前回、林輝太郎氏が主張されているのは、要するに相場における「うねり取り」であって、そのうねり取りというのは、右肩上がりの相場ではなく、むしろ方向性がないときに、最も効果を発揮する、と述べましたけれど、そういえば、自著で「うねり取りが本当に威力を発揮するのは、方向性のない相場である」ということを、あまりきちんと詳しく述べていなかったかなぁ、と気づいたので、もうちょっと書いてみます。
次版では著書も修正したいと思います。

で、なぜ、うねり取りが方向性のない相場で威力を発揮するかと言えば、そもそも、初心者投資家がやろうとするのは、上がる銘柄を探して、一発で買おうとする、というやり方です。
このやり方でも、相場に明確な方向性がある場合は、比較的儲かりやすいわけです。
右肩上がりの相場が続くのであれば、どこで買っても、保持していれば、それなりに利益が出るわけで、それほど「技能的な実力」は必要ないんですよね。

私が投資の勉強をしている頃、割とそういう時期がありました。
その頃に、儲かりやすい相場で投資に参戦して大金を儲けた人たちが「私は実力がある」と勘違いしていて、当時初心者だった私から見ても「これはひどい」と思えるぐらい、本当に馬鹿みたいな中身のないスカスカの本を出したりしていたのですが、そういった人たちが、その後も設けたという話は全く聞きません。
今でも投資の入門書の9割は駄本だと思いますが、それこそネット証券の戦国時代には、本当に、今とは比べものにならないぐらいに、水準の低いミーハー投資本が山のように出ていた時期があるんです。
今でもあまりにひどくて覚えているのは「投資は簡単な方法で儲かるんです。25日移動平均線が上を向いているときに買えばいいんです」というだけの本ですね(爆)
ホント、それだけしか中身がないんですよ(笑) それをすんごい薄めて、何十ページにも渡って書いてある。
ま、そりゃ確かに、必ずしも間違いではないんですが、一行で済むところを、わざわざ本で読むこっちゃないし、それが適切に出来れば誰も苦労してない、って話ですよね(笑) 

話がズレましたけど、そういうわけで方向性がはっきりしている相場というのは、割とあてずっぽうに買っても儲かるわけです。
そういうやり方をするレベルの人は、あまり空売りはやりませんけれど、空売りだって、明確な下げ相場なら、結構適当でも儲かるわけですよ。

ところが、方向性がはっきりしない相場というのは、なかなかに難しい。
価格が不規則に行ったり来たりするわけですから、なかなか、いわゆる「当て物」的な買い方をしても、すぐに下がってしまったりして、儲けるのは難しい。
そういう相場で、真価を発揮するのが、「波乗りの技術」です。
いわゆる価格の波のうねり、そのうねりから利益を得る、それが「うねり取り」ですね。

うねり取りというのは、技法の名称ですが、そのうねり取りを具体的に実行する方法が、分割した建玉の操作ということになるわけで、分割売買(ナンピン)の技法、ツナギの技法、要するに
建玉操作の技術
ということになるわけです。
それが上手なのが「実力がある」ということですね。

いわゆる「右肩上がり相場」というのは、昔は何年も続いたものですが、今では、サイクルも短くなっています。一年という短い時間で日経平均のチャートを見れば、一年の多くの部分は、あまり方向感が見えないことが多いですし、昔から俗に「相場の7割は方向感がない」などと言われます。
方向感がない時間が多いということは、それこそ、そうした時間から利益を得る技術が大切になってくるわけで、そこで威力を発揮するのが「うねり取り」です。

うねり取りこそが相場、といわれるゆえんもそこにあります。