トレーダーズ・グレイル

トレードの世界を探求するプロトレーダー増田蔵人の気まぐれ更新ブログ 本当に勝てる投資家になるためのブログ

雑記

ゴミはごみ箱へ

以前、最近、鬱になってるので、トレードのやり方を変えている、という話を書いたんですが、それ以外にも、これも何度か書いてきてますけど、どうも、近年、なんというか
相場が新しい時代に突入したんじゃないか
と感じることもあるんですよ。

何十年も続いてきた感じというか、感覚というか、そういうのが変わってきて、次の時代に入ったような。

たぶんですね、個別株とかはそんなに変化ないんで、株をやってる人はあまり感じないと思うんですけど、私のように指数というか、まあ指数連動の先物ですよね、日経平均先物とか、そのへんをずーっと追いかけている人間としては、明らかに、変化を感じるんです。
指数に関しては、去年あたり、多くのアナリストなんかも同じようなことを言っていたので、私だけが感じてるわけではないと思いますね。

これ、感覚的なものなんで、とても説明しにくいんですけれど、著書にも書いてるように投資の世界の根底に流れる基本は普遍だと思うんですよ。
でも、なんというか、表面的な部分で、数十年ごとに、なんとなく変化があるというか。
たとえばスマホはスマホですよね、根本的な中身には変わりないので、根本を理解していればその知識はずっと通用するのですが、表面のデザインや性能は変化してくる、みたいな、そんな感じです。

で、鬱になったのと、そんな感じがあるという理由もあわせて、少し、トレードを数年ぶりに大変化させてるというか、まあ
心機一転、最初から
みたいな感じで、ちょっと心あらたに、スタイルを模索しています。

そんな心機一転の一環として
思い切って、これまで溜めたデータの大半を整理してゴミにしました。

まー、溜めた、っていってもですね
昔、毎年スクラップしてた新聞記事とか、今はもう、そんなもん絶対に見ないものとか
もうトレードしてないし参考にもしてない指標や銘柄、商品の場帳がダンボール数箱とか
十年ぶんぐらいの手描きチャートをダンボールいっぱいとか
ぶっちゃけ、「今使ってないもの」です。
そういうのは
全部不要
なんですよね。

不要なんだけど、特にチャートとかは、これだけ長い年月つけてきたんだから「もったいない」と思うんですよね、人の心情は。
「そのうち、参考にするかもしれない」なんて、自分に言い訳して、残そうとするわけですよ。

これって、アレですよね、物が捨てられないで、なんでも残して、家が物だらけになる人の言い訳と同じなんですよね、うちの嫁がそうです(笑)

けど、著書に偉そうなこと書いてるように、不要なものは捨てないと、やっぱ駄目なんです。
まー、本はどかどか捨ててますけどね、これまで捨てた本は数千冊はくだらないと思います(笑)

立花義正氏は、トレードする銘柄を決めるにあたって、数銘柄の何年分かのチャートを手描きしてみて、最終的に決めた銘柄以外のチャートを「破り捨てた」という話を書かれていますね。
なんせ手描きですから、相当な労力がかかってると思うんですが(たしか3ヶ月かかったとか書いてあったと思います)、それを思い切って破り捨ててる。
これは、なかなか、出来ることではないですよ。

でも、こういうの、トレーダーには、やっぱ必要だな、と思うんです。
何年かおきに、こういう作業はやったほうがいいんじゃないか、と思うんですよね。





地震の話、続編

未だに大阪地域は地震の余震が続いているので、落ち着かない日々を送っています。

小学校は翌日から再開したのですが、余震があれば、子供の引き取りで呼び出されるかもしれないし、それ以前に余震そのものが怖いので、まあ、どこか落ち着かない感じです。

なんとなく、いつも『あれ? 揺れたんじゃない?』みたいな感覚に陥ってます。

報道で、「熊本地震では2日後に大きな地震が来た」みたいな話をさんざん脅すので、余計に落ち着きません。
ああいう報道って、私がこれまでの著書で批判してきたような話と同じで、結局、後知恵バイアスですし、直近を重視する人間の機能ですよね。
そんなもの、調べてみたら、おそらく地震の3日後に大きな地震が再度来たのも、4日後に来たのも、6日も10日もあると思うんですがね。
しかも、なんとなく、直後に来ると関連しているように思えますけど、そもそも、地震のメカニズムってのはいまだにまともに解明されていないし、ましてや江戸時代の事例とかになったら、果たして前の地震と関連があるのか、関連性が不明ですからね。

