前回書いたように、私は7月末あたりまでには、日経平均が暴落するんじゃないかと思ってたので、ちょっと時期がズレましたけど、ようやく来た感じですね。

本日8月11日は祝日でお休みですので、日本の相場はありませんが、夜間相場で225先物は19350円まで下落しています。
なんと日中から360円の下げですんで、2日間ほどで、一気に700円前後下がってることになります、すごいですね~

これは為替が円高に振れているせいもあると思うんですが、このへんの説明は、株式ディーラーと為替ディラーで普段から正反対になることもあり、逆に言うと先物が落ちたから為替が円高になった、とも言えます。

まあ、とにかく特筆すべきは、これまで日経が横ばいだった、下げないで踏ん張っていたときは、為替が円高に振れてもあまり下げない、すなわち感応度が低く、円安になると結構日経が戻す、すなわち感応度が高めという、明らかに良いとこ取りみたいな感じだったのが、そうじゃなくなった、ということです。

相場の雰囲気が変わってきてると思います。

以前も書いたんですけど、さすがにここまで膠着相場が続いて下げないと、誰もが「そろそろヤバいんじゃないか」なんて心の片隅では感じていたはずですので、それが実現したとき、そんな風に漠然と感じていた人々がどう動くかどう感じるか、ですね。

まだ、休み中の為替相場やNY市場などの動向がありますから、週明けにどうなってるかは分かりませんが、基本、海外勢がバカンス休暇で薄商いですから大きく動きやすいですね。

これまで書いてきたように、相場というのは、いいときには良いものしか見ないのですが、悪くなってくると、悪いものばかり見るようになります。
そういう意味では、為替相場もそうですが、これまで無視してきた悪い材料は目白押しですね

北朝鮮動向がひとつの要因とされてますが、もしそうなら、あの国は9月9日の建国記念日になにかやらかすのは間違いないので、当面、そこまでは緊張が続くでしょう、という話になります。
もっとも、アメリカ人のほとんどは「北朝鮮?? それ、どこにあんの?」ぐらいな認識で、普段は考えもしてないぐらいだと思いますから、米国勢が動かしている日本相場が北朝鮮情勢でここまで振れたという説明は、個人的には?だと思ってます。
まあ、起きるべくして起きた下落の、はじまりのひとつのきっかけにすぎないんじゃないかと。

なにしろ、これまで動きがないぶん、相場のエネルギーがたまっているので、相当ハデに動くと思います(というかすでに動いてるんですが)。
動きがあまりに急激すぎると、乗っかろうにも乗っかれませんよね、そのへんが難しいところですが、こういうケースは、ある程度まで続くことが多いので、出遅れでも乗っかる試みをしたほうがいいと思います。
私的には、そういうことになるだろうかな、と考えて、あらかじめ売り仕込みしてあったので、今回の急な下落はありがたいですが(笑)

ま、こういうときに「エネルギー」なんて漠然とした言い方で、相場に主体意識があるような物言いをするのは良くない的なことを著書にも書いてますけど、現実需要供給、いわゆる「実需」というやつですよね、そのへんの関係で、大量に買っている勢力がいるはずで、それが手じまってくるから暴落するとか、理屈はあるわけです。

とにかく、相場というのは、「下げないと上がらない」わけで、循環を繰り返して動くもので、それが「健全な相場」というものです。
これまでの30年来の記録的膠着相場が「異常」だったんですから、これでやっと、相場に健全な動きが取り戻されるなら、それに超したことはないと思います。

週明けがどうなるか、楽しみであり、怖くもあり、相変わらず胃が痛いですな~(笑)