トレーダーズ・グレイル

トレードの世界を探求するプロトレーダー増田蔵人の気まぐれ更新ブログ 本当に勝てる投資家になるためのブログ

トレーダーのリスクとリワード

先日、とあるトレード本(米国の本)を読んでいたら、仕掛け位置に対して、損切りを-1としたら、利益確定を2として注文を出す、という話があり、そこに「リスク・リワードレシオは1:2になる」と書いてありました。

リスク・リワードレシオというのは、要するにそのトレードに期待される、損と利益の比率です。

これに対して、翻訳者の人がまえがきに「仕掛け位置からの距離が違えば、そこに到達する確率は同じではないので、これを1:2と言うのはおかしい」と書き、ご丁寧にも「価格が上下に動く確率を半々(50%)とすれば、本当のレシオは」と計算までしていました。

私は、翻訳者というものは、著者の主張や思想、内容がどうであれ、それをできるだけ正確にそのまま翻訳するのが正しいと思っていますから、評論家ではなく、翻訳者が独自の判断で著者の主張を間違いと指摘するのは、そもそも、いかがなものか、と思うんですが
ま、それはともかく、この指摘を見ても、訳文を見ても、この翻訳者はトレードをしてないんだろうなぁ、と感じました。

確かに、この訳者の理屈は正しいのです。
理論的には正しいのですが
トレーダー的な理論では間違いなのです

なぜなら、そもそも、トレーダーというのは
己の能力によって、マーケットから稼ぐことができる
と信じている生き物だからです。
この最大の大前提を置いた上で、トレードを行うのですから、価格の動く方向性を見極められると信じているのです。
トレーダーが仕掛けるときは、当てずっぽうに、価格がどっちに行くかも分からずに仕掛けるなんてことはあり得ません。
価格が自分にとってプラスの方向に動く可能性が高いと見極めて仕掛ける、少なくとも、トレーダー自身はそう信じているからこそ仕掛けるのです。
トレードの本である以上、それは「自分の能力で価格の行方が見極められる(ある程度利益が上がる程度には)」と信じている前提から物事が始まるわけですから、価格が上下に行く可能性が50%だなんていう前提は全く無意味なわけです。
そんな前提を置く人間は、要するに「効率的市場仮説主義者」であって、自己裁量でトレードをするなんてことしません。
買仕掛けなら買仕掛けで、上がる可能性が高いと踏んだ上で仕掛けるわけですから、要は上がる可能性は50%ではなく70%や80%、90%だとトレーダーは思っているわけで、その場合のリスク・リワードレシオは、1:2どころか、確信の度合いによっては1:4にも1:5にもなるのです。

頭の硬い確率論者から「んなの無茶苦茶で非論理的じゃん」と言われても、そうなんですから仕方ありません。
最初から、トレーダーというのは、「マーケットから自己の能力でお金を稼ぐことが可能である」という決して証明できない前提が「正しい」と信じている上に存在している、偏った存在なのです。
純粋な論理性だけのリスク・リワードレシオを硬く信じる人間は、そもそもトレードをやりません。
なぜならそうした純粋に数学的に正しいだけの論理性を信じる人間は、価格の上下移動も必ず50%であると信じますし、それだとリスク・リワードレシオは、必ずコスト分マイナスになるので、絶対にトレードでは勝てないからです。
成り立ちからして数学的には証明不可能で非論理的な存在が「トレーダーというもの」なんですから、そこにある理屈が数学的に無茶苦茶だって仕方ない、というか、それでいいんです、そういうものです。

チャート分析なんか、結局は何の根拠もない主観的な思い込みで、魔術や幽霊を信じることと、そう変わりませんもの。

トレーダーの一部は、数字の理屈をこねくりまわすが好きですが、いくら彼らの言う理屈が正しく見えようとも、「トレーダーの能力によって、トレードで継続的に利益を上げ続けることが可能である」という根本を数学的に証明していなければ、その理論は単に、証明もされていない「トレーダーは必ず勝てる」という曖昧な確信を前提とし、その前提を証明するためだけに都合良く作り出された偏った理論に過ぎません。
極端に言えば、宇宙人存在派の人たちが、宇宙人が存在する証拠をいかにも論理的に、いくらでも挙げてくるのと同じです。
けれど、「トレーダー否定派」の人の本を読めば、全く同じように「数字をこねくりまわして、トレーダーが儲けられることを否定する理論がわんさか出てくる」のです。

あのマンデルブロでさえ、マーケットは解き明かせなかったのです。
当たり前の話なんですが、もしも「その手の数学的理屈をこねくりまわす投資本」が言うように、純粋な数学的理論だけで本当に確率的優位性が作り出せるのであれば、これだけ天才的な人材を集めてスーパーコンピューターを駆使している会社が、いまだに無限の利益を得ていないとは考えられません。
むろん、そうなれば、無限の利益を生み出されて、とっくに金融マーケットは崩壊しているはずです。
そこを考えれば、一見数学的に正しいような理屈をこねくりまわしていても、実は単に「トレーダーは稼げる派」に都合の良い偏った論理を振り回しているだけだと気づくでしょう。
トレードの本において、数字で理論武装している本があまり信用おけないのは、こういう理由です。