こういうのは、投資の世界で言われるアノマリーとか、後知恵で関連性を説明するような解説、事例などとそっくりだなぁ、と思います。

そっくりだなぁと思う、といえば、私は著書で「投資にハマると、なんでもかんでも、相場に結びつけるようになる」という話を書きましたけれど、まさに、自分がそれに陥ってる、とひしひし感じますね(笑)

こんな地震の話とか、それをめぐる社会の反応とか、報道とか、そーいうのが全て「投資の世界と似てるなぁ」みたいな感じ方になりますね。
いいのか悪いのか分からないですけど、こういう思考パターンになると、なんとなく
あ、俺もようやく、いっぱしの相場師になったかな?
とか思って、ちょっと自意識過剰になりますね(笑)


そんなわけで(どんなわけ?)、我が家のキッチンは
P_20180618_091259
こんな惨状になっていました(笑)
基本、お気に入りの食器ほど、よく使うので、上に重ねるし、手前に置くので、ほぼ全滅でした。
あと、重い物が当たったせいか、炊飯器が壊れてましたね。

暗い画像だけだとアレなんで、震災を乗り切った我が家の娘と息子たちを紹介します。
このブログでは、ちゃんと載せるの初めてですね。
たまには、こういうのもいいかな、と。
投資ばっかりやってると、心がぎすぎすしてくるので、癒やしは大事ですよね(笑)

P_20180618_194605
さび猫が、我が家の重鎮でメイ。
私が子猫のときに保護して、オッパイやって育てた子です。

キジトラがフミ、保健所行きになるはずだった保護猫で、譲渡会で引き取ったのですが、譲渡会のときに感染したらしく、感染症で片目が潰れてしまい、副鼻腔炎をわずらってます。
毎日「鼻水シャワーアタック」ですw

ちなみに、普段は仲が悪いので、一緒に寝るなんてことはありません、このショットはめちゃくちゃ貴重です。

なぜか、みなさんトイレ好き、写真の場所はトイレです(笑)

2010-09-17 07-28-43
劇的ビフォアアフターw 保護時、生後2週間程度(推測)

投資の聖杯に書きましたけれど、私が相場とうまく距離をおけるようなったのは、この子を育てたおかげです。
自力排泄も無理だった時期なので、毎晩3時間おきに起きて、トイレとミルクをやっていた結果、毎日、寝不足でへろへろすぎて、相場なんか見てる場合じゃなくなったからです。
結果的に、その時期に、いい具合に距離感ができました。

私の子育てで栄養が行きすぎたせいか、完全手乗りサイズが、今では米袋5KGと3KGのコンボぶんですw
私が寝ていると腹に乗るのが好きなので、たまりません。
腹に米袋5KGと3KGを落とされたところを想像してください(笑)

2017-06-02 21-41-41
ビフォア。感染症状が悪化する前のフミ。
この後、片目がおかしくなって今に至るのでした。

こいつらも、それなりにショックを受けているらしく、震災後3日目の夜まで、普段寝ている二階に来ようとしませんでした。
常に、一階の、普段寝ないようなところで寝てました、様子が変でしたね。

P_20180416_195327
こっちはショックを受けまくったらしいナナ。
PTSDというか、ショックを受けているらしく、出かけようとすると、今まではしなかった「私も連れて行け」アピールを執拗にするのです。
普段は二階の寝室で寝るのに、地震後は、しばらく玄関の床で寝てばかりで、動こうとしませんでした。

これも保健所行きになりそうな犬を保護したもので、元は沖縄の離島の野犬です。
保護時から成犬です。
キリッとしたいい顔してますが、だいたい、いい顔してるときは、おやつをねだってる時です(笑)
めっちゃ男前な顔してるんですが、メスです。

