先日、ラジオnikkeiのとある番組を聴いていたら、何かの雑誌の編集長だかデスクだかが、書籍を紹介するコーナーで、その内容に関して「自己実現」という話をしていたんですね。

その本や内容のことはどうでもいいのですが、その人が、こういうことを言ってたんです。
”投機は違う”けれど、投資は自己実現の手段である

ここで「投機」と「投資」が同義か、それとも別物か、という議論は避けますが、少なくともこの人は違う意味で言ってます。

この人が「投機」というのは、要するに即物的で単なる金儲け的な意味合いのことです。
「投機は違う」というのは、単なる欲望による金儲けだから、「自己を高めるものではない」ということを言っていたわけです。
それに対して「投資」は企業の財務を調べたり、色々な物事を調べ勉強するから、「自分を高めるのに役立つ」ということを言っているわけです。

早い話が「投資」が上で「投機」が下ということです。
こういう「投機は金儲け主義だから駄目」「投資は企業や財務や社会のことなんかを学ぶからエライ」的な認識というのは、自分で投資で稼いでいない頭でっかちのインテリに典型的な物言いなんですけれど、私に言わせれば、何おためごかし言ってんだ、って感じです。

投資だなんだかんだ言ったところで、オマエラの目的だって金儲けだろ? って。

投資してる人の本心だって、ほとんど全員が「金儲けしたい」で、もしも一攫千金で1億儲かるなら、手段なんか投機でもなんでもいい、というのが、ほぼ全員の本心でしょう。
別に企業や社会や金融のことを学ぶ目的で投資やってるわけじゃないですよね。
「投資はエライ」とかなんとか言ったって、楽して儲かる手段があったら、誰もそんなもん勉強しませんよね?

要は、投資は「楽して金儲ける」ことだという誤った認識があるから「うしろめたい」んですよ、その「うしろめたさ」を誤魔化すために、「投資は経済や社会や企業や金融を勉強するからエライ」みたいな論理を彼らは作り上げるわけです。


ま、そこのとこに怒ったんじゃなく、「投機は自己実現ではない」という物言いに怒ったんですが、正直、久々に投資ラジオで、ものすごくムカつきました。
ふざけんなボケ、と。

この人の言い分とは全く正反対に、著書に書きましたけれど、欧米のトップトレーダーというのは、インタビュー記事でしばしば、トレードをする最大の動機として
自己実現
を上げているんですよ?
彼らのやっていることは、この人の言うところの「投機」です。

要するに、私は努力すればこれだけのことが出来る、自分はやれば出来る人間なのだ、なんだって可能なのだ、などということを、世の中と、特になによりも、己自身に対して証明したいという強い欲求が、トレードを必死で頑張る原動力になっている
というわけです。

この人が分かっていないのは、この人が言う「投機」で儲けられるようになるためには、それはもう、血のにじむような努力が必要で、必死の努力で練習を積み重ねて技術を高めていくことが必要だ、ということで、それは技術的な物事であるから、単なる知識学習であるファンダメンタルズ学習よりもずっとハードルが高い、ということです。

そもそも、目的が「金儲け」である以上、学習量や学習過程に「自己実現感」を感じていたらおかしいわけで、投資成績が「稼げていて」はじめて、自己実現感を感じるわけですよね?
言い換えれば、手段が投資であれ投機であれ、努力の結果が稼げているなら、自己実現感を感じるわけで、投資はよくて投機はよくない、なんてのは支離滅裂です。

もしも、知識や情報を大量に得ることでカシコクなった気分、自分が高みに上った気分で満足しているならば、それは本来の「手段」だったものが「目的」にすり替わっているわけで、そういうのは「自己実現」ではありません、
そういうのは
「自己満足」
というんです。

スポーツであれ楽器であれ料理であれ造形であれなんであれ、努力によって技能を高める作業を繰り返した後に、あるレベルに到達したときの感動というのは、世の中で
最も自己実現感を満たしてくれる物事
のひとつです。

すなわち「投機」は、ある種の人々にとっては、自己実現のための非常に有効な手段のひとつなのです。

そんなことも分かってない人がデスクだか編集長だかをやってる雑誌は、ちょっとろくなもんじゃなさそうだな、と感じました。