トレーダーズ・グレイル

トレードの世界を探求するプロトレーダー増田蔵人の気まぐれ更新ブログ 本当に勝てる投資家になるためのブログ

Meta Trader

私は、FXの売買には楽天証券が提供しているMeta Trader 4(通称MT4)を利用しています。

たいていの場合、取引ソフトというのは、それぞれの証券会社が独自に用意したもので、これまた困ったことに、たとえば株の取引と先物取引、FXの取引で、なぜか同じ会社なのに全く統一性がないソフトが使われていて、カオスになることが多いんですよ。
恐ろしいことに、同じ証券会社のソフトでも、商品によって全く「インターフェイスデザインのコンセプトが正反対だったりする」ことさえあります
それだけ見ると、ポリシーが感じられないというか、もう無茶苦茶です。
たとえば、楽天のMarketSpeedと、MarketSpeedFXのソフトウエアデザインは、全く別物ですよね。

こういう統一感のなさ、というのは、ソフトウエア開発者のはしくれとしても、利用者としても許せないんですけども、なんでこういうことが起きるかというと、その会社が元々は株しか扱っていなくて、たとえばFXならFXで、FX部門を新設するときに、元々は違うFXを扱う会社を合併してFX部門としたために、その会社のソフトをそのまま引き継いでいる、からなんですよね。

なんか話がズレてます、私、ずっと前から、この証券会社の「商品ごとに全く統一感のないソフト」というのが、非常に腹立たしくて憤りを感じていたので、言えてスッキリしました(笑)


さて、ところがMT4は、その証券会社が独自に用意したものではないのです。
MT4という汎用ソフトがあり、それに各証券会社が対応している形ですので、MT4に対応している証券会社なら、どこでも共通で同じMT4のインターフェイスを利用できるのですよ。
ううん、素晴らしい。
PC版は、各社でダウンロードも用意していると思いますが(楽天にはありました)、Android版を見れば分かりますが、Google play StoreにMT4があるだけで、証券会社の名前はついてないので、このことがよく分かると思います。
ユーザーはMT4をインストールして、サーバーリストから、自分が使っている証券会社を探して、ログインする仕組みです。

しかも、インジケーターと呼ばれるカスタマイズ機能を利用できるので、自分でコードを書けば、自由にカスタマイズが可能になります。
素晴らしいX2

でも、パネルレイアウトがカスタマイズできないのは、かなりマイナス。

ちなみに、MT4はFX用ですが、 実はちょっといじると、日経平均なども表示できますので、私はそーいう用途にも使っています。
やり方は「MT4 日経平均」などで検索すれば、すぐ出てくると思います、うん、不親切(笑)
どうもMT4は設定保存にレジストリを使っていないようですので、複数インストールすることが可能だと発見しました。
あ、レジストリってのはWindowsで設定などが一括保存されているファイルですが、レジストリに設定が保存されると、設定が上書きされちゃうので複数を同時に使えなかったりするわけです、それ以前にすでにインストールされているかチェックかけるソフトだと複数インストールはダメですが。
なので、私はFX取引用、日経検討用、などと複数を分けて使ってます。

えーっと、何の話だっけな?(笑)

すいません、酔っ払って書いてるもんですからw

あ、そうそう、でね、MT4はそれだけではなく、エキスパートアドバイザ(EA)と呼ばれるもので、プログラムして自動売買システムが組めるんですよ。
それでね、以前から、このプログラムは自分でもいじってみてたんですけど、しばらくご無沙汰してまして、最近、また興味をもって、色々検索してみたら、「C言語ベースなので敷居が高い」という記事がいっぱい出てきまして・・・・。

あ、これC言語ベースだったんだ、と、今更、初めて気づいた次第です、どうりで、なんか書きやすいと思った、という(笑)
いやほんと、全然気づいてなかったです、馬鹿?w

えっとですね、一応説明しておくと、C言語はおそらくWindowsでは一番ポピュラーなプログラム言語で、まあ最近はC言語を拡張したC++とかが主流ですが、プログラマにはおなじみの言語です。
私、著書の紹介などに書いてますが、実は一応、元プログラマでして、「C++言語の入門書」も出してるんですよね、MicoroSoftからもC++でXBOXプログラミングする、なんて本を出してますよ、過去の栄光です(笑)

