見分けるのはなかなか困難です。

じゃあ、どうするのか、といえば、ネット情報の判別眼を磨くのが一番なんですけども、そうも言えないんで。

それじゃどうするのか、といえば、結構単純だと思うんですけども
商材で「必ず稼げる」みたいな話をしているものは、詐欺か、詐欺でないにしろ、少なくともうさんくさい
と思えばいいと思います。

私自身、これまでずーっと「相場で勝てるかどうかは、その人の頑張り次第、練習次第」と言ってきました。
そこを強調してきました。
なぜなら少なくとも多少なりとも裁量が入るトレードならば、決して「必ず勝てる」とは言えないからです。
あくまでも本人の能力次第ですので、勝てるかどうかは分からない、というのが本当です。
それを「必ず稼げる」「2億儲かる」などと言うのは、当然、無理があるし、うさんくさいわけです。

だからまあ「必ず稼げる」「2億儲かる」的なことを言ってるものは、それだけでうさんくさいと疑ってかかってもいいと思います。



あの人はどうなのか?

私は、元々、若い頃はライターで「口が悪い」と言われいたんですが(笑) さすがに歳を食うと、丸くなるというか、そんなに毒舌も出なくなるんで、この話題、書こうかどうしようか、かなり長期間悩んでたんですけど、おそらく検索で来られる人もいると思うんで、書いてみます。

何の話かというと、以前、たぶん2017年の頭前後ですかね? そのあたりに少し触れた、I氏という、近年著名な相場の先生の話です。
まああの、ぼかしてもバレバレだと思うんで、I場4郎先生の話です。
言っておきますが、これは、あくまでも私個人の主観に過ぎない話ですので、そのつもりで。

まず、私みたいな、細々とトレードで生活している人間が、大先生を批判するような話を書くのは何様だ、というアレもあって、批判していいんだろうか? というジレンマもあるんですけど、著書にも書いたように、私は、
公の場で発言して、初心者投資家に多大な影響を及ぼす人間は、その責任をある程度自覚して、責任を果たすべきだ
と考えていますので、問題があれば、シロウトからでも批判されても仕方ないと思うから、話題にしても良いかと思います。

そういうと、お前はどうなんだ、という非難もあると思うんですが、私自身は、こうやってブログで細々と書いているだけですからね。
一応、本は書いているので、その範囲で責任は感じますので、それについては、なるべく誠実に立ち回っているつもりです。
自分は、サラリーマン的に地道に稼ぐと前から公言してますし、以前「トレードの金額には、その人の器にあった額というのがある。私には数百万、数千万はぎりぎりだけど、それ以上になると、たぶんダメ」という話を書いたこともあるように、何も「一攫千金で20億稼げる」なんて言ってるわけではないです。
高額なセミナーで稼ぐ気も、ラジオででかいこと言うつもりもないので、自分のスタンスのレベルで、分相応には、そこそこ責任はまっとうしているつもりです。
それでも、文句があれば、メールで頂いた疑問等にもお答えしていますし、なるべく対処しますので、コメントとか貰えればと思います。


で、昔、この先生の話について書いたとき、「実際に相場を知っている人」が「実践的な話をされている」という趣旨のことを書いたと思うのですが、少なくとも、その意見には違いはありません。
ただし、その話は、あくまでも、私が当時「ラジオNIKKEI」で話を聞いた範囲でのことで、有料の商材や高額なセミナーを受けてのことではない、ということですので、あしからず。
セミナーとかでどういう話がされているかは知りませんが、少なくとも無料で見聞きできる範囲では、相場に対しておっしゃっていることは「正論」だと思います。


