トレーダーズ・グレイル

トレードの世界を探求するプロトレーダー増田蔵人の気まぐれ更新ブログ 本当に勝てる投資家になるためのブログ

日々のマーケット

来ました

前回書いたように、私は7月末あたりまでには、日経平均が暴落するんじゃないかと思ってたので、ちょっと時期がズレましたけど、ようやく来た感じですね。

本日8月11日は祝日でお休みですので、日本の相場はありませんが、夜間相場で225先物は19350円まで下落しています。
なんと日中から360円の下げですんで、2日間ほどで、一気に700円前後下がってることになります、すごいですね~

これは為替が円高に振れているせいもあると思うんですが、このへんの説明は、株式ディーラーと為替ディラーで普段から正反対になることもあり、逆に言うと先物が落ちたから為替が円高になった、とも言えます。

まあ、とにかく特筆すべきは、これまで日経が横ばいだった、下げないで踏ん張っていたときは、為替が円高に振れてもあまり下げない、すなわち感応度が低く、円安になると結構日経が戻す、すなわち感応度が高めという、明らかに良いとこ取りみたいな感じだったのが、そうじゃなくなった、ということです。

相場の雰囲気が変わってきてると思います。

以前も書いたんですけど、さすがにここまで膠着相場が続いて下げないと、誰もが「そろそろヤバいんじゃないか」なんて心の片隅では感じていたはずですので、それが実現したとき、そんな風に漠然と感じていた人々がどう動くかどう感じるか、ですね。

まだ、休み中の為替相場やNY市場などの動向がありますから、週明けにどうなってるかは分かりませんが、基本、海外勢がバカンス休暇で薄商いですから大きく動きやすいですね。

これまで書いてきたように、相場というのは、いいときには良いものしか見ないのですが、悪くなってくると、悪いものばかり見るようになります。
そういう意味では、為替相場もそうですが、これまで無視してきた悪い材料は目白押しですね

北朝鮮動向がひとつの要因とされてますが、もしそうなら、あの国は9月9日の建国記念日になにかやらかすのは間違いないので、当面、そこまでは緊張が続くでしょう、という話になります。
もっとも、アメリカ人のほとんどは「北朝鮮?? それ、どこにあんの?」ぐらいな認識で、普段は考えもしてないぐらいだと思いますから、米国勢が動かしている日本相場が北朝鮮情勢でここまで振れたという説明は、個人的には?だと思ってます。
まあ、起きるべくして起きた下落の、はじまりのひとつのきっかけにすぎないんじゃないかと。

なにしろ、これまで動きがないぶん、相場のエネルギーがたまっているので、相当ハデに動くと思います(というかすでに動いてるんですが)。
動きがあまりに急激すぎると、乗っかろうにも乗っかれませんよね、そのへんが難しいところですが、こういうケースは、ある程度まで続くことが多いので、出遅れでも乗っかる試みをしたほうがいいと思います。
私的には、そういうことになるだろうかな、と考えて、あらかじめ売り仕込みしてあったので、今回の急な下落はありがたいですが(笑)

ま、こういうときに「エネルギー」なんて漠然とした言い方で、相場に主体意識があるような物言いをするのは良くない的なことを著書にも書いてますけど、現実需要供給、いわゆる「実需」というやつですよね、そのへんの関係で、大量に買っている勢力がいるはずで、それが手じまってくるから暴落するとか、理屈はあるわけです。

とにかく、相場というのは、「下げないと上がらない」わけで、循環を繰り返して動くもので、それが「健全な相場」というものです。
これまでの30年来の記録的膠着相場が「異常」だったんですから、これでやっと、相場に健全な動きが取り戻されるなら、それに超したことはないと思います。

週明けがどうなるか、楽しみであり、怖くもあり、相変わらず胃が痛いですな~(笑)







