トレーダーズ・グレイル

トレードの世界を探求するプロトレーダー増田蔵人の気まぐれ更新ブログ 本当に勝てる投資家になるためのブログ

トレーダーは地道な職業

世の中で、漠然と投資を捉えている人は、投資とはギャンブル的なもので、当たれば一攫千金、というようなイメージを持っています。

また、よくメディアに「投資で3億円稼いだ」などという人が登場するために、余計にそういうイメージが固定しています。

一応、職業としてトレードをしていると、何か「もの凄い稼いでる」と思われがちなんですが、全然そんなことはありません。
というか、誰しも、なんとなくレベルでは「一攫千金、億円単位で儲かったらいいなぁ」という希望を持つ、夢を持つのは当然なのですが、現実的に考えて、それが可能か、というと、また話は違ってきます。

私にもそういう希望がありますが、正直に言うと、私は
ものすごい小心者なのです(笑)

理論上、100万円儲かるトレードができる技能があるなら、当然、その建玉を10倍にすれば1千万円儲かる、100倍にすれば1億円儲かるわけです。
しかし、理屈はそうなのですが、人間というのは面白いもので、100万円ならちゃんとトレードできても、1千万円ならばうまくいかない、ということが往々にしてあります。
もちろん、これは心理的な問題によるもので、言うなれば
トレードのスケールが身の丈に合っていない
から起きる問題です。

私の場合は、千万円単位なら、まだなんとか(精神的に)大丈夫(かなりあやしい)だけれど、億円単位になったらもうヤバい、という「身の丈」です。
それも、通常目指しているのは「普通に苦労しないで生活できるだけの稼ぎ」という欲のないもので、たまたま相場状況が良いときは、大きく儲かることあるので家を建てたりしましたが、あくまでもそれは「偶然の幸運」に過ぎず、目指したものではありません。

たとえば宝くじで億単位のお金を当てた人の多くが、その後に生活がおかしくなって破綻するとか、トレードで偶然億単位の利益を上げた人が、その後破産した、などという話は、非常によく聞く話です。
メディアというのはプラス面にしか光を当てませんので、「宝くじで3億円当たっていいなぁ」とか「トレードで何億儲けていいなぁ」と思わせるような話ばかりが出てきますが、そういう人の「その後」を詳細に調べると、大半が破綻していたりします。
実際、宝くじで高額賞金を当てた人の、人生の破綻率は非常に高いのですよね、破綻しなくても、嫌になって最後には慈善団体に全額寄付した人とかたくさんいます。
そういう事実からしても、私に限らず、ごく平均的な庶民の一般水準として「突然の億単位」は、「身の丈にあわない大きさ」と言えると思います。

たとえば事業を興してじっくり稼いでいき、次第に億円に近づくなら、同時に耐性もできていくのでしょうが、あまりに急激に億円儲かると、心理がついていかなくなります。

もちろん、何億円を取り回しても、全然平気なトレーダーもいますけれど、そういう人はあくまでも特殊な人種だと思うべきで、果たして
自分にあう身の丈はどのぐらいなのか?
ということは、きちんと考えるべきでしょう。

そもそも、資金が数十万円しかないのに、億単位を儲けたいなんて初心者の希望はどだい強欲が過ぎる話です。
著書にも書いたように、プロの相場師でも年間10%儲かれば相当に「良い」、30%は幸運の産物、などというレベルですから、資金が500万円なら、50万円の利益、その程度のレベルを目標とすべきです。
あくまでも「目標」の話で、それ以上稼ぐな、という意味ではありませんから、50万円を目標にしていたら1千万円儲かることもあるでしょうが、1千万円を目標としてはならない、ということです。

また、トレードというのは「うまくいく時期」というのが必ずありますから、そういうときは、かなり早いペースで資金がどんどん増えていきます。
こういうときは、金額の大小にかかわらず、自信過剰になって欲をかき、注意しないと必ず失敗しますので、あえて目標を小さく持つべきです、稼ぐというより「この増えた資金を減らさない」というぐらいでちょうどいいと思います。

いずれは億円稼ぎたい、という「夢」を持つのは当然良いですし、私もバフェットのような億万長者になりたいですが、「夢」はあくまで「夢」で、「目標」は違います。
いや、最終目標が1億円というのは、ある意味で切磋琢磨する原動力になるので良いのですが、それはあくまでも「最終」であって、「当面の目標」は別に設定すべきです。
資金が50万しかないなら、まずは100万を目標とするべきで、次は500万、1千万、と段階的に引き上げていくべきなのです。
少しずつ増えていけば、同時に金額に対する精神的な耐性もついてきます。

自分で言うのもなんですが、小心者の私が、長くトレーダーを続けられるのは、この「身の丈にあった目標を持って、欲をかかない」ためだと思っています。
もちろん、初期には身の丈にあわない目標を持って、何度も大損失をやらかした経験があります。

