トレーダーズ・グレイル

トレードの世界を探求するプロトレーダー増田蔵人の気まぐれ更新ブログ 本当に勝てる投資家になるためのブログ

このまま戻すのか

昨日は、ようやくの調整を経ましたが、引けにかけて戻し、結構、小幅な下げにとどまりました。
これまでの上昇幅を考えると、かなり控えめな下げと言っていいでしょう。
本日は、また戻し、相場の強さを示しました。

まあ、著書に書いているとおり
調整なんていうのは、解説者や初心者にとって、都合のいい誤魔化しの言葉
です。
基本的に、何が調整という定義がないので、上昇を望むバイアスがあれば、下げは「調整」と言えてしまうわけです。
一方で、売り派の人にとっては、その下げは「下げ」でしょう。
要は、調整というのはバイアスの産物であり、希望であり、願望であり、トレーダーの行動を狂わせる魔物の概念です。
行動経済学で言うところの、システム1を機能させる要因となるのが、こうした誤った認識です。

相場には、上昇と下落しかありません
そう思うほうが、遙かに健全な物の考え方です。

とはいえ、相場には需給というものがありますから、ある程度の下げを経ていかないと、上にいかないことは事実です。
ある程度相場が強くなると、たとえば、「日本株はあれだけ強いんだから、当然ポートフォリオに組み込んでんだろうな」というユーザーの要求というか圧力があったりして、ファンドが組み込み比率を上げないと仕方ない、とか、「いついつまでに、ファンドのパフォーマンスを良く見せておかなければいけない」なんていう風に、いろんな大人の事情で、「買わざるを得ない」という場面ができます。
現在は、そんな風に、猫も杓子も買わないといけない状況というのがあるわけですが、そういうのは、ある段階で手放されるので、それがどこか、というのが問題なわけです。
先物なんかの手口を見ても、既に大手のファンドは相当量の買い越しをしてますので、その反動も恐いですね。
健全な上げを期待したい場合は、ここらで、もっと大きく下落したほうがいいのですが、どうも無理に戻している感があるので、このままだと、そのうち、どうなるんだろうなぁ、という不安感はぬぐえません。

我々古い投資家というのは、度重なる暴落を経験しているので
下落恐怖症
になっているんですよね。
まあ、その経験をうまく生かせれば、決して、恐怖症は悪いことではなく、慎重さを持ちうる上で、プラスの材料ではあるのですが。


思い込みは大敵

ブログを頻繁に書こうと思ったら、どうしても「今日はああだこうだ」「こうなると思う」みたいな話を書かないと、スペースが埋まらないわけですが、何度も書いてるように、そんなのは、ホントはどうでもいい話なんですね。

ただ、可能性を考えることは、悪いことではありません。
脳内バリエーションはあればあるほどいいです。
しかし、著書で述べているように、「可能性を考えること」と「予測」は全くの別物です。
これまでも、ああだこうだ言っているのは、あくまでも、テキトーな漠然とした可能性です。

こうした相場で起きうる可能性を、解説者はよく「シナリオ」と呼びますが、アレは実際には可能性ではありません。
シナリオ、という呼び名は、間違いを表していて、言い得て妙なのですが、映画や演劇のシナリオというのは、「完成型を作り出す、目的を達成するための、設計図」です。

これは、つまり
初めに結論ありき
ということです。

こうなってほしい、こうなるだろう、という前提を(無意識にでも置き)そこに向かう図を描いてみせるわけです。

あの物の考え方は、すでに
大きな誤ったバイアスになっています。
シナリオに応じてものが動く、シナリオどおりに行かなかったらおかしい、なんて考えるのは、トレードでは愚か者です。
初心者の方は、決して、解説やアナリストの言う
シナリオなんて愚かな言葉に惑わされてはいけません
あんなのは、馬鹿のたわごとです。

どこまで行くのか

本日で、週末、かつ、2月相場が終わりです。
2月は日数が少ないので、なんだか早いですね。

さて、日経平均は週足、月足とも、続伸ということになります。
個人的には、ずーっと日経が低迷している時代から、チャートを手で描いているので、はじまった時点での価格位置が低いわけです。
それが、今や方眼紙の一番上に近づいてきました。

日経は、非常に強いようですが、少しずつ、上値が重い印象はあります。
とはいえ、月末、週末で、一時下落していて、引けにかけて上昇するというのは、とても頑張っている印象です。