気持ち悪い日々2

前回、最近の相場は気持ち悪い、と書きましたけれど、あくまでも「感覚的」なものですので、その根拠というか、理由を説明するのは困難です。

ですが、あえて、あくまでも「あえて無理に」説明するとすれば、というレベルの話ですけれど、ひとつに、最近の相場解説が上げられます。

私の個人的な視聴の範疇なんですが、ネットでの相場解説ビデオであるとか、ラジオ番組であるとか、そういうものに、いわゆる無責任なアナリストだとかなんとか、要するに相場を解説する人たちがたくさん出ているわけです。
どだい、彼らの言うことは、いつも無責任で適当なんですが、そういう彼らでさえ、少し前までは「いくらなんでも最近の相場は行きすぎだ」とか「上がる理由が分からない」とか「あれやこれやの数字がこうなってくると、過去の事例から言えば暴落が近い前兆で、かなり怖い」みたいなことを、かなり言ってたんですね。

基本、彼らは「楽観論でメシを食っている生き物」ですので、経験的に言えば、ああいう人たちが、こういうことを言い出すのは、かなり「末期」なんですけど、その彼らが、今度は、そういうことを次第に言わなくなってきた。
なんで言わなくなってきたかっていうと、なかなか、いつまで経っても暴落しないからですよね。

けど、経験から言うと、彼ら無責任な相場解説者が、がこういう風に手のひらを返したときっていうのは、本当に「末期の末期」なんです。
その「悲観論→楽観論」の手のひら返しが、2、3回続く場合もまれにありますし、アベノミクスの長期連続暴騰相場なんかはそんな感じでしたけれど、とにかく、かなり終末期に近づいているのは確かだと感じます。

著書にも書いたように、相場解説がこぞって楽観論を言い出したり、一般雑誌などまでが投資を勧めるようになったら、それは相場の上昇も末期で、暴落の前兆と言われていますが、ま、そんな感じで、相場においては、信用できる指標なんてものは、ほとんど存在しないんですが、あえて割と信頼できるのが「解説者の傾向」だと思います(笑)
著書に書いたように、アナリストの予測を集めた指標というのが米国には存在するのですが、どんな指標もほとんど当てにならない中で、唯一、これが見事なほど当たっているのですよね。
むろん、アナリストが上昇を示唆したら売れ、みたいな逆張り指標としての意味ですけれどね(笑)




気持ちの悪い日々

最近、夏風邪が治らなくて気持ち悪い・・・わけではなくて、6月26日の記事に
最近の相場は方向感が見えなくて、こういう相場は下に行きやすい
という話を書きましたが、いまだに同じレベルでぐだぐだと横ばい状態になっています。

体感的には、これほど狭い値幅でこれほど長く横ばいが続いた時期というのは、あまり記憶にないのですが、あくまでも体感的な感想でチャートを調べたわけではないので、確実ではないですよ。

で、体感ということで言うと、とにかく、ここ1ヶ月以上ぐらいの相場は
何かとてつもなく気持ちが悪い
と感じます。

今回は特に、米国のマーケットが主導的にそうなのですが、かつては自国の金融緩和の出口論で一喜一憂したりしていたはずなのに、今は完全に「ポジティブ解釈のみを採用している」状態です。
ヨーロッパの利上げ論もそうだし、とにかくあらゆるものが「ポジティブなだけ」に解釈されてます。
トランプ政権の問題であるとか、イギリス離脱の混沌とであるとか、FANGの急落であるとか(Facebook,Amazon,Netflix,Googleの略。米国IT4強)、特に国内株を動かすのは海外の機関投資家で、機関投資家は最も政治的不安定を嫌うのに安倍政権の問題が無視されてるとか、もし雰囲気がネガティブであれば、下げの材料になるものは事欠かないのに、それらは完全に無視されています。

いい材料ばかりを取り出して悪い材料は完全無視し、どちらにも捉えるられる材料はポジティブに解釈してネガティブ面は見ない、というのは、相場が強い上昇相場のときには、必ず見られる現象なので、そのこと自体はそう異様ではないのですけど、その具合というか、強さとでも言おうか、その感じが
今までにないぐらいに過剰に行きすぎている
感じが個人的にはするんです。

あくまでも個人的な感覚の話ですから、数字的な裏付けがあるわけではないですが・・・というか、数字的な裏付けで分かるような物事ならどこのファンドも暴落で損したりはしないわけで、相場の動きとはそういうものではないのですが・・・自分が30年ぐらい相場を見てきた中では、アベノミクス初期のものすごい上昇相場でも、これほどの極端な楽観感覚は受けなかったですし
こんな気持ち悪さは感じなかったです

