トレーダーズ・グレイル

トレードの世界を探求するプロトレーダー増田蔵人の気まぐれ更新ブログ 本当に勝てる投資家になるためのブログ

相場は幼稚なのか? その1

前回、相場解説者の人が「最近の相場は幼稚だ」ということを言ってる、という話に対して
私は昔から相場は幼稚だと思ってるので、この物言いには賛成できないけど
的なことを書いたんですが、リクエスト頂いたので(笑) その意味について、今回はちょっと書いてみましょう。


まず最初に、分かってもらいたいのは、解説者のこういう物言いに「イラッ」ときた部分があって、それで、あえて「いや、相場なんか昔から幼稚だろ?」と反発してるっていうのが、ありました。

なぜかっていうとですね
ネット投資がポピュラーになった近年になって投資に参加した人は、あまり感じてないと思うんですが、日本の社会には、昔から
投資は社会的に低いもの
と見る傾向があるんですよね。

だから、一昔前からいる(実践家以外の)相場関係者っていうのは、意識的にせよ、無意識的にせよ、投資に関係していることに対して、コンプレックスがあるんですよ。

昔から、日本人の価値観には『汗水たらして稼ぐのはエライ。尊い行為である』というのが強くあります。
表だっては言わないにせよ、全く机の前に座ってるだけで一切体を動かさない知的労働みたいなことで金を稼ぐのは、悪いことみたいな価値観すらあったんですよね。
中でも、『楽して儲けるのは罪悪』という価値観が強いので、昔の日本は特に 『投資ってのは、働きもせずに楽して儲ける背徳的な行為』という空気があったんですよ。

ホントは全然楽じゃないし、世界的に見ても金融活動ってのは立派な社会労働、それもかなり地位の高い労働なんですけど、日本はそんな空気じゃなかったですからね。

だから、昔からいる相場解説者には、やたら「投機」と「投資」を差別化したがるヤツがいるんです。
先日もラジオでそんな馬鹿なこと言ってる解説者がいましたが、こういう差別化が生まれた背景には、この
情けないコンプレックス
があるんですよ。

要は、投資に関わってることにコンプレックスがあるので、それを「投機」と定義して「投機はギャンブル的に一攫千金を狙ういやしい行為だ」ということにする。
そして、一段高いところに、別の定義の「投資」を置いて
投資は企業活動を応援する行為で、日本経済にも貢献する社会的に立派な行為だ
という風に切り分けてきたわけですね

早い話が、相場はどうしたって濡れ手に粟、一攫千金、棚からぼた餅、的なギャンブルみたいな側面があるので
自分たちは何か後ろめたいことをしてる、立派じゃないこと、うさんくさいことに関わってる
という意識が彼らにはある
そこで、この手の人たちは、自分を正当化するために
いや、自分がやってるのはそういう「投機」ではなく「投資」なんだ
投資は投機と違って社会活動に参加する、社会的意義があって立派で素晴らしい行為なのだ
という理屈を作り出して、やたらめったら強調してきたんですよね。


だからね「最近の相場は幼稚になった」という言い回しを裏返せば
昔の相場は幼稚じゃなかった
ということじゃないですか。
もっと言えば、「幼稚だ」とは、こき下ろし、卑下ですが、裏を返せば、それまでの相場は「そんなに低級なものではなかった」というニュアンスでもあるわけです。
私はその「最近、幼稚になった」という言い方の裏に、その手のコンプレックス人間たちによる
相場は、昔はもっと高尚だった、立派だった
みたいなニュアンスを感じたんです。

私が解説してきた世界、生業にしてきた世界は、昔はもっと高尚だったんだよ、本来はこんなに幼稚じゃないんだよ誤解しないでね
みたいな感じですね。

そこにイラッときたので
んなもんよー、相場なんて昔から幼稚じゃんかよー、何言ってんでーバカヤロー(たけし調)
みたいな感じで、ちょっと攻撃的な気分になってたわけです(笑)


