トレーダーズ・グレイル

トレードの世界を探求するプロトレーダー増田蔵人の気まぐれ更新ブログ 本当に勝てる投資家になるためのブログ

銘柄選びの重要性

著書に書いたように、投資では
銘柄を選ぶべきではありません

というより、銘柄選びは、勝つための方法論なんかでは、まるで「無い」ということです。
銘柄選びは、より良い結果を出すために、プロがより良い楽器、より良いゴルフクラブを選ぶということであり、決して「良い楽器があれば、誰でも名演奏ができる」わけではありません。
初心者投資家が完璧なまでに誤っているのは、「素人の自分でも、良い楽器さえ持てば、プロの演奏ができる」と思い込んでいるところです。

本当に勝てる投資家になりたいならば
ランダムに選ばれた銘柄でも、利益が上げられる技術、実力を持たなければなりません
銘柄選びは、あくまでも、まず、その実力があり、その上で、よりベストに実力が発揮できる場を選ぶ、ということです。

詳しいことは、著書に書いているので省きますが、こういう話の前提は
投資に参入するほとんどの初心者の望みは、たくさん稼ぎたい
ということであり、それは
なるべく短期間で稼ぎたい
という願望です
初心者投資家の大半は、そうした希望を持っているので、著書で前提としているのは、そうしたトレードを行う人を対象とした話です。
長期トレードについても、分散投資についても、別枠で解説しましたが、ひとつ書き忘れたことがあります。
これはとても申し訳なかったのですが、完璧に頭がそこにいきませんでした。

それは何かというと
銘柄選びなんか、まるで重要ではない
という根本的な主張には変わりないのですが、ひとつ例外がある、ということを書き忘れました。

それは何かというと、長期投資と似ているようで少し違うタイプの長期投資をする場合、です。
ここで言う長期投資というのは、いわゆる、長期の結果、商品を売却するときに利益がでる、というタイプの投資ではなくて
配当であるとか、スワップであるとか長期間の間に確実に発生する地道な収益を得るため
のものです。
分散投資とも似ていますが、いわゆる長期投資、分散投資は、最終的に金融商品の売却利益を得ることが主体ですが、このケースでは、配当などを得ることが目的であり、最終的な売却価格は気にしない、というところが違います。
最近では、よく「自分年金」なんで言われるようなアレですね。
こういう場合は、いくら配当が欲しくても、無配当の銘柄を選んだら意味がありませんから、むろん、選択する銘柄がものを言います。
年金的な、地道で確実な収益を得たいわけですから、売買は、積み立て的になっていきますし、そうそう銘柄は入れ替えません、そういう意味で、最初の銘柄選びはとても大事です。

これも極論するなら、本当にトレーダーに実力があるなら、ずっと生活できるだけの利益は得られるはずです。
頑張れば、老後の資金までちゃんと稼げるはずなので、心配することもないのですが、いくら頭では分かっていて、そうは言っても、現実には不安がつきまとうのが人間です。
そうした一種の安定収入のようなものは、とても魅力的であると思いますから、短期トレードをしつつも、そうしたものを組み立てていく、というのは、悪くない選択だと思います。
重要なのは、それによって「安心感」が得られるということで、精神の健全性が保たれるならば、それが、短期のトレードにも、ポジティブな影響を与えるだろう、というところです。

ただ、だからといって、他のトレードと同じで、安直に投資解説者や投資売文家などの
メディア芸人
の言うことに飛びついてはいけませんよ。確実に損します。

本日の相場

前にも書きましたが、NYダウは「経済がいいと下がる」という、訳のわからない状況になっています
昨夜も、経済指標が「思ったより悪かった」ので、上がった、という、意味不明な理由によって、大幅に戻したことになっております。
これがマーケットの面白いところです。
まあ、実際の理由が本当はどうかは分かりませんが、ここしばらくの間、NYダウは、いわば量的緩和というエンジンによって後押しされて前進してきたわけです。
そのエンジンがとっぱずされる、という状況は、みなさんに未知の状況なので、誰もが漠然とした不安感、恐怖感を感じているのは事実です。

もう少し突っ込んで言うと、量的緩和は「効果が無い」という人、あるいは「悪い影響のほうが大きい」という学者もいます。
しかし、現実に、後知恵バイアスに基づくと、米国で効果があると証明されてしまったわけで、その方法論が、今現在、日本の市場に使われている、という事実関係は、よく考えると、強力な後押し材料になるのは事実でしょう。


