我が家は毎年、年末になると大掃除をします。

大掃除すべきなのは、家だけではなく、トレードの情報も同じではないでしょうか。

著書にも書いたように、初心者の大きな勘違いのひとつが
情報が多いほど勝てると思う症候群
です。
実際のところ、情報というのは、まともに使いこなす能力がない限り誤ったバイアスを生み破滅へと導く恐ろしい罠です。

ぶっちゃけ、大量の情報を集めてプロ顔している人でも、その全ての情報が本当に必要で、本当に活用しているのか、といえば、おそらくノーでしょう。

相場師は、情報は少ないほど良い、と述べていますが、その境地に行き着くまでに、ほとんど誰もが「情報を選択し捨て去る」作業を繰り返し行います。

ミーハー投資本を捨てるのは、その最たる例です。

いまだに、こうした整理段階は、私も続いています。
今年は、昨年までつけていたデータの6割ほど、チャートの多くを、去年の年末でつけることをやめました。
むろん、「やめても支障ない」と判断したからですが、実際、やめてからも、特に成績に変わりはありません。

著書に書いたように、データの大半は、本当にきちんと考えれば、「トレードに役立つ」わけではないものばかりなのですが、だから駄目だというわけではなく、毎日のデータつけなどのルーチンワークは、それよりも
プロ意識を養うため
に役立つので、ある程度初心者の方には、必ず行うようにお勧めしてます。

ですが、慣れてきたら、不要なものは捨てて良いのです。
著書に書きましたが、私なんか元プログラマーで自作投資ソフトを作っていたので、初心者のときは各種テクニカルの意味はもちろん、演算方法まで覚えてましたが、そんなもん不要だと悟って忘れる努力をした結果
今じゃ綺麗さっぱり忘れてしまいました(笑)
初心者に聞かれたら、難しいのはすぐに答えられないので、「馬鹿だコイツ」と思われると思いますね(笑)

いいんですよ、そんなもんなくても。
だって、なくても儲かるんですから。
トレーダーというか、世の中の多くの人が間違っているのは、「知識が多いほどエライ」という思い込みです。
我々個人トレーダーからすれば、テクニカル分析を100個緻密に説明できるMIT出身のアナリストと、中卒で難しい漢字も読めないぐらいアホでも毎月投資で稼いでる人と、どっちが尊敬できるかっていったら、絶対に後者ですよね。
テクニカル分析を何個知ってようが、ただラジオで喋ってるだけみたいなヤカラには用はないんです。
国際テクニカルアナリスト協会の資格なんて意味の分からないものがありますが、国際テクニカルアナリストの人たちが大金儲けて億万長者になったー、すげー! って話、全然聞きません。
そのことを考えたら、テクニカル分析そのものを熟知していることと、稼げるかどうかは全然関係ない、ということがすぐ分かると思います。