P_20180507_093944

その、犬のナナちゃんを散歩中、近所のドブ川から「みーみー」という声が聞こえてきたので、さんざんあちこち調べまくった結果、発見した子猫がコレ。
幅2メートル、深さ2メートルのドブにはまって、死にかけていたところを、「サンダーバード」並の救助劇を繰り広げ、ドブまみれになって救出した「ハナ」です。

正直、あれは客観的に見ると、このオッサン、ドブで何やってんだと思われただろうなぁ
しばらく、体がドブ臭かったです、ドブの臭いって、なかなか抜けないんだなぁ、と体感しました(笑)

IMG_20171020_215431
救出直後のハナ。ドブまみれ。
当時、推測生後3週間程度。
低体温のショック症状で、一時仮死状態になり、下痢が続いて(ドブ水を飲みまくったせい?)命も危ぶまれましたが、幸い回復して、今では巨体になりました(笑)

この子は小心者なので、地震でおびえて固まっており、その後も、しばらくショック症状が抜けてないみたいでした。

かつては、野良なので噛みまくり、引っかきまくりで、一時は感染症で私の腕は腫れまくったりしたんですが、今では一番の甘えん坊です。
けどツンデレなので、自分からデレるとき以外は、近寄ると逃げます。
デレるときは、寝ている私の横に寝っ転がって体をすりつけて、グリグリ頭をこすりつけます
いまだによく分からない、ツンデレのバランスが極端すぎる、変なヤツです。
なんか動作が人間くさいので、我が家では「中身オッサン」と言われてます、夜中になると猫のキグルミを脱いで中から小さいオッサンが出てくるんだろうとw

P_20180315_222350
地震なんかしらない我が道を行くイタチさん。
フェレットのノアちゃんです。
私は昔からフェレット飼いで、この子は、なんと5代目のフェレットです。
先代のクロちゃんという子と、そっくりという理由から選んだのですが、挙動もそっくりで、私の口に平然と顔を突っ込みます。

かつて、ソフトバンクから「DOS/Vマガジン」というPC雑誌が出ていたのをご存じの方もいると思いますが、その雑誌に、当時、やたらフェレットの写真が載っていたと感じた人がいたとすれば、それは私のせいです、すいません(笑)

なわけで、今回は
親ばかブログでした(笑)

いや、投資の話、しろよ!!w





冗談のような本当の話

私は、普段は二階建ての家の二階の自分の部屋でPCに向かってトレードをしているんですが、かなりの割合で家事もやるもんですから、トレードの手が離せないときは、ノートPC(厳密にはタブレットPCにキーボードを接続したもの)を一階に持って行って、家事をしつつノートの画面を見てトレードしてたりします。

で、我が家、というか、主に私が(笑)動物大好き人間なので、我が家には猫と犬とフェレットがいたりしますが、この春、もう一匹猫が加わりまして、現在、生後4ヶ月ぐらいの子猫がいます。
子猫なので、そらもう、やんちゃの盛りです。

某証券のトレードソフトで、約定時に「お客様、ただいま約定いたしました」と音が鳴るソフトがある。というか厳密には別のソフトにその音声ファイルを流用しているのですが、先日、何もノートPCを触っていないときに、突然
お客様、ただいま約定いたしました
と聞き慣れた音声が!

えっ? と思ってソフトを見たら、確かに建玉が増えている。

ええっ、ええっ? なんで! としばらく考えてようやく気づいたんですが
走り回ってる猫が、畳の間に置いてあったノートPCのタッチパッドを踏んだんですね

クリック一発で発注できる状態になっていて、ちょうどカーソルが発注ボタンの上に乗っているところを、猫がタップしたんですよ、ノートPCのタッチパッドは、タップでクリックの役割を果たす機能がついてますからね。

しかもね、普段は音量をミュートしてあるんですが、この時はたまたま、ミュートしてなかったんで気づけた、すごい偶然です。

2017-06-02 21-42-09
▲トレーダーにゃんこ。名前は「ふみ」です。保護猫の引き取りです。右目がおかしいのは、小さいときに感染症をわずらったため。治療中だけどこれ以上治りそうもないです。
CIMG0025
▲おまけのサンショウウオと猫。絶妙。

