トレーダーズ・グレイル

トレードの世界を探求するプロトレーダー増田蔵人の気まぐれ更新ブログ 本当に勝てる投資家になるためのブログ

自己実現

先日、ラジオnikkeiのとある番組を聴いていたら、何かの雑誌の編集長だかデスクだかが、書籍を紹介するコーナーで、その内容に関して「自己実現」という話をしていたんですね。

その本や内容のことはどうでもいいのですが、その人が、こういうことを言ってたんです。
”投機は違う”けれど、投資は自己実現の手段である

ここで「投機」と「投資」が同義か、それとも別物か、という議論は避けますが、少なくともこの人は違う意味で言ってます。

この人が「投機」というのは、要するに即物的で単なる金儲け的な意味合いのことです。
「投機は違う」というのは、単なる欲望による金儲けだから、「自己を高めるものではない」ということを言っていたわけです。
それに対して「投資」は企業の財務を調べたり、色々な物事を調べ勉強するから、「自分を高めるのに役立つ」ということを言っているわけです。

早い話が「投資」が上で「投機」が下ということです。
こういう「投機は金儲け主義だから駄目」「投資は企業や財務や社会のことなんかを学ぶからエライ」的な認識というのは、自分で投資で稼いでいない頭でっかちのインテリに典型的な物言いなんですけれど、私に言わせれば、何おためごかし言ってんだ、って感じです。

投資だなんだかんだ言ったところで、オマエラの目的だって金儲けだろ? って。

投資してる人の本心だって、ほとんど全員が「金儲けしたい」で、もしも一攫千金で1億儲かるなら、手段なんか投機でもなんでもいい、というのが、ほぼ全員の本心でしょう。
別に企業や社会や金融のことを学ぶ目的で投資やってるわけじゃないですよね。
「投資はエライ」とかなんとか言ったって、楽して儲かる手段があったら、誰もそんなもん勉強しませんよね?

要は、投資は「楽して金儲ける」ことだという誤った認識があるから「うしろめたい」んですよ、その「うしろめたさ」を誤魔化すために、「投資は経済や社会や企業や金融を勉強するからエライ」みたいな論理を彼らは作り上げるわけです。


ま、そこのとこに怒ったんじゃなく、「投機は自己実現ではない」という物言いに怒ったんですが、正直、久々に投資ラジオで、ものすごくムカつきました。
ふざけんなボケ、と。

この人の言い分とは全く正反対に、著書に書きましたけれど、欧米のトップトレーダーというのは、インタビュー記事でしばしば、トレードをする最大の動機として
自己実現
を上げているんですよ?
彼らのやっていることは、この人の言うところの「投機」です。

要するに、私は努力すればこれだけのことが出来る、自分はやれば出来る人間なのだ、なんだって可能なのだ、などということを、世の中と、特になによりも、己自身に対して証明したいという強い欲求が、トレードを必死で頑張る原動力になっている
というわけです。

この人が分かっていないのは、この人が言う「投機」で儲けられるようになるためには、それはもう、血のにじむような努力が必要で、必死の努力で練習を積み重ねて技術を高めていくことが必要だ、ということで、それは技術的な物事であるから、単なる知識学習であるファンダメンタルズ学習よりもずっとハードルが高い、ということです。

そもそも、目的が「金儲け」である以上、学習量や学習過程に「自己実現感」を感じていたらおかしいわけで、投資成績が「稼げていて」はじめて、自己実現感を感じるわけですよね?
言い換えれば、手段が投資であれ投機であれ、努力の結果が稼げているなら、自己実現感を感じるわけで、投資はよくて投機はよくない、なんてのは支離滅裂です。

もしも、知識や情報を大量に得ることでカシコクなった気分、自分が高みに上った気分で満足しているならば、それは本来の「手段」だったものが「目的」にすり替わっているわけで、そういうのは「自己実現」ではありません、
そういうのは
「自己満足」
というんです。

スポーツであれ楽器であれ料理であれ造形であれなんであれ、努力によって技能を高める作業を繰り返した後に、あるレベルに到達したときの感動というのは、世の中で
最も自己実現感を満たしてくれる物事
のひとつです。

すなわち「投機」は、ある種の人々にとっては、自己実現のための非常に有効な手段のひとつなのです。

そんなことも分かってない人がデスクだか編集長だかをやってる雑誌は、ちょっとろくなもんじゃなさそうだな、と感じました。





気持ち悪い日々2

前回、最近の相場は気持ち悪い、と書きましたけれど、あくまでも「感覚的」なものですので、その根拠というか、理由を説明するのは困難です。

ですが、あえて、あくまでも「あえて無理に」説明するとすれば、というレベルの話ですけれど、ひとつに、最近の相場解説が上げられます。

私の個人的な視聴の範疇なんですが、ネットでの相場解説ビデオであるとか、ラジオ番組であるとか、そういうものに、いわゆる無責任なアナリストだとかなんとか、要するに相場を解説する人たちがたくさん出ているわけです。
どだい、彼らの言うことは、いつも無責任で適当なんですが、そういう彼らでさえ、少し前までは「いくらなんでも最近の相場は行きすぎだ」とか「上がる理由が分からない」とか「あれやこれやの数字がこうなってくると、過去の事例から言えば暴落が近い前兆で、かなり怖い」みたいなことを、かなり言ってたんですね。

基本、彼らは「楽観論でメシを食っている生き物」ですので、経験的に言えば、ああいう人たちが、こういうことを言い出すのは、かなり「末期」なんですけど、その彼らが、今度は、そういうことを次第に言わなくなってきた。
なんで言わなくなってきたかっていうと、なかなか、いつまで経っても暴落しないからですよね。