トレードに「強欲」は絶対に御法度で、面白いことに欲を出したとたん、たちどろころに失敗するのがトレードというものなのです。

急がば回れ
という言葉もあるように、ゆっくり地道に進んでいくことが、結局はゴールへの一番の早道だと思います。



ただし、注意してください。
井上陽水の歌に
「限りないもの、それが欲望」
という歌があります。
トレードの世界では、3億円を目標として3億円儲けた人は、ほとんど全員が、そこで引退しません。
3億円儲かったら引退して悠々自適の生活を送るよ、などと宣言していた人でも、まず引退はせず「3億儲かったんだから、次は10億儲けよう」となるのがトレードの欲望泥沼世界なのです。
そうして、最後は破産した人、自殺した人がどれほど多いかは、
4度以上の破産を経験し、「私の人生は失敗だった」と書き残して最後は拳銃で頭を撃ち抜いて自殺した、伝説のトレーダー、ジェシー・リバモア
の例を引き合いに出すまでもないでしょう。





うねり取りの効力

前回、林輝太郎氏が主張されているのは、要するに相場における「うねり取り」であって、そのうねり取りというのは、右肩上がりの相場ではなく、むしろ方向性がないときに、最も効果を発揮する、と述べましたけれど、そういえば、自著で「うねり取りが本当に威力を発揮するのは、方向性のない相場である」ということを、あまりきちんと詳しく述べていなかったかなぁ、と気づいたので、もうちょっと書いてみます。
次版では著書も修正したいと思います。

で、なぜ、うねり取りが方向性のない相場で威力を発揮するかと言えば、そもそも、初心者投資家がやろうとするのは、上がる銘柄を探して、一発で買おうとする、というやり方です。
このやり方でも、相場に明確な方向性がある場合は、比較的儲かりやすいわけです。
右肩上がりの相場が続くのであれば、どこで買っても、保持していれば、それなりに利益が出るわけで、それほど「技能的な実力」は必要ないんですよね。

私が投資の勉強をしている頃、割とそういう時期がありました。
その頃に、儲かりやすい相場で投資に参戦して大金を儲けた人たちが「私は実力がある」と勘違いしていて、当時初心者だった私から見ても「これはひどい」と思えるぐらい、本当に馬鹿みたいな中身のないスカスカの本を出したりしていたのですが、そういった人たちが、その後も設けたという話は全く聞きません。
今でも投資の入門書の9割は駄本だと思いますが、それこそネット証券の戦国時代には、本当に、今とは比べものにならないぐらいに、水準の低いミーハー投資本が山のように出ていた時期があるんです。
今でもあまりにひどくて覚えているのは「投資は簡単な方法で儲かるんです。25日移動平均線が上を向いているときに買えばいいんです」というだけの本ですね(爆)
ホント、それだけしか中身がないんですよ(笑) それをすんごい薄めて、何十ページにも渡って書いてある。
ま、そりゃ確かに、必ずしも間違いではないんですが、一行で済むところを、わざわざ本で読むこっちゃないし、それが適切に出来れば誰も苦労してない、って話ですよね(笑) 

話がズレましたけど、そういうわけで方向性がはっきりしている相場というのは、割とあてずっぽうに買っても儲かるわけです。
そういうやり方をするレベルの人は、あまり空売りはやりませんけれど、空売りだって、明確な下げ相場なら、結構適当でも儲かるわけですよ。

ところが、方向性がはっきりしない相場というのは、なかなかに難しい。
価格が不規則に行ったり来たりするわけですから、なかなか、いわゆる「当て物」的な買い方をしても、すぐに下がってしまったりして、儲けるのは難しい。
そういう相場で、真価を発揮するのが、「波乗りの技術」です。
いわゆる価格の波のうねり、そのうねりから利益を得る、それが「うねり取り」ですね。

うねり取りというのは、技法の名称ですが、そのうねり取りを具体的に実行する方法が、分割した建玉の操作ということになるわけで、分割売買(ナンピン)の技法、ツナギの技法、要するに
建玉操作の技術
ということになるわけです。
それが上手なのが「実力がある」ということですね。

いわゆる「右肩上がり相場」というのは、昔は何年も続いたものですが、今では、サイクルも短くなっています。一年という短い時間で日経平均のチャートを見れば、一年の多くの部分は、あまり方向感が見えないことが多いですし、昔から俗に「相場の7割は方向感がない」などと言われます。
方向感がない時間が多いということは、それこそ、そうした時間から利益を得る技術が大切になってくるわけで、そこで威力を発揮するのが「うねり取り」です。

うねり取りこそが相場、といわれるゆえんもそこにあります。

ナンピンの有効性

最近、何が原因なのかよく分からないのですが、ちょくちょくブログを見てくださる方も増えてきて、著書のほうにもAmazonでぼちぼちユーザー書評も書いて頂けるようになり、ありがたい限りです。