まず、懐疑論に対しての異論を述べておくと
そんなに稼いだなら資産を公開しろ
とか
弟子の成績だけが誇張されるのはトレード詐欺の特徴
とかいう意見は多いですが、これに関しては、私はそうは思いません。
というのは、著書に書いたように、自意識過剰っぽく自分の成績を吹聴する相場師は、たいてい破滅するもので、伝説の相場師たちも、勝手に外部が資産を計算した以外では、自分からは決して吹聴するようなことはしていないですし、それは正しいと思うので、資産を公開しない点は、何も悪いとは思いません。
ただし、ですよ?
しかし、だったら「投資で20億稼いだ」などと堂々と宣伝するのは矛盾していますよね?
そう宣伝するなら資産を公開したら、より説得力が増すのになぁ、本当に稼いでいるなら、何の支障もないよね? とは思います。

そんなに儲けてるなら、高額なセミナーはおかしいよね?
という意見も多いんですが、これは正論からすれば逆です。
これも著書に書いたように「本当に価値のある講座は、それ相応の値段がするものだ」なので、そのこと自体が、必ずしもおかしいとは思いません。
この批判は、非常に日本人的な考えだと思うんですが、欧米では、価値のあるものは普通に高額なものです。
たとえばウォーレン・バフェットやジョージ・ソロスがセミナーをやるなら、相当な高額になるのが当然ですよね?
もしも、無料のセミナーがあれば、それは主催者がバフェットに莫大な金を払っているか、バフェットが善人すぎるだけで、むしろ異例です、普通は、逆に「無料やそれに近いなら、それは無価値である」と思うのが当然なのです。
本来、投資のセミナーとはそういうもので、そう思えば何も変ではありません。

ま、一般論はそうなんですけども、単純に言って、近年は、高額なセミナーへの誘導的な側面が非常に強い、と感じるようになりました。
すんごいセミナーが多いようですが、トレードで稼いでるなら、そんなに頻繁にやらなくてもいいんじゃないか? と感じるのは、もっともな意見だとは思います。

ただですね、これもやはり、あまりに一面的な意見だとは思うんですよ。
私は、近年は、ほとんど年がら年中、著作を書いているんですが、なぜかといえば、「とにかく、本を書くのが好きで好きでしょうがない」からなんです。
このブログを見ても分かるように、私は、書けばいくらでも長くなるし、むしろ短くするのが苦痛です。
こういう性質の人間が世の中にいるように、投資家の中には「とにかく人に教えるのが好きで好きでしょうかない」人がいるんですよね。
だから、多数のセミナー=悪い、高額=投資で儲けてない、という論旨は、あまりに乱暴だとは思うんです。
じゃあ、金の問題はどうか、というと、それも前述のように「良いものは相応の値段がする」のが当然なのもありますが、たとえば私は、本来はどんなライティング(文章書き)でも、ギャラを貰いたいと思ってます。
これはなぜかというと、守銭奴的な意味ではなく、「ある程度のお金を頂くことによって、責任感が生まれる」からなんです。
ネットの素人のブログ、ツイッターなどを見れば分かるように、なんら責任のない媒体というのは、人は完全に「いいかげんで、無責任になりやすい」のです。
無料のものというのは、こういうことになりがちです
ぶっちゃけ、ただのセミナーやっても「だってただなんだもの、別に儲からなくても俺の責任じゃないよね、テキトーでいいよね?」みたいな無責任な意識になると思います。
私のような生真面目な(と自分で言っちゃいますが)人間は、お金を頂くことで、すんごい責任を感じるので、「ちゃんとする」というわけで、実際に昔からギャラが安くてすんごいタイトなスケジュールでも、お金を貰う以上は、必ず、きっちりやるということを貫いてきました。
これは、著書に書いた「プロ意識の問題」ということと、同義だと思います。
お金を貰えばそれは「お仕事」なので、当然プロ意識が生まれます、タダではそうはいきません。


ともかく、このへんのいろんな問題は、ラジオでも「勝手に商売に名前を使われた」とおっしゃっていたこともあるので、どこまでが本当に関わっている商材で、どこまでが勝手に名を使われた商材か分からない、あえてそこまで突っ込んで調べる根性もないのですけれど、少なくとも「I場ゼミ」は本人だと思いますし、そこの宣伝文句も充分怪しいので、うーん?? といった感じです。