けど、経験から言うと、彼ら無責任な相場解説者が、がこういう風に手のひらを返したときっていうのは、本当に「末期の末期」なんです。
その「悲観論→楽観論」の手のひら返しが、2、3回続く場合もまれにありますし、アベノミクスの長期連続暴騰相場なんかはそんな感じでしたけれど、とにかく、かなり終末期に近づいているのは確かだと感じます。

著書にも書いたように、相場解説がこぞって楽観論を言い出したり、一般雑誌などまでが投資を勧めるようになったら、それは相場の上昇も末期で、暴落の前兆と言われていますが、ま、そんな感じで、相場においては、信用できる指標なんてものは、ほとんど存在しないんですが、あえて割と信頼できるのが「解説者の傾向」だと思います(笑)
著書に書いたように、アナリストの予測を集めた指標というのが米国には存在するのですが、どんな指標もほとんど当てにならない中で、唯一、これが見事なほど当たっているのですよね。
むろん、アナリストが上昇を示唆したら売れ、みたいな逆張り指標としての意味ですけれどね(笑)




気持ちの悪い日々

最近、夏風邪が治らなくて気持ち悪い・・・わけではなくて、6月26日の記事に
最近の相場は方向感が見えなくて、こういう相場は下に行きやすい
という話を書きましたが、いまだに同じレベルでぐだぐだと横ばい状態になっています。

体感的には、これほど狭い値幅でこれほど長く横ばいが続いた時期というのは、あまり記憶にないのですが、あくまでも体感的な感想でチャートを調べたわけではないので、確実ではないですよ。

で、体感ということで言うと、とにかく、ここ1ヶ月以上ぐらいの相場は
何かとてつもなく気持ちが悪い
と感じます。

今回は特に、米国のマーケットが主導的にそうなのですが、かつては自国の金融緩和の出口論で一喜一憂したりしていたはずなのに、今は完全に「ポジティブ解釈のみを採用している」状態です。
ヨーロッパの利上げ論もそうだし、とにかくあらゆるものが「ポジティブなだけ」に解釈されてます。
トランプ政権の問題であるとか、イギリス離脱の混沌とであるとか、FANGの急落であるとか(Facebook,Amazon,Netflix,Googleの略。米国IT4強)、特に国内株を動かすのは海外の機関投資家で、機関投資家は最も政治的不安定を嫌うのに安倍政権の問題が無視されてるとか、もし雰囲気がネガティブであれば、下げの材料になるものは事欠かないのに、それらは完全に無視されています。

いい材料ばかりを取り出して悪い材料は完全無視し、どちらにも捉えるられる材料はポジティブに解釈してネガティブ面は見ない、というのは、相場が強い上昇相場のときには、必ず見られる現象なので、そのこと自体はそう異様ではないのですけど、その具合というか、強さとでも言おうか、その感じが
今までにないぐらいに過剰に行きすぎている
感じが個人的にはするんです。

あくまでも個人的な感覚の話ですから、数字的な裏付けがあるわけではないですが・・・というか、数字的な裏付けで分かるような物事ならどこのファンドも暴落で損したりはしないわけで、相場の動きとはそういうものではないのですが・・・自分が30年ぐらい相場を見てきた中では、アベノミクス初期のものすごい上昇相場でも、これほどの極端な楽観感覚は受けなかったですし
こんな気持ち悪さは感じなかったです

どう言ったらいいんでしょうね、たとえば、地震が来る前に犬が本能的に不安を感じて騒ぎ出すとか、なんかそんな感じの直感的というか本能的というか、感覚的な不安感がずーっとつきまとっています。
私個人は、自分の感覚は大切にしたいので、現状では様子見、もしくは売りスタンスで、とてもじゃないけど楽観して買いにいく気にはなれません。

相場は水物ですから、これを持って、今すぐ暴落すると予測するわけではありません。
相場は予測するものではない
が私の信条ですから、そんなつもりはさらさらないですし、このあとまだ米国の経済指標次第では暴騰するかもしれませんが、いつ来るかは別として、こういう時期の後には、今度は無視してきたぶん、必ず
ネガティブな側面ばっかりを見るようになる相場
が巻き戻しとして来るのが相場の常です。

それは「しごく当たり前の話」で、上昇だけ続いたら、今頃日経平均は天文学的価格になっているはずですから、上昇と下落を交互に繰り返すのが相場の常です。
これを昔の相場師達は、相場は循環現象であると言ったわけです。

ともかく、楽観視が強ければ値良いほど、楽観時期が長ければ長いほど、そのリワインドは巨大になりますので、
現状では、非常に慎重に注意を怠らないことは必要だと思います。

特にこういうバブル的な場面では、誰もが心の底では薄々「いいかげん上がりすぎじゃないのか」「そろそろ暴落するんじゃないか」などという漠然とした不安を抱えてますので、何かひとつのイベントをきっかけとして180度、マーケットの解釈がポジティブ一辺倒からネガティブ一辺倒に変わることが多いですから、政治的なイベントなどがある日には注意したいですね。








オーナー紹介 増田蔵人
フリーで造型、PC関係等の仕事を多岐に渡り担当、関連雑誌等のライター。本名で著書が十数冊ある。
投資歴は30年。近年ライターとしての仕事が激減したため、プロトレーダーとして生計をたてるに至る。
2015年、ライター生活の集大成、トレーダー啓蒙書『投資の聖杯 ~投資常識の嘘~ 本気で勝てるトレーダーになりたい人のためのバイブル』を電子書籍でリリース。
最新コメント
ツナギ売買の入門と実践 [増田蔵人 著]


  • ライブドアブログ