私は、この種の正当化をしている解説者の人は、ちゃんと投資をやってない、やれてない人、稼げてない人だと思いますので、こういうこと言う人の話は信用しないほうがいいと思います
ここ、解説者が信用できるかどうか見分けるポイントのひとつです(笑)
だって、実際にこれで食ってる人なら「相場で継続的に利益を上げることは非常に難しい」ことを知ってるし、たいていの人が負けてるのを知ってるはずです。
つまり「投機」と呼ぼうが「投資」だろうが、ごく少数の人間しか出来ない凄いことなわけで、同じ世界で頑張ってる人にとっては、稼いできる人は尊敬対象である「高度なプロフェッショナル」ですからね。
実際に稼いでる人や、本気で稼ごうとしている人は、いかに難易度の高い高度な世界で、努力や忍耐が必要な世界か知悉していますから、絶対に「相場で稼いでいる人を、投機だとか投機家と呼んでさげすんだり」はしません。

というわけで、話題からいろいろと連想が広がったので、長くなりそうだから分けます(笑)
続きは次回、今回はここまで。





最近の相場

以前、記事に対するコメントを頂いたことへの、返事として書いた話題なんですけども、やっぱり、ちゃんと記事にしておいたほうがいいかなぁ、と思ってまして、そんなわけで書いてみます。

最近の相場のことなんですけど、前からちょくちょく書いていますけど、去年あたりからなのかなぁ? だいたい、そのぐらいからだと思うんですが
相場が変化しているな
と感じるんですよね
新しい時代に入ってるな
というか。

これは、あくまでも個人的な感覚の話なんで、「そんなことねーよ!」と言われてしまえば、それまでなんですけども(笑)
まあ、ネットのラジオや記事でも、そーいうことを言われている解説者が多いので、私だけが感じてることではないんだろうと思います。

私自身、相場を見ている時間は長いと言っても、最初はやっぱり、片手間というか、オモシロ半分みたいなアレでしたからね。
本格的にコレを「生活の糧」にしだしたのは、投資歴の後半ぐらいですので、それほど真剣に長い時間、見ているわけではないんですけれど。
まー、ウチのオヤジは、ずーっと「株がどうこう」言う人だったんで(経済学者)、なんとなく、高校生とかレベルの、ずーっと昔から、相場のことに漠然とした関心はあったんで、ぼやーっと見てる期間だけは長いと思いますけどね。
なんというか、こう、何年か、十何年かに一度、変化が起きる感じはします。

著書にも何度も書いていますが相場の根本、というより、投資の根本ですね、投資の根本は常に不変だと思うんです、だからこそ、江戸時代の本でも、今でも役立つわけですよ。

それがなぜ不変なのかといえば、投資の根本というのは
不確実性の支配する市場で、人間が金を儲けようとしたとき、どうすべきなのか
ということだからです。
相場がどう変わろうとも人間の基本機能は常に変わらないから、根本は不変なわけです。

でも、その表層的な部分というのは、時に変化してると思うんです。
コンピューターが一般化されてから、表層の部分はMS-DOSからWindows、あるいはスマホのAndoroid(意味がわからなくてもいいです)と変化してますが、本質の部分は、実は私が高校生の頃から、全く変わってないのと同じような感じですね。

で、その変化ですが、先日、あるアナリストが「去年ぐらいから、相場が幼稚になってる」と言ってたんですね。
私は、相場というのは、昔から幼稚なものだと思っていますので(この解釈も、説明すると長くなるので、今回は割愛しますけど)、この物言いには反対なんですけど、この人が言っていることは、要するに
最近の相場というのは、悪材料が予想されれば下がり、実際に悪材料が出れば下がる、逆も同じ
ということ、つまり、善し悪しへの反応がストレートすぎる、ということを言ってたわけです。

これは、私も、そうかな、と思いますし、それがひとつ、「変化してきている感覚の原因なのかな」と思います。

先日までの、アメリカの中国への追加関税懸念への下げですね、あれもそうです。
別に、あれは「最近出てきた話」ではないんですよね、なのに、急に直前になって、だだ下げになった。
昔だったら、話が出てきた時点で、下げてきて、直前になったら上げたり、そんな複雑な動きをしていたと思うわけですが、近年は、この
ずーっと前から分かっていたはずのことが、直近になって急に大騒ぎになる
みたいなノリが多いと感じます。

