このところの相場は、方向感の見えない、ある種の膠着相場だと言っていいと思います。

証券会社というのは投資家を煽って参入させるのが商売ですから、日経平均が高くなると、ここぞとばかりに「今がチャンス」みたいなポジティブな宣伝や肯定的な見方をバンバン出してきますが、通常、高値圏でこういう膠着が起きたときは、1,2段(今は二段目?)のプチ上昇があって、いずれ、一度は大幅下落になるケースのほうが多いと思います。
むろん、外部環境頼みの相場ですから、暴落すると予測するわけではなく、実際に下がるか上がるかは分かりませんが。

著書にも書いたように、相場師の多くが「相場では待つことが一番難しい」と書いています。
トップトレーダーの多くが「待つ技術は高度な技術で、一番難しい」と述べています。

本気でトレードする人ほど「やりたい症候群」があるのが、相場のやっかいなところです。
それも無理からぬ話で、そもそも、稼ごうと思って参加したのに、何もしなければ絶対に利益が出ないわけですから、「やろう」としてしまうのは当然なのです。
特に、生活がかかっていれば、なおさらです。
一生懸命な人ほど、無理矢理に参加したりしますが、結局は、損が増えるだけです。

私自身、ある種の物事に対しては非常にせっかちで、「何かしていないと気が済まない」タイプの人間ですので、その気持ちはよく分かります。
いつも、我慢するのに苦労してます(笑)

ツナギ売買がひとつ有利なのは、膠着相場で建玉をスクエアにしたとき、一応「建玉を持っている」ことです。
むろん、スクエアなので損も益も出ません、実質は建玉がゼロの状態と変わりませんが、心理面では全然違います。
建玉があると、「相場に参加している」という感覚になるのです。
これが、建玉ゼロのときは、「何もしていない」という意識になるので、気が焦って無理に参加しようとしてしまいがちなのですが、建玉を持っていると「現在も参加している」という意識になるので、「やりたい気持ち」が抑えられます。

結果、じっくりとチャンスを待つことが、より容易になるのです。
このメリットは、著書に書き忘れたと思います。


あと、最近私が発明(笑)したのは、待つべきときにゲームをやる、という方法です。
何を言ってんだコイツは、と思われるでしょうが、冗談ではないです(笑)

私は元ゲームレビュワーで、雑誌のゲームレビューなどを執筆していた海外ゲーム専門ゲーマーだったんですが、ここ15年ほどは全くゲームをプレイしなくなりました。
が、最近、昔の懐かしいゲームがスマホ版で出ているので、ちょっとやってみたら十数年ぶりにゲームをプレイするようになった、っていうだけで、別にゲーム好きじゃないんですけどね、たまたま、今の興味がソレだというだけで、ふと「あ、コレ意外と有効だな」と気づいたという。

ゲームじゃなくて、漫画を読むでも映画を見るでも本を読むでも何でもいいんですが、要するに
相場の他に、自分の興味を強く惹くことを、意識的に、無理矢理にでもする
ということです。
つまり、そのことによって
相場への興味がいくぶんかそがれるので、無駄な参戦が抑えられ、待つことができやすい
ということですね。

ゲームは最近の発明(笑)ですが、昔の造形仕事関係で懇意にしていた編集さんから連絡があり、その関係でやるべき造形作業が最近多いのですが、昔から、回避したいときに造形に「逃げる」のは、いい手段になっていますね、私の場合。

私の経験上ですが、そういうときは「このところ膠着相場で相場に参加できないから、今のうちに相場の勉強でもしとこう」なんて思うのは、割と駄目なんです。
どっちも同じ相場がらみですから、ついつい、相場に意識が行っちゃうんで、あまり無駄な参戦の回避作業にはなりません。
なるべく、全く相場と無関係なことをする、遠いほど良い、と言えます。

あと、スポーツをしに行く、とか、外出するのは良さそうなんですが、実際にはイマドキはどこに居てもスマホひとつで手軽に相場が見られてしまいますので、「見てしまいたい」意識があれば、外だろうが家のPCの前だろうが構わず見てしまうので、外出自体はあまり有効な回避にはならないようです。

問題は、その「興味を惹くこと」が、ゲームのような、いわゆる「娯楽」であれば、当然真面目な人は「サボってる」といううしろめたさがつきまとうんですけれど、そこは、あくまでも、コレは相場を待つための作業だ、と自分で納得して、なんとか割り切ることが必要です。
たとえば楽器の練習だとか手芸の上達だとか、相場以外で勉強する本を読むとか、なんらかの建設的作業であれば、その割り切りも、もう少し簡単になると思います。

まあ、20年以上相場やってますけど、待つのは、本当に今でも難しいですねぇ