昨日今日、解説を聞いていて笑ってしまったのが、複数の解説者が「じりじりと上がっている、こういう相場はなかなか下がらない」などと言っていたことです。
今週の値幅を見れば、全く「じりじり」じゃないんですよ、手でチャートを描いていると、その印象は「めったにない急騰」な感じです。
それがなぜ、「じりじり」なんて話になるかといえば、直近2,3日の印象がそう思えるからで、これは
アンカリングの一種で、解説者もモロに認知のトラップに騙されているわけです。

まあ、何度も書いてますが、個人的には、あまりいい印象を持ってはいません。
というより、猫も杓子も楽観的になったときは、プロは慎重な見方を崩してはいけません。
みんなが買うようになったら、売りです。
よく「暴騰相場では、馬鹿になって買え」と言いますが、
馬鹿になってはいけませんよ

まあ、これも何度も書いてますが、私の場合はスパンも値幅も悠長に見ているので、今すぐ暴落するとか、そういうことを言っているわけではありませんし、こういう相場は短い、と言っても、あと1,2週間で終わるとか、そういうことではありません。
私も長期的には上だと思いますが、相場は一本調子で上げることはないので、そろそろ、慎重になろう、ということです。
言い換えると、上手ならば、ここまでの上昇で、充分利益が出ているはずだから、もうそろそろ、充分だと思ってもいいだろう、という前提があっての、慎重さの話です。

最近の相場の特徴は
海外市場との連動性が薄れてきたこと
と、なによりも
為替との連動性がずいぶん薄くなった
ことです
まあ、私は今はドル買いポジションなので、どっちかってーと、連動してくれた方がいいんですが(笑)

ここ数回の大きな上昇は、先物主導という話もありますし、期末のドレスアップのためだという説もあります
ドレスアップというのは、ファンド勢は、期末なので、成績をよく見せなければならないから、やっきになって持ち上げてくる、ということです。
まあ、そーいう理由はどうでもいいのですが、もしそうなら、反動は大きくなる可能性もあります。

とにかく、各種の数字は、相当に「過熱」「買われすぎ」「高値圏」を示しています。
こういうテクニカルの数字は、著書にも書いたように、それほどアテになるもんではないので、高い値に貼り付くときもありますが、基本、そういうのは、それほど長期間は続きません。

今日週末の売買代金は、3兆円を越えてます。
SQでもなく、特別に大きな材料もないときで、3兆円を越えるのは、結構最近では珍しいです。
週末と月末が重なったこともあるんでしょうが、いかに多量に資金が入ってきているかの証拠ではないでしょうか。
問題は
そーいうことはどうでもよくて、唯一肝心なのは、いったい、いつまで続くのか
ですね

今の段階は
十数年ぶりの高値
ですから、ほとんど、みんな、どうしていいのか分からない水準なんですね
十数年、塩漬けを作っていた人も、やっと手じまえたりする水準です。
ここでは、みんな、おっかなびっくり、手探りでやっている状態だと思います。


ここで高値をどんどん買い上がっていく材料があるかと言えば、すぐは難しいと思います。
材料なんてものは、主観的な解釈で、同じものでも、重要になったりも、無視されたりもするし、買いになったり売りになったり
そらもう、いいかげんなもの
ですが、著書で述べたように、テクニカルが「売買のきっかけ」として最強のツールとして機能するのと同様、材料も「きっかけ」にはなります。
その「きっかけ」の強いものが、今は、あまりなさそうだ、ということです。

まあ、本当に「相場が上がりたがっている」ときは、どんなささいなことでも「無理矢理に重大な買い材料にしてしまう」というのが、相場なので、実際にどうなるかは分かりませんが。
案外、トントンいってしまうかもしれません。


オーナー紹介 増田蔵人
フリーで造型、PC関係等の仕事を多岐に渡り担当、関連雑誌等のライター。本名で著書が十数冊ある。
投資歴は30年。近年ライターとしての仕事が激減したため、プロトレーダーとして生計をたてるに至る。
2015年、ライター生活の集大成、トレーダー啓蒙書『投資の聖杯 ~投資常識の嘘~ 本気で勝てるトレーダーになりたい人のためのバイブル』を電子書籍でリリース。
最新コメント
ツナギ売買の入門と実践 [増田蔵人 著]


  • ライブドアブログ