結果的に、あのときは、実際に発表があった日以降は上げてきてるわけで、典型的な「材料出尽くし」で、そういうストレートな反応にはなりませんでした。
当然、常にそうなるわけではないです。
当たり前です、常にそうなるなら、常にマイナス材料が出れば売り、プラス材料が出れば買えば、いくらでも簡単に儲かっちゃうんですから、世話はないですよね(笑)

そんなに簡単すぎたら苦労はないわけで私の本も売れなくなっちゃいますから(笑)
むろん、いくらストレートになってきた、といっても、常にそんなに単純なわけではないんですけど、そんな傾向が強くなっている感覚は確かにありますね。

実際どうかはともかく、こうした反応は、アルゴリズム売買は見出しなんかを見て売買するので、マイナスなら売り、プラスなら買い、という反応がストレートに出る、ことが原因だという説が強くあります。
人間なら、「いくらなんでも売られすぎだなぁ」とか思って、売りを躊躇しますが、コンピューターはそんなこと考えずに売りますから、どんどん売られちゃう、というわけです。
だから、上げ下げ、という方向のこと以上に、実際には「値幅」という点が、その「ストレートすぎる」という感覚を作り出してるんじゃないかな、と思うんです。
値幅、いわゆるボラティリティですね、つまり、ちょっとマイナスっぽい材料が出ると、いつも
日本株が異様なほど、どかんと下げる
というアレです。
で、なんかのど元過ぎたら
日本株がどかんと戻す
という、この、なんだか過剰な値動きですね。
今回なんか、その典型ですけど、あっという間に数千円下げたと思ったら、たった2日で500円ぐらい戻す、とか。
とにかく、過激なほど、動きがダイナミックで過剰なんですよ。

つまりね
ちょっと雰囲気が暗くなると「わーっ」とマイナス方向へみんなでこぞって走っちゃう
ちょっと雰囲気が明るくなると「うふふ~」とプラス方向へみんなでこぞって走っちゃう
みたいなね(笑)
なんかさ、子供の反応みたいじゃないですか、幼稚園の子供みたいな。
その感じを「幼稚」と表現してるわけですね、その人は。


ま、そんな簡単なわけない、って言いましたけど、実際の話、明らかにアルゴリズムのせいだと思いますが、一日の値動きだけを見ると、今は、ある程度過剰な下落が入ってきた日は、大半、ほぼ確実なほどに下げ続けることが多いですから、それに乗っかったらデイトレードで簡単に儲かります。
と、理屈はそうですが、その日を待つこと、そして、見極めて乗っかることが心理的に難しいので、やはり、そう簡単ではないんですけどね(笑)


ともかく、最近の相場は、個人的な感覚では
この程度の外部材料で、こんなに大きな値幅を上下することは、かつての相場では、ありえない
という感覚です。
いや、むろん、こういう値幅の大きい上下は過去にもあったんですが、言い換えると、このぐらい上下するときは、もっと
本当に深刻な事態のときだった
という感覚なんですよね

たとえば、あくまでも外部の国の出来事で、それもまだどこまでエスカレートするか不明の、今回の関税問題と、当事者である自国の問題だった東日本大震災のときの値動きを比べてみたら、どう考えたって、後者のほうが遙かに実際の自国の問題でシビアにリアルに深刻なわけですよ。
その割に、両者の値動きを比較したら、今回の値動きは明らかに過剰だと思うんです

私は、ずーっと日経平均先物をやってきたんですが、なんせ、最近はそんなですからね
300円下げたと思ったら、翌日に200円戻して、翌日400円下げる、なんて、こんな感じばっかりですよ。
2日で500円とかさ、ラージ一枚、10円で1万円ですよ、50万円ですよ、3枚だったら150万円ですよ、10枚なら500万円ですよ、そんなのが頻繁に動くとか、さすがに心理的にしんどいですよね。
個人的には、最近の日経平均を見ていて
うわー、なんだか新興市場の株みたいな動きだなぁ
って思いますね、値動きがダイナミックなので、「これをやるのはギャンブルだな」って感覚ですよ。