私はPCマニアというか、よく他人からは「マニア扱い」されるんですけど、実はそうじゃなくて
極端な面倒くさがりなんです。
PCって色々面倒くさいじゃないですか、だから、なるべく面倒じゃないようにカスタマイズしたい、そうすると、自然と深いところまで覚えてしまうので、マニアみたいになるんですけど、単なる面倒くさがりです(笑)
多少のカスタマイズの手間で、何年も便利に使えてしまうなら、そっちのほうがよっぽどラクチンだろうと。
私に言わせれば
Windowsをデフォルトのまんま使ってる人のほうが、よっぽどマニアだと思います、あんな面倒くさいもんを、そのまま使えるのはマニアだろう。とりあえずインストールしたら最初にレジストリいじれよ、と(笑)

なので、たとえばテンキーパッドをワンタッチするだけで、よく使うアプリが起動するようにしてたり、いろんなことをしてあります。
普段使うソフトはキー一発でだいたい起動します。
ファイル管理なんかも専用ファイラーを使ってるんで、私はWindows3.1の時代から「エクスプローラーというシロモノを一度もまともに使ったことがありません(笑)」というぐらいですが、ファイラーはキーボード一発でファイル消去できたりするんですよね。
要するにですね、面倒くさがりなので、クリック一発、タップ一発で何がが起きるような仕様にしてある部分が多いということです。

で、フェレットというのは、隙あらばどこにでも上ろうとする生き物でしかも実はものすごく賢いので、どう防御しても、すぐ突破方法を見つけたりします。
なので、気づくと机の上にフェレ乗っていて、キーボードやマウスを踏まれて
知らない間にファイルが消えてた
なんて悲惨なことは、今までに何度もありました。

けれど、さすがに
動物にトレードされたのは初めてですわねー(笑)

しかもですね
FXだったんですけど、その直後に下落して、ウリスタンスだったんで、だいぶ儲かっちゃったんですよね(笑)

すげえな、ウチの猫!

冗談のような本当の話でした。



・・・いやね、よく思い出すと、これまでも、何か記憶にない建玉があったりしたことがたまにあったんですが、ずっと前に指値注文出しっ放しで忘れてたのか、とか思ったりしてたんですが
ひょっとして、アレも猫の仕業だったのかも。






謹賀新年

みなさま、あけましておめでとうございます。

昨年はみなさんにとって良い年で、トレードは儲かりましたでしょうか?

昨年後半のチャイナショックと原油安による波乱では、大きな損を出した人も多かったようです。

私自身も、チャイナショックの暴落で、だいぶ含み益が減ってしまいましたが、実は著書にも書いたように一昨年家を建てまして、その頭金を総額の1/3ぐらいの額で払っていまして、投資資金から即金で払ったのですが、今年の終わりには、払う前の水準まで資金が回復しているので、まあまあ、御の字ではないかと思います。
といっても、私の場合は4月締めで1年の成績を清算するので、あまり、年末の数字は意味がないのですが。

さて、この時期になると、あらゆるところで
2016年の相場見通し
なんて記事が見られるようになります。

著書でも揶揄しましたがそんな1年先までのことが分かれば誰も世話ないわけで、予想してみるなんてのは実に無意味だからやりませんが、少なくとも大きな鍵を握るひとつが
中国経済の動向
であることは、間違いないでしょう

しかし、困ったことに、アナリストたちは「中国経済の本当のことは誰にも分からない」などと言いながら、平然と中国経済を語ってみませますが、本当のところは、実は誰にも全く分かってないのですから、語ること自体がメチャクチャなのです
まあ、幽霊を論理的に語って見せてるようなもんですね、馬鹿みたいです
誰にも、なにひとつ、本当のところは分からないから、相場にとっては、大きな問題なのです

ここで問題なのは、要するに
本当の中国経済は分からない
のですから、投資家にとって相場を荒らす要因は、根本的なところでは実は中国経済では全くなく
中国経済を馬鹿なアナリストやエコノミストやストラテジストや解説者どもがどう宣伝して人々がどう思うか
という部分なのですよね
想像上の幽霊が恐いのか、それともカワイイ女の子の幽霊なのであんまり恐くないのか、って感じで、どっちに捉えるか、です。
こういうとき、問題となるのは、この手のテーマは
センセーショナルに語ったほうが話題性がある
というインセンティブがあることで、だからたいてい、話題にする人はネガティブなバイアスがあります


