トレーダーズ・グレイル

トレードの世界を探求するプロトレーダー増田蔵人の気まぐれ更新ブログ 本当に勝てる投資家になるためのブログ

日々のマーケット

毎度毎度のメディア芸人

日経平均は5日連続下落という、記録的な下落を打ち出しておりますが、最近、メディアを聞いていると
いいかげん、すんごくイライラ、ムカムカしてきます

まー、毎度毎度、繰り返ししつこいぐらい書いてますが
よくもまあ、投資業界のメディア芸人(解説者、アナリスト等)たちは、つい最近までとは手の平を返したように、ネガティブキャンペーンを打てるのか
ということです

どんなときにも、ネガティブな材料もポジティブな材料も存在するわけですが、こういう時は
その中から、特にネガティブな材料だけを選択的に取り出してきて、並べたてて「こんなにネガティブなんだ」という説得をしようとする
その上に、ポジティブな材料までも否定的に喋る

という、馬鹿な連中には、毎度お馴染みのご都合主義的手法ですが、ついこの前まで
バラ色の未来を描き出していた口でそれを言うんですから

無節操というか、厚顔無恥というか、恥知らずというか
とにかく、酷いですね
正直、人間としては、もう少し恥を知って欲しいというか、私にはとてもマネできません。
仕事とはいえ、よくまあ、あれだけ恥知らずに手の平を返して喋れると思います。

まあ、毎度のこととはいえ、こういう風に、メディアを見ていると、やっぱりいつもイラつくんですけれど、そのイラつきがだいたいピークに達したとき、というのは、昔から相場で言われる
解説者が総悲観になったら、そのときが相場の底
というヤツでして、今回は、長年の経験からしても、今までなかったぐらいにイラつきが激しいんで、そろそろ、ピークが近づいてきたかな? という感じがしてます。



あと、これも前から書いてますが、こういうときには必ず
様子を見て下げ止まるのを確認してから買え
と無責任なことを言う「自称プロ」が大量にいますが、そういう人は
実践経験がないか、あっても、自前の資金で生活を賭けて売買していない人
だと思います
ハッキリ言って
暴論です!!

この発言は、発言だけ見ればもっともなことを言っているようなんです
しごくもっとに聞こえるから、くせもので、初心者が騙されるんですよ。

現実は、相場経験が豊富な人なら誰もが知っているように
暴落時に底入れしたと確信を持ってから、ゼロから新規に買い向かう
という行為は、もの凄く精神的に困難な作業なのですよ
はっきり言えば、よほどの熟練者でない限り、不可能に近いです。

だいたい、下げ止まりを確認してから、なんて言っても、そんな意識を持って確認しようと思う人間というのは、結局は、たくさん上昇してからじゃないと、下げ止まった確証が持てないんですよね
特に、こういうときは、リバウンドの速度も速いですからね
暴落時の上昇こそ、資産を増やすチャンスですから、そういうときに、どーんと上げ戻してから買うんじゃ、利益が少なくなって駄目なんですよ

じゃあ、どうすればいいかっていうと、結局、ためし玉、探り玉とでも言えるもの、あるいは本玉扱いでもいいですが、とにかく、玉を多めに持ち続けるべきなんです
損してもいいんです、下がったら玉にどんどん調整をかけていけばいいです

それでこそ、底からの上げが大きく取れますし、最後に元は取れます。
だいいち、玉を持ってないと、相場の感覚も得られませんから、底入れなんか正しく確認できやしませんよ。
玉も持たず、眺めてるだけで底入れが確認できるなんてのは、相場をやってない解説者だけの空論なんですよね。

日経平均は強かった

本日の日経平均は、反落ではありますが、結局100円ほどのマイナスで引けました。
先物に至っては、50円のマイナスです。

少し前までは、日経が数日上げても、外部環境が悪くなっていると、とたんに大きく下げ、ずるずると下げ続けて大幅な下げで引けるというのがパターンでした。
それが、ここしばらくは、外部環境の悪化でも寄り付きこそ下げるものの、次第に切り返し、ついにはプラス圏に入って終える、などというパターンが続いており
非常に強い相場
だという印象を受けていて、完全に
風向きが変わった
と見えました

しかし、本日はマイナーながらSQです
これまでの、そうした売買傾向がSQに向けたものである可能性もあり、ひょっとすると、本日で方向性の変化が見えるかもしれなかったわけなのです。
週末の手仕舞いもありますから、より、下げへのバイアスは強いわけです。

実際、寄り付きから、10時ごろまで、ずるずると下げ続け、300円以上下げたときは、以前の
ずるずる下げとそっくりな印象を受け、かなり嫌な感じ
でした。
ああ、またそういう嫌なうんざりした相場に戻るのか
と思いましたが、その後は切り返し、ほぼ上げトレンドで右肩上がりに上がり続けて、-100円で終わりました。

さすがに本日まで7連騰ですから、プラス圏に至るほどではなかったですが、日経平均のティックチャートを見れば分かるように、日中はほとんど綺麗に右肩上がりですので、幸いというか、SQを越えても
強い印象に変化はない
ですね。
このところ、上げ続けだったので(もっとも昨日はほとんどマイナスに近いですし、先物はマイナスでしたが)、ここらで100円程度の調整というのは、いいガス抜きになったでしょう

