私は、相場歴20数年以上、などと著書などに書いているので、そこからだいたい年齢は想像がつくと思いますが、実は、数年前まで車の免許を持っていませんでした。

なんでこの歳まで免許がなかったのか、というと、20歳で一人暮らしを始めたので、純粋に免許を取るほど金がなかった、というのと、昔はバイクにはガンガン乗っていたのですが、私、視力がものすごく悪いんです。

0.01とか、そーいうレベルです。
桁間違ってませんよ(笑)

若い頃はそれこそ、年々、視力悪化が進行していってたのですが、夜、バイクに乗っているときに、物が見えないんです。
普段は割と慎重で怖がりな性格なのですが、バイクに乗ると人格が変わって暴走気味(笑)なせいもあって
「あ、こりゃそのうち事故って死ぬな」
と思って、乗るのをやめて、免許を失効したんですね。
当然、夜、物が見えないのは車でも同じことですから、車の免許はそのまま取らないで来たわけです。

けど、まあ、家族を持ったり親が歳だったり、いろんな家庭的な理由で、やはり車があったほうが便利だ、ということと、家を建てて車の駐車スペースがタダになったとかいう理由もあり、一年発起して免許を取りに行ったわけです。

ま、当然、車の免許なんて若い人ばっかりですから、若い人に交じって一人ヒゲヅラ(なんです)のオッサンがいるのは、かなり浮いてました。
正直、かなり居心地が悪くて恥ずかしかったですね。
「家族のため」と思って頑張ったんですが、案外大変でした。

というのは、最初は「歳食っているぶん、人生経験が豊富だから教習もなんとかなるだろう」と思っていたのですが、逆なんですよね。
年齢的に反射神経が鈍っているとか、思考力や記憶力が落ちているとかいうのはむろんあるんですが、そういう面のことではなくて、若い頃というのは、「授業」のような形態だとか、「試験」のような形態を当たり前のように日常的に体験しているじゃないですか、だからそういう形のものごとは、当たり前のように慣れているんですよね。
私のようなオッサンで、しかも会社員で研修などもなければ、そんな形のものは30年ぐらいやってなかったりするので、教室に座っているだけでもしんどいんですよ。
30年ぐらいやってないので、試験や授業みたいな形態に、既に耐性がなくっているんですよね。
これが自発的に趣味で行った投資講座なら、まだ興味があるからいいですけども、そうじゃないですもの。


でもまあ、なんやかんやで一応、無事に試験も一発合格し、めでたく免許は取れました。
それから今のところは無事故無違反で車に乗ってます。

で、教官は結構オジサンが多いですが、私のような年齢の人は少ないので、教習で同乗すると、若い人に話せないような話なんでしょうね、色々と話をしてくれるんです。
ぶっちゃけ、若いヤツへのグチも多かったですよ(笑)

私が免許を取りに行ったのは夏休みあたりだったんですが、夏休みだから免許取りに来る大学生って多いでしょう、と聞いたら、違う意味でこの時期は多いんです、と教えてくれました。
どういう意味かというと、春の入学シーズンに免許を取りに来るんだけど、途中で挫折してしまうヤツがとても多い。
教習を休止できる期間が半年だったかな? そのぐらいなんで、その挫折した奴らが、期限ぎりぎりなので、夏休みに仕方なく再度続きを取りに来る、という話でした。


はい、何が言いたいのか、もうお分かりかもしれませんが、トレードも免許も、挫折しちゃ駄目です、ってことです。
正直、この年になって免許を取るなんて無理かもしれない
もし取れても、運転が危なっかしいかもしれない
などと思ったのですが、不可能だと思えても、頑張れば私のような中年のオッサンでもなんとかなるもんなんです。

要は、諦めずに、根気よく頑張ること、続けること、これですね。

トレードなんて、何度も言いますが、何度も練習して上手くなるものですから、そんなに簡単に上達するわけありません。
春にちょっと免許取りに行って、すぐに諦めるような態度、一度や二度の敗北で諦めるようでは、トレードもうまくなりません。
何度失敗しても、諦めずに延々と続けていれば、いずれはそれなりに上手くなるものです。


というか、それなりにトレードで生活している人というのは、本当にトレードが好きな人で、そういう人は、要するに、諦められないんですよね、諦められないから、また性懲りも無く、何度でもチャレンジしちゃう。
多くの相場師、トップトレーダーが、一度は全財産を失うぐらいの失敗をしたエピソードを書かれていますし、それでも諦めず、働いて資金を作ったとか、親族に借金して資金を作ったとか、書いてます。
言い換えると、そういう風に「どうしても相場を諦められない人」でないと、トレードで成功しない、と言えると思います。

ただし、これは著書にも書いた話ですが、このことを成功法則の本の「嘘」のように捉えてはいけません。
「そういう人は必ず成功する」ということではありません
それは成功への要件ではあっても、それを持てば成功が約束されるわけではありません。
成功する人たちの何倍、何十倍、何百倍もいる大損して破綻する人々も、また、「どうしても相場を諦められない人」たちであることは、よく心しておく必要があります。