えーっと、それでね、今回、しばらくぶりにMT4のプログラミングのやり方を(忘れてるので)検索したんですけど、すっごい
自動でEAを作る、EA作成サイト
なんてものが、検索に引っかかってくる
おそらく以前と同じワードで検索していると思うんですが、ずっと前に検索したときは、こんなの出てこなかったんですよ。

この変化を見て
いかに、MT4がトレーダーに愛されているのか
と思うと同時に
いかにEA作成がハードルが高く、作成を求める人が多いのか
ということが理解できました。

良いことだと思う反面、それだけ
楽をしてEAを入手したい
という思いが強い人が多いのは、ちょっといかがなものか、とも思います。

おそらく、そういう人たちっていうのは、要するに自動売買、システムトレードに
聖杯を求めているんだろう
と思うんですよ。
本当に儲けたいんだったら、プログラムぐらい勉強すればいいのに、楽をして儲けたい、儲かるシステムが欲しい、っていう考えだと思うんですが、そういうところに至るまでには、たぶん
それ以前のトレードでうまくいかなかった
経験があるんだと思うんです。
自分で売買してもうまくいかないから、自動売買に頼りたい、自動ならうまくいきそう、という。

こういう「他力本願」の人たちはいつの時代も投資家の大半を占めていることは、著書にも書いたとおりですが、そういう人たちを相手にする詐欺師たちがいつの時代も、投資家を食い物にする図式も変わりません。
無数に増えたEAの自動作成サイトなどが、詐欺師たちだとは言いませんが、そういった「甘え性分の他力本願トレーダー」を生み出す土壌になることは確かだと思うので、個人的には、なんだかなぁ、と思うというか、あまり歓迎できない感じがします。



日経平均1000円以上下落

最近すっかり、ほっぽらかしのブログですが、本日の日経の暴落はすさまじく、日中最大1600円以上下落しました。

よりにもよって、こんなときに娘がインフルエンザになって、病院に行かなければいけなかったので、相場をちゃんと見ることができずに、かなり困ったちゃんな状態でした。
まー、なんとか乗っかって、少しだけ利益を上げることができましたが。

ところで、今回の下落ですが、これまであった暴落と違うのは
なんらネガティブな事件がきっかけになっていない
ということですよね。

NYダウが大幅に暴落したのが起因、とされていますが、そのダウが下がった理由というのが、予想以上に雇用統計が強く、金利が上昇だとか、FRBの緩和政策の出口が急がれる恐れがあるとか、インフレ率の上昇が急になりすぎる恐れがあるとか、まあ
適当な理由すぎて笑っちゃいますよねw

だってさ、要するにそれって
思ったより景気が良すぎるんで、株が下がりました
って言ってるんじゃないですか(笑)

んな、アホな話はないですよねw

でもさ、普段
景気が悪いんで、株が下がりました
って言ってるわけで、じゃあ
景気が良くても悪くても株が下がんじゃん、そんな馬鹿な!
って話ですよね(笑)

適温相場が終わる恐れがある、とか言っちゃってますけど
適温相場ってどこまでが適温なんだよ?
って話ですよ。

私は、要するにですね、これまで何年もダウは一本調子で上がってきたわけで、あちこちで「バブルだ」という声も上がっているぐらいですから、誰もが乗っかりながらも「いいかげんヤバいんじゃないの」「そろそろ暴落するだろう」と思っていただろうはずなんですよ。
誰もが、売り場を探していたわけで、そこにたまたま、理由になりそうなきっかけが出来たから、売りに走っただけなんだと思います。
その売りを見た人が、やはり「ああ、やっぱりそろそろ暴落か」となって、売りが売りを呼ぶループとなっただけのことで、そんな理由は
適当な後知恵だと思いますね

ノーベル経済学賞を受賞したシラー教授は、調査で、「投資家が売る理由はただひとつ、価格だ」という結果を得ています。
「ニュースによって売った投資家は、ほとんどいなかった」という結果だそうです。
要するに下がった値段を見たから、売る、ということですね。