ここ数ヶ月、日経の暴落から元気のない暗い感じが続いていましたので、このまま、週明けも元気が継続すればいいですね~


最近の上昇

ここしばらく、ブログの更新をサボってましたが、別に
このところの暴落で敗退して破綻した
とか、そーいうわけではありません(笑)
単に
飽きた
だけで・・・いやいや、そんなことないですよ、たぶん(笑)
ぶっちゃけて言うと
読んでる人がいないから更新してもしょうがない
からです(笑)
正直、投資のブログは、もうちょっと読者が来るかと思ったんですけど、全然読まれてませんね(笑)
そんなわけで、やる気がなくなってるだけです。
ここいらで休止するかもしれませんが、とりあえず、まだ書きますw

さて、暴落後の安定をだいぶ取り戻し、戻りつつある日経平均ですが、なんと言っても、ここのところでスゴかったのは
今の日本は先進国では一番不安要素が少ないはずなのに、一番暴落が凄かった(震源地の中国を除いて)
ということですね
なんせ、NYダウが、大きく下落する場面がほとんどなく、下がるにしても、せいぜい1%とか、比較的少ない値幅なのに、日本は平然と2,3%近く下がったりしてましたからね
まー、とにかく
いいように外国人に翻弄されているイメージ
がハッキリと見えたのが、今回ではないでしょうか

比較的、落ち着きを取り戻したとはいえ、先週の月曜さえ2%下がってますし、一時場中では400円オーバーの暴落でしたので、決して、落ち着いているとは言えません
まだまだ、値幅が大きいのが現実です。

先日、ダイワのインターネットTVを見ていて、騰落レシオの話がありましたので、今回はそこにインスパイアされてる話なんですけど、このところの連騰で、騰落レシオは135越えと、かなり上昇してます
テクニカル的には買われすぎ、ということなんですけど、コレ、以前から、このところの上昇と下落を繰り返す場面で書こうと思っていた話題なんですが、騰落レシオがいかにアテにならないか、という話です

普通、135も越えてたら、相当株価は上がってるはずなんですが、まだまだ、日経平均は、戻しがわずかです。
とても、135を越えるほどの過熱感はありません
むしろ
いまだにこの程度?
というぐらいの価格位置です
ネットの解説で
過熱感うんぬん
なんてのがありますが、そういうのは、テクニカルの数字だけ見れば、俗に言われている基準に基づけばそうだ、というだけで、実際に
本当にちゃんとトレードしている人たちの所感としては、全く過熱感が無い
というのが、正直なところでしょう

ここ数日の上昇以前は、このところ日経は上げては下げる、という動きを繰り返して停滞していた時間が長かったのですが、その場面で、毎度毎度、相場を見ていて暗い気分になりました
なぜかというと
上げるときは上げるけど、割と小幅
下がるときは一気に大幅

という繰り返しだったからです
数日かけて上げた値幅を、翌日一日の暴落で全部チャラにする、というか、数日の上昇値幅合計分よりも多く下がる、なんて具合に、どうしようもなく厳しい動きをしていわけです。
上がって喜んでは、チャラになって、はぁ~~~、とため息をつく、みたいな日々でした(笑)

これが、騰落レシオが上がっている割に、日経が上がってない理由であり、実践者には過熱感が感じられない理由です
騰落レシオは、単純に、上昇銘柄と下落銘柄の数の比率でしかありません
値幅は一切考慮しないんです
だから、上がった日数のほうが下げ日数より多ければ、たとえ、その上昇が小幅でも、騰落レシオは勝手に上がっていってしまうんですよね

そんなわけで、騰落レシオは、著書にも書いたように理解して使うと、割と便利なテクニカルだと思うのですが
過熱感を表す、という単純な図式で理解してしまうと、全く役立たずのテクニカルですので、注意しましょう

最近の日本株

それにしても、最近の日本株は
おかしい
という印象しか持てません

私も20年以上トレーダーをやってますし、眺めているぶんも含めれば30年以上マーケットを見てますが、これまでは、どんな暴落でも、感覚的に「納得がいく」というのが、暴落というものでした
今回の下げは、正直
全然納得がいきません
とにかく
おかしい、異常である
という感覚しか持てません

筋の通った理屈がどうこう、ということではなくて
トレーダーの漠然とした感覚として納得がいかない
ということです
おそらくベテラントレーダーのみんなが、同じ感覚を持っているであろうことは、投資ラジオやストリーム動画なんかのゲストトレーダーのとまどったコメントの数々を見ても、分かります

とにかく、本当に、
ここまで変な感覚は30年以上で初めてです
異常事態である、としか言いようがありません

騰落レシオにしろ移動平均乖離率にしろ、歴史的な数字を示しています
たとえば本日の騰落レシオは64.5%ですが、歴史上最低は2008年1月の52.8%(リーマンショック時)です
このまま日本が下げ続ければ、歴史的な値にすぐ到達しますが、その頃のどん底のような社会の雰囲気と、今の雰囲気を比べれば、明らかに、そんな数字が出るような社会状況ではない、というところが問題なのです