どう言ったらいいんでしょうね、たとえば、地震が来る前に犬が本能的に不安を感じて騒ぎ出すとか、なんかそんな感じの直感的というか本能的というか、感覚的な不安感がずーっとつきまとっています。
私個人は、自分の感覚は大切にしたいので、現状では様子見、もしくは売りスタンスで、とてもじゃないけど楽観して買いにいく気にはなれません。

相場は水物ですから、これを持って、今すぐ暴落すると予測するわけではありません。
相場は予測するものではない
が私の信条ですから、そんなつもりはさらさらないですし、このあとまだ米国の経済指標次第では暴騰するかもしれませんが、いつ来るかは別として、こういう時期の後には、今度は無視してきたぶん、必ず
ネガティブな側面ばっかりを見るようになる相場
が巻き戻しとして来るのが相場の常です。

それは「しごく当たり前の話」で、上昇だけ続いたら、今頃日経平均は天文学的価格になっているはずですから、上昇と下落を交互に繰り返すのが相場の常です。
これを昔の相場師達は、相場は循環現象であると言ったわけです。

ともかく、楽観視が強ければ値良いほど、楽観時期が長ければ長いほど、そのリワインドは巨大になりますので、
現状では、非常に慎重に注意を怠らないことは必要だと思います。

特にこういうバブル的な場面では、誰もが心の底では薄々「いいかげん上がりすぎじゃないのか」「そろそろ暴落するんじゃないか」などという漠然とした不安を抱えてますので、何かひとつのイベントをきっかけとして180度、マーケットの解釈がポジティブ一辺倒からネガティブ一辺倒に変わることが多いですから、政治的なイベントなどがある日には注意したいですね。








プロって何

先日、久しぶりにコメントを書いてくださった方がいたので、まだたまには読んでくれる人もいるんだなぁ、と思って更新しようかと思った次第です(笑)

で、その方の話の流れで、コメント欄は字数制限もあるし、書けないような話もあったので、ちょっと書いてみようかと。


最近、というかもう1年以上は経ってると思うんですが、ラジオNIKKEIで、相場師郎氏という方が「うねり取り」の入門講座をされてます。
とてもラジオNIKKEIだとは思えない、非常に貴重なまっとうなことを喋られている、という、言い換えると「投資の世界では、まっとうなことを喋る人はものすごく少ない」からこそ、それが「非常に貴重」なわけなんですけどもね(笑)

私とは人間が違うので、当然主張も違うところはありますが、この方の話は、おおかた、私が著書で述べているようなことと同じです。
「投資なんか簡単に上手になるはずがない」
とか
「何百回も練習してやっと半人前」
とか
「相場は当てるもんじゃなくて、練習を繰り返して上達していくものである」
とか
「建玉を操作して波に乗るものである」
とか、ものすごく、しごくまっとうなことを言われているわけですが、こういう「まとも」なことを言う人は、投資メディアにはめったにはいません。

まあ、林輝太郎氏だとか、立花義正氏だとかの言ってることと、同じことを言っておられるわけです。

繰り返し書いているように、相場の世界では、初心者は「楽して儲かる方法を求める」ので、そういう人間を相手にしたカモネギ商売ばかりが氾濫しています。
要するに
「面倒くさい練習と努力を必死で繰り返して何年も頑張りなさい」
なんていうのは誰も求めていないので、いくら真実でも、商売にならないわけです。

まっとなこと、当たり前のこと、そのまっとうで当たり前のことが、表だって言われない、ゆがんだ世界が相場の世界なのです。

どちらかといえば、ラジオNIKKEIもこの「カモネギ商売」ばかりをやっている傾向があるので、こんな人を出演させて大丈夫なのかなぁ? とさえ思ったんですけどね、いまだに続いているとこを見ると大丈夫みたいです。