そういうわけで、この前書きましたけれど、ちょっとトレードを見直して、最近は、少しずつ、FXのほうに比重をシフトしてます。
豪ドルメインなので、中国の貿易懸念で下落したときは、頭かかえました(笑)
FXは、以前書きましたけど、歴史的な問題で、誰もがベテランではないわけなので、なんかこう
初心者感覚でおどおどと、本格的にやってます(笑)







ゴミはごみ箱へ

以前、最近、鬱になってるので、トレードのやり方を変えている、という話を書いたんですが、それ以外にも、これも何度か書いてきてますけど、どうも、近年、なんというか
相場が新しい時代に突入したんじゃないか
と感じることもあるんですよ。

何十年も続いてきた感じというか、感覚というか、そういうのが変わってきて、次の時代に入ったような。

たぶんですね、個別株とかはそんなに変化ないんで、株をやってる人はあまり感じないと思うんですけど、私のように指数というか、まあ指数連動の先物ですよね、日経平均先物とか、そのへんをずーっと追いかけている人間としては、明らかに、変化を感じるんです。
指数に関しては、去年あたり、多くのアナリストなんかも同じようなことを言っていたので、私だけが感じてるわけではないと思いますね。

これ、感覚的なものなんで、とても説明しにくいんですけれど、著書にも書いてるように投資の世界の根底に流れる基本は普遍だと思うんですよ。
でも、なんというか、表面的な部分で、数十年ごとに、なんとなく変化があるというか。
たとえばスマホはスマホですよね、根本的な中身には変わりないので、根本を理解していればその知識はずっと通用するのですが、表面のデザインや性能は変化してくる、みたいな、そんな感じです。

で、鬱になったのと、そんな感じがあるという理由もあわせて、少し、トレードを数年ぶりに大変化させてるというか、まあ
心機一転、最初から
みたいな感じで、ちょっと心あらたに、スタイルを模索しています。

そんな心機一転の一環として
思い切って、これまで溜めたデータの大半を整理してゴミにしました。

まー、溜めた、っていってもですね
昔、毎年スクラップしてた新聞記事とか、今はもう、そんなもん絶対に見ないものとか
もうトレードしてないし参考にもしてない指標や銘柄、商品の場帳がダンボール数箱とか
十年ぶんぐらいの手描きチャートをダンボールいっぱいとか
ぶっちゃけ、「今使ってないもの」です。
そういうのは
全部不要
なんですよね。

不要なんだけど、特にチャートとかは、これだけ長い年月つけてきたんだから「もったいない」と思うんですよね、人の心情は。
「そのうち、参考にするかもしれない」なんて、自分に言い訳して、残そうとするわけですよ。

これって、アレですよね、物が捨てられないで、なんでも残して、家が物だらけになる人の言い訳と同じなんですよね、うちの嫁がそうです(笑)

けど、著書に偉そうなこと書いてるように、不要なものは捨てないと、やっぱ駄目なんです。
まー、本はどかどか捨ててますけどね、これまで捨てた本は数千冊はくだらないと思います(笑)

立花義正氏は、トレードする銘柄を決めるにあたって、数銘柄の何年分かのチャートを手描きしてみて、最終的に決めた銘柄以外のチャートを「破り捨てた」という話を書かれていますね。
なんせ手描きですから、相当な労力がかかってると思うんですが(たしか3ヶ月かかったとか書いてあったと思います)、それを思い切って破り捨ててる。
これは、なかなか、出来ることではないですよ。

でも、こういうの、トレーダーには、やっぱ必要だな、と思うんです。
何年かおきに、こういう作業はやったほうがいいんじゃないか、と思うんですよね。





オーナー紹介 増田蔵人
フリーで造型、PC関係等の仕事を多岐に渡り担当、関連雑誌等のライター。本名で著書が十数冊ある。
投資歴は30年。近年ライターとしての仕事が激減したため、プロトレーダーとして生計をたてるに至る。
2015年、ライター生活の集大成、トレーダー啓蒙書『投資の聖杯 ~投資常識の嘘~ 本気で勝てるトレーダーになりたい人のためのバイブル』を電子書籍でリリース。
最新コメント
ツナギ売買の入門と実践 [増田蔵人 著]
うねりを捉える投資技法の実践 [増田蔵人 著]
  • ライブドアブログ