本日の障害

本日、大手証券会社で大規模な接続できない事件が発生し、それも数時間続きました。
リアルタイムでラジオを聞いていたところによれば、数時間後には一部証券会社は「接続できるようになった」と言い張っていたらしいのですが、実際には楽天証券、野村證券、SBI、DMM、ヤフー、Amazonの一部サービス、NTTドコモやKDDのサービスなど、多くの場所で接続できない状態が続いていたようです・・・・当然、そんなんですからサポート回線もパンクして電話は繋がらなかったようです。

なお、ネットを見ると、サイトや時間帯によって、接続「できた」「できない」の話があり、結局、人(環境や地域?)によって異なったようです、ちなみに私は、引けまで、楽天証券に接続できませんでした。
ぶっちゃけ、私、楽天でポジション持ってましたんで、大きく損しましたけどね・・・(T.T)
この怒りはどこにぶつけりゃいいんだろう

あ、そうそう、私はやってないんですけど、楽天で一日信用取引をしている人の元には、こんなメールが来たそうです。
このメールは、14時45分時点で以下に該当するお客様へ送付しています。
・いちにち信用の建玉を保有している
本日返済されなかった建玉については、翌営業日(信用期日)に反対売買を執行いたします。
その際の取引手数料は、オペレーター料金が適用されます。
いやもう、ふざけんなボケ! って感じですねw
以前から感じてるんですけど、規約で決まっていることは別として、楽天証券は顧客への誠意が感じられない物事が多すぎだと思います。
私も何度かメールでサポートに問い合わせしたことがあるんですが、返信が発達障害のDQNがマニュアル丸写ししたみたいなんだよ、いつも。
同じ内容の返信でもさ、せめて、誠意の感じられる文面をもうちょっと考えようよ。


まあ、損したとはいえ、死ぬほど大損したわけでもないので、こんな風にブログの話題にできてますが、中には人生終わったぐらい損をした人も当然いるでしょう。
そんなんなったら、のんきにブログなんか書いてる場合じゃありませんよね、ひどい話です。
約款では、こういう場合の損失は補填されないことになっているので、泣き寝入りですからね。

破産するほど大損された方々には、お悔やみを申し上げるしかありません。

結局、その後、理由をきちんと調べてないんで、北朝鮮のサイバー攻撃なのかなんなのか、現時点では私は分かってないんですけども、なんにしろ、ネットトレードする人は、こういうことも想定していないといけませんね。

しかし、なにより気になったのは、これが、経験的には有数の大規模なサーバーダウン?だということです。
私は、ほとんど一日中、NHKニュースをラジオで聞いているんですが、この事件、少なくともNHKのニュースでは夜のニュースまで一度も報道されなかったんですよ。
どう考えても、これだけ大規模な事件が報道されないっておかしいです(追記:後で分かったところでは、これほどの障害は過去最大だそうです)。
北朝鮮のテロが懸念されたから報道規制の圧力がかかったのか、なんて思うんだけど、いったい、なにがどうなってんだろう

追記:専門的な話になりますが(一応私はPCの専門家です)原因はテロではなく、BGP(経路制御Border Gateway Protocol)の情報に、間違った経路情報を流してしまったネットワーク事業者がいたせいのようです。
OCNが相互接続している海外の大手ネットワーク事業者が、OCNに転送すべきIPに対して自社のネットワークに転送していたとのことで。
経路障害が及んだIPは世界で約10万、日本国内が約2万5000。これほど大規模な障害は過去に例がなく、おそらく過去最大とのことです。



話変わって
最近の日経平均は、想定どおりと言いますか、やっとこさ、待望の弱含みを演じていますね。

待望の、って、自分が売りスタンスだったから「待望」なだけなんですけど(笑) っていうわけでもなくて、とにかく下落前の数ヶ月の膠着相場は異常なほどでしたし、あのままでは、どうしたって上昇はできません。
相場っていうのは、上に行くには、一度は下げないと上げが起きないわけで、買い方にとっても、今回の下落は悪いことではないんですよね。
下がるほうが、言うなれば「健全な相場」であって、数ヶ月間、ものすごい狭いレンジで膠着してたのがむしろ「異常な相場」で「不健全」なんですよ。
何度か書いたように、30年ぶりぐらいの記録的な小動きだったらしいですからね。
だから、今回の下落は、トレーダーそれぞれのスタンスは別にしても、歓迎すべきことだと思います。



