だいぶ間があいてしまったんですが、今年のノーベル経済学賞は
行動経済学者のリチャード・セイラー博士
が受賞したようですね。

著書にも書いたようにノーベル経済学賞は
実はノーベル賞ではない
上に
主張が真っ向から対立する2人に賞を与えるような、かなりいいかげんな賞
で、遺族に
ノーベルは墓の下で激怒してるだろう
なんて言われちゃってるぐらいのアレな賞なんですが、まあ、それはさておき、とりあえず
セイラー博士、おめでとうございます。

私、投資の聖杯: ~投資常識の嘘~ 本気で勝てるトレーダーになりたい人のためのバイブルにセイラー博士の引用を載せたかどうか忘れましたが・・・ってなんで忘れてるかって、あの本は、書くときに大量の引用をピックアップして、あとからその中から文脈にあいそうなものを選んで掲載したので、最終的に採用したかどうか分からなくなってるわけなんですが、とにかく、あの本を書く上で、かなり、セイラー博士の本はかなり参照しています。

そもそも、投資の聖杯を執筆しはじめた頃は、今ほど行動経済学はポピュラーではありませんでしたし、なによりも、行動経済学の創始者である、ダニエル・カーネマン自身が書いた本がまだ存在していなかったので、文献が少なかったわけです。

私が行動経済学を勉強し始めたのは、たしか20代だと思うんですが、その頃は「行動ファイナンス」の呼び名が普通でした。

うちの父は、実は某国公立大学の経済学部の教授だったんです、過去形なのは定年退職してるからです。
著書でもちょっと触れてますが、もうちょっと詳しく言うと、国公立大学の経済学部教授ですし、政府の税制調査会の委員なども務めていて、園遊会にも呼ばれてるし勲章も貰ってるので、経済学では、それなりのエライ人です。

余談ですが、その園遊会で頂く皇室饅頭がウチの猫に食われたのは内緒です(笑) 陛下を崇拝するお年寄りとかからしたら神罰喰らいそうなぐらいに失礼な話ですよね、いや、だってわざとじゃないもん、気づいたら喰ってたんだもんw

その父に、「行動ファイナンスを勉強してる」と言ったら、「そんなものは聞いたことがない」と言われたという(笑) まあ、冗談のようで、今では信じられない話ですが、私が20歳代の頃の最初は、そのぐらいマイナーだった、ということですね。

そんなところからはじまってますから、ぶっちゃけて言えば、最初は「勉強するのも大変だった」んですよ。

本の中でも触れたように、行動経済学は、特に日本では「行動経済学の専門家を自称する人にさえ、間違いが目立つ」と言われるぐらいですから、なるべく、カーネマン以外の文献に頼らず、カーネマンの残した言葉を頼りにしていたのですが、さすがに限界があります。

そこで、次の手段で、カーネマン自身が「この人は大丈夫」的なお墨付きを与えた人の本だけを参考にしたのですが、その中で、セイラー博士の本には大いに助けられました。
セイラー博士の本は、正確であるだけではなく、なによりも「行動経済学を知らないど素人にも分かるように、非常に平易な言葉でとっつきやすく書かれている」ことが素晴らしいです。

セイラー博士の本がなかったら、「投資の聖杯」は完成していなかったでしょうから、感謝に堪えません。

セイラー教授の行動経済学入門
リチャード・セイラー
ダイヤモンド社
2007-10-27



実践 行動経済学
リチャード・セイラー
日経BP社
2009-07-09