何よりも、感覚的に納得がいかないのは、パニック要素が全く国内にないし、アメリカにも無いことにあります
これまでの暴落というのは、日本経済が結構アレな時期にありましたから、要は社会自体が雰囲気が暗い方向に向かっていて、納得がいきやすかったんです
あるいは、原発事故のような日本国内の要因でしたから、感覚的に納得いくのですが、今の暴落はそうじゃありません
むしろ、国内だけを見れば、感覚は全く逆で、明るさがどんどん見えてきたところですね

たとえばVWの問題にしろ、解説者はそれらしい説明をでっちあげて、本日の下げに繋げてますが、実際には、多くのアナリストすら指摘するように、むしろ日本のメーカーには
小さく万歳
な問題なはずなんです
無理やりに関連性を持たせてますが、実際には、ライバルの失態はこっちのチャンス、というメーカーはたくさんあるんです
が、なぜか、対岸の火事であるはずの日本まで、逆に売られてしまう
それも、世界中で一番多く売られてしまう、というのは、とうてい、筋道のたつ論理はでっちあげられません
単なる
ネガティブ思考の連想による売りの波及
以外に、むりに筋道つけようと理由を求めるのは、馬鹿のやることだと思います

とにかく、なんらかの形で、外国勢の売りが日本ばかりに向かっているというわけですが、感覚的に納得いかない暴落というのは、いずれ、収束します
単なる道理として、間尺に合わないものは、いずれ修正されるのがマーケットの道理ですし、需給のバランスだとかからしても、どうしたって、そうならざるを得ないからです

問題は、そこまで耐えるのが心理的に非常に大変だ、という部分にあります
ギリギリ耐えられれば、その先に、明るさが待っているので、みなさんも、なんとか耐えて頂けるようなトレードをしてほしいと思います




イエレン議長発言の都合の良い解釈

さて、大方の予想どおり、FOMCでの利上げは、先送りになりました。

これ自体は、マーケットがこれまでのような「脳天気モード」であれば、明らかに大幅高になるような受け止め方をされるニュースですが、今はみんな「どんよりモード」になっているので
マイナスの方向に、マイナスの方向に考えようとします
から、どんどん下がったりしちゃいましたね

それでも、驚いたのは、イエレン議長の会見に対して
世界経済の見通しに関して、慎重な見方を示した
とか
世界経済の減速懸念を示した
とかいう、意味不明な解釈がなされているところです
ニュースも、日経新聞さえも、そう書いてますね
まさに、これが
マイナスの方向に、マイナスの方向に考えようとする
せいで、勝手な解釈が出てくる典型例です

FOMCの会見では、このパターンは実はとても多いようです
元が英語で、ほとんどの人は翻訳で聞きますから、単語のひとつの訳し方次第で、意味が全然変わってしまうからです
邦訳だと、こんな風に言っていることになってるけど、ここの単語はこうなので、実はそんなに強い意味ではない、とか、そんなことは、しょっちゅうあるようです


一部の、正しく発言を聞き取れる識者が指摘しているように、ちゃんと会見を聞いてみると、今回も、イエレン議長はそんなことは一言も言ってません、これは邦訳でも分かります

議長発言は、主語に「投資家(マーケット)」がついているんです
つまり、「懸念しているのは我々」と言っているわけではなくて、「懸念しているのはマーケット(お前らだ)」と言っているわけです。

端的に言うと、議長が言っているのは
「金融市場が」(勝手に中国経済の減速と影響などを過大に)懸念しているので、このままでは、そのせいで市場が低迷して、そのせいで経済が悪化する懸念がある
という意味のことです

言い換えると
空想の怪獣を過剰にでっちあげるマーケットのせいで、実態の経済が悪くなる可能性がある
ということです

要は
お前らが勝手にネガティブになりすぎるから、経済悪くなるんだよ馬鹿
と言ってるわけです、いや馬鹿は言い過ぎですが、ぶっちゃけ「お前らが悪い」的な暗喩は無意識にしろ入ってると思います(笑)


逆に言うと
お前らが余計な心配せずにこれまでどおり買いさえすれば、心配ないんだよもうちょっと楽観しろよ
という意味も含まれているわけです

このへん、正しく解釈が広まれば、市場は反転すると思うんですけどね
一部で、議長はそんなこと言ってませんよ、と語っている解説者はちゃんといるんですが、少数派なので、なかなか正しい認識が広まりません













オーナー紹介 増田蔵人
フリーで造型、PC関係等の仕事を多岐に渡り担当、関連雑誌等のライター。本名で著書が十数冊ある。
投資歴は30年。近年ライターとしての仕事が激減したため、プロトレーダーとして生計をたてるに至る。
2015年、ライター生活の集大成、トレーダー啓蒙書『投資の聖杯 ~投資常識の嘘~ 本気で勝てるトレーダーになりたい人のためのバイブル』を電子書籍でリリース。
最新コメント
ツナギ売買の入門と実践 [増田蔵人 著]


  • ライブドアブログ