それで、いくつか、気になる点もあります。
まず、なにより「大きなことを言い過ぎる」点ですね。
株は技術だ、という技術論、何年も修行するものだという論旨には賛同するのですが、その反面で、「何千株買えば300万円の儲けだ」などと普通に言われる。
そこで何千株買うのは、相当な相場師のレベルだと思うのですが、そういうことは言わない、そうすると、いとも簡単に300万円儲かるみたいな話になってしまう、少なくとも初心者にはそう思わせるノリなので、これはどうかと思います。

あと、あまりにも「定型」「パターン」みたいなことを言い過ぎる、それで「稼げる」という部分です。
もちろん、同じトレーダーとして、他人にトレードを伝える難しさは分かりますし、伝えるとき、あえて便宜上、そういった「マニュアル化」的な作業が必要なことは分かるんです。
分かるんですけど、それには一定の限度があるというか、限界があるので、やりすぎじゃないか、とは、薄々感じていまして、その疑念が、色々見聞きしているうちに、深まった形です。

もしもトレードを他人に教えるなら、ある程度は定型的な話になるし、商売としてやっていくなら、誇張が入ったりするのも理解はできるんです、ある程度までは、それはいいと思います。

けど、たとえば、数年で60万円を20億にした、という話は、あとから知りましたし、それはいかがな物か? とやはり思います。
不可能とは思いませんが、それは「ギャンブル手法」でのみ可能なことで、うねり取りは堅実な手法ですから、うねり取りのセミナーとは根本が矛盾するんじゃないか、とも思います。
というかですね
個人資産200億円(本人のツイッターの紹介に書かれている)は、いくら稼いでいるとしても、言い過ぎだろうと(笑)

近年は、どんどん講座、セミナーの勧誘ばかり増えるのも気になりますし、過去のデータを調べてみると、明らかに「うさんくさい」商材にも名を連ねています。
一日5分で稼げる、とか、一日一時間で稼げる、という触れ込みの商材も、どうにも、本人がラジオで話している話と矛盾していますね。

言っていることが変わってきているところは、長年やっていれば、当然変化はあるので、それも私は糾弾するネタにはならないと思うのですが、どうも、明らかに話が矛盾している、おかしな部分もあります。

あと、外資系銀行に勤務、という割に、基礎的な英語も分かってないようだ、というネットの意見も一理あると思います。

ただ、そういった疑念はあれど、少なくとも、ラジオを聞く限りでは、
言ってることは正論だ
と思います
私の判断では
間違ってないし、正しいことをおっしゃってる
とは思います。

ただ、ここが肝心ですが、世の中では、言ってることが正しいから、詐欺師ではない、とは言えないし、その逆もまたしかり、なのです。
難しいところですね。
最終的な判断は、みなさん個人個人がすればいいと思うんですがね。

まあ、そんな疑念もひとつの理由となり、自分なりの「うねり取り」の話を伝えたいと、当初の次回作の予定を変更して、現在、自分なりの「うねり取りの入門書」を執筆中です。
先に述べた「あまりにも定型的すぎるんじゃないか」というところに関しても、自分なりに同じようなアプローチを取りつつ、明確に違いを語るようにしています。

結局、これが言いたかったのか???? テヘ(笑)
いや、それ宣伝じゃんw<誰も読んでないブログでも宣伝になるのかは謎w




オーナー紹介 増田蔵人
フリーで造型、PC関係等の仕事を多岐に渡り担当、関連雑誌等のライター。本名で著書が十数冊ある。
投資歴は30年。近年ライターとしての仕事が激減したため、プロトレーダーとして生計をたてるに至る。
2015年、ライター生活の集大成、トレーダー啓蒙書『投資の聖杯 ~投資常識の嘘~ 本気で勝てるトレーダーになりたい人のためのバイブル』を電子書籍でリリース。
最新コメント
ツナギ売買の入門と実践 [増田蔵人 著]
うねりを捉える投資技法の実践 [増田蔵人 著]
  • ライブドアブログ