なんせ、相場先生、ラジオで「相場のメディアに出てくる自称プロは、全然勝率が低かったり、負けてばっかりいるのに、そんなのがプロっておかしいんじゃねえか?」とまで言っちゃってんです。
そういう人たちは、タレントなんじゃないか、本当に相場で稼いでるとは思えないと、そんなこと言ってます。
いや、すっげえ正論なんですどね、だってさ、ラジオNIKKEIの他の時間帯の番組には、相場先生の言う、その「おかしいプロ」がわんさか出てるんですよ(笑)
こんな発言していいのかと、聞いててハラハラしちゃいました(笑)
私、ホントに、最初の頃は、この人のラジオ、すぐ打ち切りになるんじゃないかと思いましたよ、なんせ本質的に言っていることは「ラジオNIKKEIが商売にしている物事に対する否定」ですからね(笑)

ニセプロに対して、相場先生は自分のことを「現場で実弾を張って稼いでいるホンモノのプロ」と言う言い方をしてますけれど、あ、相場では自分のお金を張ることを「実弾」というんですけど、話を聞いていると確かにこの人は実弾張ってるな、という気はします。
喋っておられることが、本当に相場でちゃんと建玉操作をしたトレードをしてないと、言えないようなことが多いので、本当の相場師だろうと思います。


で、まあ、今回のテーマは相場先生の話じゃないんですけど(笑) じゃあ何だ、っていうと、私も前からそこが疑問なんですよ。
ラジオNIKKEIにはよく、自称プロが出てますけど、特に為替を手がけている人たち、それが、よく「先月はこんなに負けた」とか「去年はひどかった」とか、さんぜん、自分の成績が悪いことを言ってるわけですよ。
こういうのを聞いて
なんで、それで自称プロなの?
って思わないんですかね、リスナーは。

トレードのスタイルはいろいろありますし、スパンがありますから、一概には言えません、1年に一回ぐらいしか手じまいしないようなスタイルなら、当然、負ける年もあるでしょう。

でも、特にFXの場合、スタンダードなのは、短期間、数分からせいぜい数日、スイングトレードぐらいの期間が一番多いですし、実際、そのラジオに出てる人たちも、非常に短いサイクルでトレードしてるようなんですよ。
そのサイクルで、そんなに負けたら、いくらなんでも、それは「プロ」じゃないでしょう?

ぶっちゃけますけど、私、近年は色々違うトレードスタイルを模索していて、FXもここ数年ほど試験的にトレードしてるんですよ。
FXに関してはトレード経験は10年未満ですから、まあ投資の世界で10年未満なんてのは、ち○ち○に毛の生えてないぐらいの子供レベル(笑)、素人レベルです。
でも、同じようなサイクルでトレードして、月単位で集計するなら(練習段階なので金額は大したことないですが)まだ一度も負けたことないですよ。
FXに関しては初心者レベルの私だってそうなんだから、そんなに負けまくってるのが「プロ」って、いくらなんでも、おかしいじゃないですか。
たまに大きく勝って、あとは負けてんのかもしれないですけど、それはもはや「プロのトレーダー」じゃないでしょう?
プロってのはさ、トータルでとにかくプラスになればいいわけじゃないんです、生活しなきゃいけないんですから、ランダムじゃ駄目なんです。
いくら3年後に1億円稼げても、それまで毎月100万円の損だったら、どうやって3年後まで生活するんですか?
コンスタントにプラスが出ないと駄目なんです。

私の主観なんですけね、プロでも「含み益が減る」というのはいいと思うんです、含み益が減ると、すごい損したような気分になるじゃないですか、私もそういうので「あっちゃ~、今年はすげえ損した」みたいに感じることってあります、あくまでも感覚的には損に感じるんですけども、でも、それは損じゃないので、いいんです。
たとえば含み益が3千万円あって、失敗して結局手じまった時点では100万円になっちゃったと。
これは、すごい損したように感じるんですけど、でも、実質は100万円のプラスなんですよね。
むろん、これはヘタなんで良くないんですど、長いトレーダー生活にはそういう時期もあります。
それでもプラスに残せる、というのは、ぎりぎりうまくやってるわけで、素人さんはそこを大幅マイナスになるまで保持したりしますから、そういう意味で、プラスに残せるのは一応はプロの技を少しは使ってるわけですよね。

で、年に2,3回しか利益確定しないなら、年間でプラスにならなきゃいけないし、月に何度も利益確定するなら、月単位でプラスにならなきゃいけない、甘く見ても9割、ぎりぎりでも8割は勝てないと、プロを名乗るならおかしいと思います、それが「プロ」です。