この先、もしかすると、ホントに「もしかすると」レベルなんですけど、個人的に、もうちょっと書籍のことで面白い展開も待っているかもしれません。


まあ、小心者なので、書評は悪口書かれたらヘコむので、なるべく見ないようにしてるんですけどね(笑)
そこはそれ、どうしても気になるので、うっかり見ちゃったり(笑)
漫画家さんとかでナイーブな方は、ユーザー書評でボロカスに言われて、精神的に凹んで漫画書けなくなったりする方もいるみたいですね。


さて、そんなこんなで、せっかく書評書いてもらってるので、こんな質問的書き込みがあったので、ちょっとお答えしておきます。

林輝太郎の相場の受け止めの考え方は
日経平均が右肩上がりの時代にはうまくいくのですが、
方向性のない現代には危険すぎる方法です。
この根本のところを著者はどう考えているのか。


どう考えてるのかお答えします(笑)
ていうか、正直に申しますと、「うーん???? ごめんなさい、ちょっとよくわかりません」という感じです。

まず、林輝太郎氏が現役でおられた期間は、決して相場は右肩上がりばかりではありませんし、氏の本を読む限り、その相場のとらえ方が「右肩上がり」に対してである、というのが、全然理解できないので「ちょっとよくわかりません」という感想になるのですけど(笑)

私は林氏の全著書を10回以上は通読していますが、一度も「右肩上がりの相場向け」だという風に感じたことはないですね。
むしろ逆です。

私が、初心者が誰もが通る「株は買って儲けるもの」という「買い一辺倒」の世界から、「ああそうか、相場は買いも売りも全く同等なんだ」「下げ相場でももみ合い相場でも儲けられるんだ」と理解できたのは、林氏の著書のおかげですし、それはもちろん、氏が「売りで儲けるということを当たり前に説いておられる」からです。
言うまでも無く、売りで儲けるということは、右肩上がりどころか、右肩下がりの相場に対する方法論だということですし、実際、氏は「売りを重視すべきである」と「空売り」についての本も書かれています。


林氏は「うねり取り」の方法論を主体に論じていらっしゃいます。
林氏が根本的に言っておられるのは純粋に「常に上下する波に対して、いかに技術によって利益を上げるか」ということであり、そのための技法である「ナンピン」や「うねり取り」を説いておられるわけであります。
決して、相場の方向性に左右されるようなことを説いているわけではなく、逆に「どんな相場でも利益を上げられるのがプロであるから、相場の方向性は関係ない」ということを言っているわけです。

だから、林氏の方法論が、右肩上がりに対してだ、というのが理解できないのですが、推測するに、これは林氏の教えを、行間にある本質を読み込まず、たとえばナンピンならば「下がっているところを闇雲に買えばいつかは上がるから利益になる」という風に捉えているからではないでしょうか。
林氏の言説を、こういうとらえ方で読んでしまうのは、「株は買うもの。上がったら儲かるもの」という、お馴染みの先入観があるからだと思うのです。

ナンピンを「技法」と捉え、「下手なナンピンが駄目」だと言う以上、それは「上手にやれば良い」ということであって、「適切なときに、適切に使う」からこそ「技法」と呼ぶので、考えなしに、ただひたすた、ナンピンで買うわけではありません。
適切なときに、適切に使う、とは、もちろん、買い相場だけではなく、売り相場でも使う、ということで、ナンピンは売り相場でも大変有効であり、「買うためのもの」ではありません。

そもそも、右肩上がりの相場では、林氏の説くような、うねり取りやナンピンはそれほど重要な技法ではありません。
それほど技術レベルが高くなくても、右肩上がり相場では、比較的簡単に儲かるからです。
林輝太郎の相場の受け止めの考え方は日経平均が右肩上がりの時代にはうまくいくのですが、方向性のない現代には危険すぎる方法です。
というのは全く逆で
林氏が説いておられる考え方、うねり取りが最も威力を発揮するのは、近年の相場のような方向性のない「もみあい相場」なのです。

もみあいにおいては、単純に一方向にずっと価格が動かないため、一発買いしてずーっと建玉を保持するだけで儲かる、などという風にはいきません。
そこでは、上下する価格の波に対して、いかに細かく建玉を操作して利益を確保していくか、ということが重要になります。
それが、林氏の説く「ツナギ売買」であり、「うねり取り」の真価であります。

以上のように、私は、林氏の教えは、バブル崩壊後の相場のような近年の相場で、昔以上に有効な方法論だと思っています。
ひたすら右肩上がりではない相場だからこそ、林氏の教えるような方法論が必要となってくるのです。






オーナー紹介 増田蔵人
フリーで造型、PC関係等の仕事を多岐に渡り担当、関連雑誌等のライター。本名で著書が十数冊ある。
投資歴は30年。近年ライターとしての仕事が激減したため、プロトレーダーとして生計をたてるに至る。
2015年、ライター生活の集大成、トレーダー啓蒙書『投資の聖杯 ~投資常識の嘘~ 本気で勝てるトレーダーになりたい人のためのバイブル』を電子書籍でリリース。
最新コメント
ツナギ売買の入門と実践 [増田蔵人 著]


  • ライブドアブログ