そういうわけで、私はコレは、あまり長く続かない暴落だと感じてます、外れるかもしれませんがw


あとね、
投資の聖杯: ~投資常識の嘘~ 本気で勝てるトレーダーになりたい人のためのバイブル
投資の聖杯: ~投資常識の嘘~ 本気で勝てるトレーダーになりたい人のためのバイブル [Kindle版]
にも書きましたけど、今回も、メディアの適当な表現が目立ちましたよね
その少し前に、ダウが百何十ドル下げたときも、「大幅下落」って表題が目立ちましたけど、そんなの見たら「ぎくっ」とするじゃないですか。
こういうのがダメで、売りをあおってる側面があると思います
NYダウは2万ドルオーバーですから、百ドル台って、全然1%未満なんですよね、大幅ですかねコレ?

2017年総括

みなさま、あけましておめでとうございます。

2017年の投資成績はいかがだったでしょうか?


久しぶりの更新ですが、別に敗退して投資をやめてた、とかいうわけではありません(笑)

特に何があったというわけではなく、単に忙しくてブログの更新をサボっていただけですw
何度も書きますが、誰も読んでないブログなので、書いてもしょうがない、みたいなところがあるので(笑)


2017年も、いよいよ終わり、ということで、個人的なことしの話を少し。

さて、17年の私の最大の事件は、今だから言えますが、最強の投資技法 ツナギ売買の入門と実践: ~投資の聖杯アドバンスド~ Kindle版を、紙の書籍で出版しないかというオファーが某出版社からあり、かなり色々と検討して気合いを入れてたんですが、結果的にポシャったという経緯があります。

私は二十歳の頃から、ライターをやってますんで、物書きとしては30年以上出版業界に携わってます。
自著の著者紹介に書いてますが、本名では、20冊近く単行本を出していますし、海外でも翻訳本を出しましたから、それなりに’出版事情には通じてるつもりです。

そのへんの経験から言いますが、最近はだいぶ日本でも電子出版が盛んになったとはいえ、まだまだ、相当な後進国です。
自分自身がやはり紙の書籍にはそれなりの思い入れがある世代だという点もあるし、紙媒体のメリットも理解しているから、やっぱり、出来れば自分の著書は紙で出版したいという思いが強く、結果的に紙媒体での出版がポシャったのは
非常にガッカリした
のが正直な感想です。

私の投資の著書は、Amazonで電子書籍として出版しているわけですが、ありがたいことに、そのジャンルでは、結構上位にランキングされており、そこそこ売れてます。
それでも、日本は、そもそも日本語が電子書籍向きではないし、いろんな会社がバラバラに独占的に売ろうとしてる点もあって、正直、全然、電子書籍は売れません。
売れるのは、紙の書籍で名が通った作家なんかに限られます。

電子出版の良い点は「誰でも簡単に出版できる」点ですが、同時にそれは悪い点でもあり、ともかく、電子書籍の99%は、全く売れてない、と思っていいです。
そんな中ですから、私の本は、そこそこ売れてるほうではありますが、そうはいっても、正直、紙の本と比べると、印税は微々たるもので、仕事としては全く成り立たないだろうレベルです。

それでも本を書くのは、みなさんにそれなりに儲けられるようになってほしいから・・・というのも本当にありますし、自分が先人たちから学んだことを後身に伝えたい、というのもあります。
そしてなにより、書くのが好きだ、というのがあります。
ぶっちゃけ、私は本を書くなら、500ページでも千ページでも全く苦になりません。
ただ、読み返して校正するのは好きじゃないんで、いっぱい書くと、後でそこが苦になるんですけど(笑)

話がズレましたが、電子書籍はそんな事情ですから、紙で出版したいというのを切望していまして、
それだけにガッカリ度合いは高かったですね
しばらくは、何事もやる気がしなかったほどです。



さて、話変わって、2017年の相場は、株式市場は後期こそ大きく歴史的な上昇を演じましたが、それ以外はほとんどが停滞していましたね。
どんなメディアを見ても、多くの個人投資家、機関投資家が
今年の相場は難しかった
と言っており、私も同じ印象です。