日経は、ここ2日連続の下落でも、相変わらず新高値銘柄は多いですし、騰落レシオも130台をキープしたままです。
そういう意味で、数字で見ると下げているように見えますが、個別銘柄を毎日チェックしていると、思ったほど下がっていないという状況です。
要するに
全然下げ足らない
わけです。
そのまま、一気に19000円まで戻してしまい、本日も続伸しそうですので、こういうのは、あまりいい感じではありません。
健全な上げには、健全な下げが必要です。
ここ数年ぐらいのダウの上昇と、時々はさまる大きな下げが、理想的な形に近いと思いますね。


だいたい、株なんてのは、これはグレッグ・カプラの表現だったかと思いますが、「初心者は株式市場に株券が積んであって、買えばそこから株券が手に入るように感じている」のですが、そうではなくて、相手側に売り手がいるものです。
絶対数が決まっていて、売り手が必要ということは、永遠に無限に買うことはできないわけで、そこを、もっと、ちゃんと考えないといけませんが、初心者の脳には、その考えがすっぽり抜けてます。

私は、ほぼ一日、NHKのラジオでニュースを聞いているんですが、普通のニュースでも、株が上がったニュースなんかは流しますよね
で、一般的な放送であればあるほど、その理由が、経済だったり、業績だったり、要するに「素人にも分かりやすい」解説になっている気がします。
これはおそらく、一般人には「先物主導」なんていう単語は通じないし、ましてや「SQ」とか「オプション」なんて意味がわからないから、分かりやすい理由をつける癖がある、ということでしょう。
私の個人的な感想ですが、ここしばらくの上げは、そういうニュースで言っているようなものではなく、SQとオプションがらみのもの、それに、ファンドの決算絡みという部分が大きいんじゃないかと思ってます。
むろん長期的には、先行きは明るいとは感じますが、短期的には、そういう理由があるので、4月あたりから、どうなっていくのか、誰も読めない未知数の相場だと思いますね。



大幅続落

と、ありがちなタイトルをつけてみました。
本日は大きく下落するんじゃなかろうか、と思ってましたが、案の定、大きく下げました。

19000円の大台は、やっぱり硬いですね
心理的な節目、みたいな話ばっかりが解説で聞かれますが、19000円とか、ジャストの値というのは、オプションに関係する価格ですから、上げたくない勢力もいる。
そのせいで、なかなか抵抗力が強いんですが、なぜか、解説ではこういうことは、ほとんど言いませんね。
解説なんか、いいかげんですからね。

今日も、ネットで解説を見ていると、ドル円が122円をつけた瞬間に、懸念されて一斉に売りが出た、という解説が多いんですが、正直、???という感じです。
どっちかっていうと、122円をイベントトリガにした売買システムが起動して先物に売りが出たため、それにフィードバックループが起きた、というのが、どっちかというと主な理由ではないでしょうか?
なんせ、誰もが高値警戒感を持ってますから、一度崩れ始めると、「ああ、やっぱり来たか」と、雪崩を打って売りに走っても不思議はありません。
常に強い上昇が崩れるときは、そんな感じです。

以前から、そろそろ下がるんじゃないか、と言ってきましたが、今、下がったからと言って
ホラ、だから俺が言ったじゃないか
なんて後知恵バイアスで威張ったりはしませんが(笑)
ここから、まだ下げるのか、戻すのか、どう動くかは不明ですが、私が思っているのは、この程度の下げではなく、もっと大きな値幅のものですので、これだけでは、全然、物足りないという感じです。
今までの上げ幅を考えると、この先、健全に上げるには、18000円台前半まで戻したほうがいいです。

オーナー紹介 増田蔵人
フリーで造型、PC関係等の仕事を多岐に渡り担当、関連雑誌等のライター。本名で著書が十数冊ある。
投資歴は30年。近年ライターとしての仕事が激減したため、プロトレーダーとして生計をたてるに至る。
2015年、ライター生活の集大成、トレーダー啓蒙書『投資の聖杯 ~投資常識の嘘~ 本気で勝てるトレーダーになりたい人のためのバイブル』を電子書籍でリリース。
最新コメント
ツナギ売買の入門と実践 [増田蔵人 著]


  • ライブドアブログ