話を本日の障害に戻しますが、我々がインターネットを使い始めた頃は、インターネットの脆弱性は当たり前に言われていたのですが、いつのまにか、インターネットが無いと生活できないようになってしまい、全く言われなくなりました。
今度の事件は、あらためてその脆弱性を暴露した形ですね。
一般人で、インターネットがどういう仕組みで動いているのか、日本で出したメールが、あっという間に地球の裏側まで届いてしまうなんていう、複雑怪奇なネットワークがどういう風になっているのか、知っている人は多くないと思うんですが、これだけははっきり覚えておきたいことは
インターネットというのは、基本的に脆弱な構造のもの
なんです。
その構造上、一切の安全性は保証できませんから、インターネットの普及期には「重要な仕事の書類はネットでは送るな」とさえ言われていたものなんです、ホントですよ。
それが、いつの間にか、当たり前に重要書類すら送るようになってしまった、危険性は一切変わってないんですけど、おかしな話です。
ネット取引をするなら、ネットの脆弱性というのは、理解してないといけないかと思います。



来ました

前回書いたように、私は7月末あたりまでには、日経平均が暴落するんじゃないかと思ってたので、ちょっと時期がズレましたけど、ようやく来た感じですね。

本日8月11日は祝日でお休みですので、日本の相場はありませんが、夜間相場で225先物は19350円まで下落しています。
なんと日中から360円の下げですんで、2日間ほどで、一気に700円前後下がってることになります、すごいですね~

これは為替が円高に振れているせいもあると思うんですが、このへんの説明は、株式ディーラーと為替ディラーで普段から正反対になることもあり、逆に言うと先物が落ちたから為替が円高になった、とも言えます。

まあ、とにかく特筆すべきは、これまで日経が横ばいだった、下げないで踏ん張っていたときは、為替が円高に振れてもあまり下げない、すなわち感応度が低く、円安になると結構日経が戻す、すなわち感応度が高めという、明らかに良いとこ取りみたいな感じだったのが、そうじゃなくなった、ということです。

相場の雰囲気が変わってきてると思います。

以前も書いたんですけど、さすがにここまで膠着相場が続いて下げないと、誰もが「そろそろヤバいんじゃないか」なんて心の片隅では感じていたはずですので、それが実現したとき、そんな風に漠然と感じていた人々がどう動くかどう感じるか、ですね。

まだ、休み中の為替相場やNY市場などの動向がありますから、週明けにどうなってるかは分かりませんが、基本、海外勢がバカンス休暇で薄商いですから大きく動きやすいですね。

これまで書いてきたように、相場というのは、いいときには良いものしか見ないのですが、悪くなってくると、悪いものばかり見るようになります。
そういう意味では、為替相場もそうですが、これまで無視してきた悪い材料は目白押しですね

北朝鮮動向がひとつの要因とされてますが、もしそうなら、あの国は9月9日の建国記念日になにかやらかすのは間違いないので、当面、そこまでは緊張が続くでしょう、という話になります。
もっとも、アメリカ人のほとんどは「北朝鮮?? それ、どこにあんの?」ぐらいな認識で、普段は考えもしてないぐらいだと思いますから、米国勢が動かしている日本相場が北朝鮮情勢でここまで振れたという説明は、個人的には?だと思ってます。
まあ、起きるべくして起きた下落の、はじまりのひとつのきっかけにすぎないんじゃないかと。

なにしろ、これまで動きがないぶん、相場のエネルギーがたまっているので、相当ハデに動くと思います(というかすでに動いてるんですが)。
動きがあまりに急激すぎると、乗っかろうにも乗っかれませんよね、そのへんが難しいところですが、こういうケースは、ある程度まで続くことが多いので、出遅れでも乗っかる試みをしたほうがいいと思います。
私的には、そういうことになるだろうかな、と考えて、あらかじめ売り仕込みしてあったので、今回の急な下落はありがたいですが(笑)

ま、こういうときに「エネルギー」なんて漠然とした言い方で、相場に主体意識があるような物言いをするのは良くない的なことを著書にも書いてますけど、現実需要供給、いわゆる「実需」というやつですよね、そのへんの関係で、大量に買っている勢力がいるはずで、それが手じまってくるから暴落するとか、理屈はあるわけです。

とにかく、相場というのは、「下げないと上がらない」わけで、循環を繰り返して動くもので、それが「健全な相場」というものです。
これまでの30年来の記録的膠着相場が「異常」だったんですから、これでやっと、相場に健全な動きが取り戻されるなら、それに超したことはないと思います。

週明けがどうなるか、楽しみであり、怖くもあり、相変わらず胃が痛いですな~(笑)







オーナー紹介 増田蔵人
フリーで造型、PC関係等の仕事を多岐に渡り担当、関連雑誌等のライター。本名で著書が十数冊ある。
投資歴は30年。近年ライターとしての仕事が激減したため、プロトレーダーとして生計をたてるに至る。
2015年、ライター生活の集大成、トレーダー啓蒙書『投資の聖杯 ~投資常識の嘘~ 本気で勝てるトレーダーになりたい人のためのバイブル』を電子書籍でリリース。
最新コメント
ツナギ売買の入門と実践 [増田蔵人 著]


  • ライブドアブログ