ところで、中国をネガティブ宣伝する人たちが必ず使うのが
李克強指数
です
李克強指数とは、李克強首相が、当局のGDP発表があんまり信用できないので、中国経済を見るために私はこれこれこういう数字を見る、と言い出したことから生まれた有名な中国経済を測るバロメーターとされる指数です。
天下の日経新聞も、李克強指数を根拠に、中国経済は弱い、という記事を載せています。
ハッキリ言いますが
日経新聞のその話は嘘というか完璧な誤りです

李克強指数というのは、基本
役立たずな指数なので、こういう話は信用してはいけません
というかですね、これは李克強首相の時代には、その時代の環境にあわせてちょうどよかった指数、ということなので、なにも李克強指数には罪はないのですよね、いまだに時代にあわないそれを「根拠」として使う人が山のようにいるのが罪なだけなのです。

では、何が問題かというと、李克強指数の主要な数字を構成する要素のひとつが、「鉄道貨物運輸」の量なのです
少し考えれば、みなさんも分かるとおり
文化というのは、発展すればするほど、貨物運輸には自動車を使うようになる
んですよ

だから貨物の運輸の数字が年々減っているのは当たり前の話で、李克強指数には自動車輸送が含まれてないんです
実際、中国の大手企業にアンケートをとると、毎年、貨物輸送を減らして、車で輸送している率が増加してるらしいです。
しかも鉄道の運輸の多くは「石炭」でした
発展するほど石炭の消費は減りますから、数字はどんどん減って当たり前なんです。

他の根拠となる数字も似たようなもので、どっかしら、間違いがあります。
他のところなど、詳しくは、たしかニューズウイークが解説していたと思います、今でもサイトに記事が載ってると思いますので、気になる人は探してみてください。

ま、とにかく、天下の日経新聞に載る記事でもそんなもんですから、投資解説などの情報は、なるべく見るな、と、これは今年もずっと、一番強く主張しておきたい部分です。

本日の相場と予測とかいうアレ

今日の相場は、NYマーケットが今夜休日の割には、比較的堅調だったようですね
ただ、日経平均は終値ベースで18000円に乗せていますが、先物はザラ場では18070円までいきましたが、終値で18000円を割れてしまったので、やはりアメリカ休み前で上値が重いようです。
個人的にはこれ以上の一気上昇は辛そうなので、ぼちぼちツナギを入れていってます。

という見込みを書くと、相場の予測の話に繋がるんですけど、詳しいことは著書に書いているので、書きませんけど、そーいうのは
無理
なので、やりません。
明日の天気もまともに予測ができないのに、複雑極まりない相場が予測できるなんて思うのは、まぎれもなくお馬鹿さんだと思います
相場を予想だと教えてる入門書は、今すぐ捨てましょう

とはいえ、我々投資家は馬鹿なので、あくまでも、私が投資で生活していることを知っている友人限定ですが、そういう友達と飲んで酔うと
今後は上がると思うなぁ
とか
そろそろ暴落すんなぁ
とかなんとか、どうでもいい話はよくします
むろんこーいうのは駄話レベル、床屋談義レベルで、予想とかそういうシロモノではありません。

まあ、むろん、そういう思いがあるから、喋るわけですが、それに基づいてトレードすることはありませんし、実際にするときには、日々の値動きからやります。
でも、駄話は駄話、という風に割り切って、そういう思いに影響されずにトレードできるようになるには、相当の修行が必要だと思いますので、そこが投資の難しいところですね

オーナー紹介 増田蔵人
フリーで造型、PC関係等の仕事を多岐に渡り担当、関連雑誌等のライター。本名で著書が十数冊ある。
投資歴は30年。近年ライターとしての仕事が激減したため、プロトレーダーとして生計をたてるに至る。
2015年、ライター生活の集大成、トレーダー啓蒙書『投資の聖杯 ~投資常識の嘘~ 本気で勝てるトレーダーになりたい人のためのバイブル』を電子書籍でリリース。
最新コメント
ツナギ売買の入門と実践 [増田蔵人 著]
うねりを捉える投資技法の実践 [増田蔵人 著]
  • ライブドアブログ