私は元々、ブログとか更新するのが苦手なタチなんですが、なにせこのブログの閲覧数が少ないので、余計にあんまり更新しても意味がない気がして、なかなか更新しないのです、ダメですね(笑)

書籍の宣伝を兼ねてるので、ちゃんとすればいいのに、全然ちゃんと出来ないところが、情報商材で稼げる人間にはなれない性質を露呈してます(笑)


さて、だいぶ前から書こうかどうか、考えてたんですが、プライベートな話なので、躊躇してまして、けど、まあ、トレーダーになろうという人に参考になる話かもしれないと思い、今回、書くことにしました。

で、何かというと、ぶっちゃけ、最近、トレードがうまくいってません
生活するだけで精一杯です。

その理由はというと
最近の相場の状況がおかしい
昨年あたりから、何か日本の相場はこれまでにない新しいフェーズに突入したんではないか
と強く感じる点もある、昨年あたりから、相場解説者もそんなことを言ってましたし、そう感じるのは私だけではないと思うんですが、そういう相場の変化とは無関係です。

話が脱線しますが、その
相場が新しい(これまでにない)時代に突入した
という感は、昨年一年間でハッキリと感じましたので、今年から、十年ぶりぐらいに、やり方を変える試みをしています。
まあ、とはいえ、主張自体には変化はないので、次の本(今執筆中)もこれまでと似たようになりますけどね。

以上、脱線しました。

では、何が理由かというと、ひどく単純なんですが
プライベートに問題があるからです。

実は、小学生の娘が明らかに発達障害で、最近、あまりにストレスが溜まりすぎて、しんどいんです。
なにぶんトレーダーというのは自宅にいる時間が大半なわけで、子供に接する時間がサラリーマンよりも長いわけです。

そのせいで、疲れ切ってしまい、十数年ぶりに鬱を再発してしまったのですね。

私は、元々、鬱病とか無縁なタチだなぁ、とずーっと思っていたのですが、十数年前のあるとき、急に鬱を発症してしまい、かなりアレだった時期があります。
著書の著者紹介に、元々、東京でフリーランスで仕事をしていて、仕事がなくなってきたのでトレーダーで生計をたてるようになり、地元の大阪に帰った、と書いてますが、実はその帰った理由は、仕事が無いことよりも、「鬱でしんどかった、このまま東京に1人でいるとやばい」と思ったからなんです。
そのとき以来の、鬱症状です。

そんな状態で、トレードがうまくいくわけがありません。

これまでの著書にも書いてきたとおり、トレードは100%メンタルなものなので、プライベートに問題が少しでもあるときはトレードするな、ということなのです。
しかし、家族の生活がかかっていると、そうもいかないので、無理もしちゃうわけで、けど、無理したってうまくいくわけがないので、どうも昨年はアカンかった、と、そんなことになっちゃったわけです。

その状態は現在も継続中なので、かなりしんどいのですが、生活のためにはトレードしないわけにはいかない。
けど、長引いてきたので、なんとなく客観視も可能となり、落としどころというか、なるべく相場から離れつつ、鬱との折り合いをつけられそうなトレード方法も見つかりそうなので、なんとかしようとしているところです。

トレード生活長いと、誰でも、多かれ少なかれ、プライベートの問題は絡んでくると思うのですが、みなさんも、そんなときは、焦らず(まあ、無理なんですけどね)、自分を客観視して、うまく冷静に対処できるようになればいいと思います。
どんなときでも、その時々の状態に応じて、それ相応のトレード方法というのはあると思いますので、じっくり考えてみられたらいかがでしょうか。