正直、かなりヤラれた場面もあり、結果的に大丈夫だったのが意外なほどです。

記録的な連騰にしても、あそこまで上がるとは誰も予想できなかったでしょうし、相場では昔から言うように「実は強い相場で儲けるのはとても難しい」のです。
なぜなら、「全然押し目が来ない」ので、押し目で乗ろうとした人はいつまでも乗れないで上昇を眺めるだけになるし、いざ勇気を出して乗ったときがピークだったりするからです。
また、個人の多くは逆張りなので、「いいかげんここまで上がったら落ちるだろう」と思って売り向かっていると、いつまでも上がるので、損をしてしまうわけです。

特に、なんせ、17年の連騰は、これまでの相場の歴史にない上昇ですから、普通、「いくらなんでもそこまではないだろう」と思うのも当然です。
投資にある「もうはまだなり」という格言は、実に馬鹿馬鹿しいものですが、今回に限っては、これが当たっていましたね。

実際、今年は、ラジオNIKKEIで上昇相場の、確か末期ごろに「みなさんは儲かってますか」というアンケートをやっていましたが、結果はやはり、「損をしている」という人のほうが遙かに多かったと記憶してます。

その一方で、いわゆる本気で投資をしてない人、損をして、ずーっと塩漬けにして放置していたような人は、多くの銘柄が上がったので、ようやく利食いができた、という人が多かったようです。


また、為替相場などは、ほとんどが「凪いでいた」という状態でした。
これはこれで、やりにくかったのですよね。


そんなこんなで、機関投資家の多くが
相場の環境が、これまでにない新しい時代に突入したように感じる
という趣旨のことをメディアで言っていました

これも、私も同感です。
今までと違う、新時代に突入したのが2017年だったように感じます。

結局大勢を決定するのは海外相場で、海外相場がこの先どうなるかによって、また変わると思いますが、少なくとも日本だけに関して言えば、安倍政権と日銀の黒田総裁がいる間は、この環境が続くと思います。


私の主張は投資の聖杯: ~投資常識の嘘~ 本気で勝てるトレーダーになりたい人のためのバイブル [Kindle版]から変わりませんし、投資業界の根本的なところに流れる原則は今後も同じだと思います。

決して、これまでの技法が通じない時代になっている、とかいうことではないんですが、たとえば使う技法をちょっと変えるとか、時間枠のとらえ方を変えるとか、要するに
どう捉えて、何を使っていくか
という部分のとらえ方や使う物が、これまでとは少し違うスタイルにしないと、適応できないように思います。

もちろん、これは私を含めた、いわゆるスイングトレーダーなどの話で、デイトレーダーなどは、今まで通りでいけるのかもしれませんが。

とにかく、長年、ずーっと同じやり方を続けてきましたが、ちょっと、2018年は今までの投資対象とやり方では稼げないのではないか、と思っています。
もちろん、今までのやり方を少しずつ修正、変更して適応するやり方もアリだと思いますし、それはそれでいいと思うんですが、私は、思い切って、2018年は大きくスタイルを変えることを検討してます。

ま、失敗すると、来年はここにいないかもしれませんが(笑) ・・・・一応ねー、家族の生活がかかってるので、頑張ろうと思います。


とはいえ、私の場合、以前も書きましたが投資に関しては4月を年度区切りとしてますので、あんまり新年は区切りとしては関係ないんですけどね(笑)
オーナー紹介 増田蔵人
フリーで造型、PC関係等の仕事を多岐に渡り担当、関連雑誌等のライター。本名で著書が十数冊ある。
投資歴は30年。近年ライターとしての仕事が激減したため、プロトレーダーとして生計をたてるに至る。
2015年、ライター生活の集大成、トレーダー啓蒙書『投資の聖杯 ~投資常識の嘘~ 本気で勝てるトレーダーになりたい人のためのバイブル』を電子書籍でリリース。
最新コメント
ツナギ売買の入門と実践 [増田蔵人 著]


  • ライブドアブログ