著書にも書いたけれど、「どかーん」と負ける、そういうタイプの人は、トレーダーじゃないんです
プロのギャンブラー
なんですよ。
ギャンブラーをラジオに出すな、って話ですよね。


毎度毎度のメディア芸人

日経平均は5日連続下落という、記録的な下落を打ち出しておりますが、最近、メディアを聞いていると
いいかげん、すんごくイライラ、ムカムカしてきます

まー、毎度毎度、繰り返ししつこいぐらい書いてますが
よくもまあ、投資業界のメディア芸人(解説者、アナリスト等)たちは、つい最近までとは手の平を返したように、ネガティブキャンペーンを打てるのか
ということです

どんなときにも、ネガティブな材料もポジティブな材料も存在するわけですが、こういう時は
その中から、特にネガティブな材料だけを選択的に取り出してきて、並べたてて「こんなにネガティブなんだ」という説得をしようとする
その上に、ポジティブな材料までも否定的に喋る

という、馬鹿な連中には、毎度お馴染みのご都合主義的手法ですが、ついこの前まで
バラ色の未来を描き出していた口でそれを言うんですから

無節操というか、厚顔無恥というか、恥知らずというか
とにかく、酷いですね
正直、人間としては、もう少し恥を知って欲しいというか、私にはとてもマネできません。
仕事とはいえ、よくまあ、あれだけ恥知らずに手の平を返して喋れると思います。

まあ、毎度のこととはいえ、こういう風に、メディアを見ていると、やっぱりいつもイラつくんですけれど、そのイラつきがだいたいピークに達したとき、というのは、昔から相場で言われる
解説者が総悲観になったら、そのときが相場の底
というヤツでして、今回は、長年の経験からしても、今までなかったぐらいにイラつきが激しいんで、そろそろ、ピークが近づいてきたかな? という感じがしてます。



あと、これも前から書いてますが、こういうときには必ず
様子を見て下げ止まるのを確認してから買え
と無責任なことを言う「自称プロ」が大量にいますが、そういう人は
実践経験がないか、あっても、自前の資金で生活を賭けて売買していない人
だと思います
ハッキリ言って
暴論です!!

この発言は、発言だけ見ればもっともなことを言っているようなんです
しごくもっとに聞こえるから、くせもので、初心者が騙されるんですよ。

現実は、相場経験が豊富な人なら誰もが知っているように
暴落時に底入れしたと確信を持ってから、ゼロから新規に買い向かう
という行為は、もの凄く精神的に困難な作業なのですよ
はっきり言えば、よほどの熟練者でない限り、不可能に近いです。

だいたい、下げ止まりを確認してから、なんて言っても、そんな意識を持って確認しようと思う人間というのは、結局は、たくさん上昇してからじゃないと、下げ止まった確証が持てないんですよね
特に、こういうときは、リバウンドの速度も速いですからね
暴落時の上昇こそ、資産を増やすチャンスですから、そういうときに、どーんと上げ戻してから買うんじゃ、利益が少なくなって駄目なんですよ

じゃあ、どうすればいいかっていうと、結局、ためし玉、探り玉とでも言えるもの、あるいは本玉扱いでもいいですが、とにかく、玉を多めに持ち続けるべきなんです
損してもいいんです、下がったら玉にどんどん調整をかけていけばいいです

それでこそ、底からの上げが大きく取れますし、最後に元は取れます。
だいいち、玉を持ってないと、相場の感覚も得られませんから、底入れなんか正しく確認できやしませんよ。
玉も持たず、眺めてるだけで底入れが確認できるなんてのは、相場をやってない解説者だけの空論なんですよね。

オーナー紹介 増田蔵人
フリーで造型、PC関係等の仕事を多岐に渡り担当、関連雑誌等のライター。本名で著書が十数冊ある。
投資歴は30年。近年ライターとしての仕事が激減したため、プロトレーダーとして生計をたてるに至る。
2015年、ライター生活の集大成、トレーダー啓蒙書『投資の聖杯 ~投資常識の嘘~ 本気で勝てるトレーダーになりたい人のためのバイブル』を電子書籍でリリース。
最新コメント
ツナギ売買の入門と実践 [増田蔵人 著]


  • ライブドアブログ